弁護士紹介

東京オフィス

弁護士 天辰 悠

第二東京弁護士会所属 第51934号

苦しさや痛みは、それを感じている本人にしか分からない。 それらを抱えている方の支えに、私はなりたい。

メッセージ

弁護士が身近な存在であることを感じてもらいたい

10代の頃、軽微な犯罪被害に遭ったことがあります。そのとき、自分の身に何があったかを周囲に説明するのが想像以上に難しく、辛いものでした。
そういった心の痛みや苦しさを感じている方の支えになりたいという思いが弁護士を目指すきっかけでした。

悩み事を抱えていても、いろいろな事情で誰にも相談できないという方は、たくさんいらっしゃいます。
だからこそ、悩みを打ち明けられない方には「声をあげるお手伝い」を、勇気を持って声をあげてくださった方には、敬意を表して「前を向くお手伝い」をしたいと考えています。

そのために、ご質問にはプラスアルファの情報を添えてお答えできるよう様々な経験を積み、自分を成長させる努力を続けています。
そして、「これも聞いてみようかな」と弁護士を身近に感じてもらえるような信頼関係を築くことや、分かりやすいように説明を工夫することも心がけています。

幸せな人が1人でも増えるよう、心の通った仕事を

これまで多くの方のお手伝いをさせていただきましたが、中でも特に心に残っていることがあります。それは、過去に相手方として関わった方に、「今度は自分が依頼者として相談にのってほしい」と言っていただけたことです。
これは、日頃より丁寧な法的サービスを提供できるよう心がけてきた結果だと思っています。

弁護士はご依頼者様のために最善を尽くすことを考えていますが、案件に関わった方に「この弁護士が介入してくれて良かった」と感じていただきたいと思っています。
立場を問わず、幸せな人が一人でも増えるよう、これからも丁寧かつ心の通った仕事をしていきたいです。

プロフィール

東京オフィス

弁護士 天辰 悠

出身地
兵庫県
出身大学
大阪大学法学部
神戸大学法科大学院
資格
弁護士
会派
向陽会
趣味・特技
マラソン、テニス、部屋の模様替え
好きな言葉
Living is not breathing but doing.(生きることは呼吸することではなく、行動すること)

活動実績

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談