弁護士紹介

東京オフィス

弁護士 及川 知宙

第二東京弁護士会所属 第56275号

大切なことは、ご依頼者様と協力して立ち向かうこと。 全てが終わった時、任せて良かったと思ってもらいたい。

メッセージ

困ったことがあったら、真っ先に頼られる存在でありたい

私は「人のために何かをする」ということを、常に意識してきました。特に、「これを先にやっておけば、相手のためになる」ということに気づいたときには、誰よりも先に動けるように心がけています。

このように、人のために積極的に行動するということは、法律家として重要なことだと思います。
ご依頼者様のために、多くの答えを用意しておくこと。ご依頼者様がまだ気づいていないことを、先回りしてお伝えすること。これらを積み重ねていくことが、ご依頼者様の笑顔につながると考えています。

さらに、ご依頼者様一人ひとりのご要望をしっかりと把握し、状況や気持ちを理解し寄り添うことで、全てが終わった時、「この人に任せてよかった」という満足感、納得感を感じてもらえるのだと思っています。

困ったことに直面した時、「あの人に相談したい」と最初に名前が挙がる。それが、私の理想とする弁護士です。

弁護士の仕事をもっと広げていきたい

私は知的好奇心が強く、一つの世界にとどまらず、様々な世界を見ることができる仕事をしたいと思っていました。
中でも弁護士は、法律を通じて様々な世界の人たちと関わることができます。それだけでなく、法的に整備されていない分野や法的問題が顕在化していない世界に自ら飛び込んで、弁護士としての仕事を拡大できる可能性があります。このような点に魅力を感じ、弁護士を志しました。

また、中学から現在に至るまで、ハンドボールに取り組んでいますが、技術面では学生の頃よりも現在のほうが向上していると感じています。人は幾つになっても成長できる、このことが、弁護士として新しいことに積極的に挑戦したいという姿勢につながっています。
これからも常に弁護士としての研鑽を忘れず、様々な分野の事案に取り組んでいきたいです。

プロフィール

東京オフィス

弁護士 及川 知宙

出身地
岩手県
出身大学
早稲田大学法学部
早稲田大学法科大学院
資格
弁護士、宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)、高等学校教諭一種免許状(公民)、博物館学芸員、3級知的財産管理技能士
趣味・特技
ハンドボール、筋トレ、お酒、漫画
好きな言葉
いつも明るく元気よく

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談