弁護士紹介

東京オフィス

弁護士 西原 和俊

第二東京弁護士会所属 第54632号

弁護士として大切なのは共感力。 これなくして真の解決にはたどり着けない。

メッセージ

良い弁護士とはどんな存在か、日々模索中です。

近年、弁護士業界も変革が迫られています。
これまでの企業法務中心の事務所運営から、一般の方の困りごとである民事事件を扱う事務所が増えてきています。
これにより、法律問題を抱えた人々が以前より気軽に、弁護士を一種のサービス業として利用できる状況になっていくと考えられます。

私自身は、人々が困ったときに頼りにされ、それに応えることができる弁護士になりたいと思っています。
そのために、いつでも気軽に相談できる雰囲気と、期待に応えられるだけの実力を持った弁護士になりたいです。

また、自分が指導を受けた弁護士の先生からの「良い弁護士になれるように、日々周りの弁護士を観察しなさい。」という言葉が心に深く残っており「良い弁護士」とはどのような存在なのか日々模索しています。

交通事故賠償問題のエキスパートを目指して

私は、自分の将来を考えたときに、漠然と、自分の周りの人々が困った時に頼りにされるような人物になりたいと考えていました。
法治国家である日本において、人々が生活するうえで生じる問題を暴力等で解決することは到底許されません。
そこで、法を手段として問題を解決する弁護士という職業に憧れを抱き、弁護士を目指すようになりました。

特に、今後は民事事件の中でも交通事故の案件に関わることが多いと思われますので、まずは「交通事故のことなら何でも任せて下さい。」と胸を張って言えるように、専門性を高めていきたいと思っています。
そうして、少しずつですが着実に様々な分野についての専門性を深めていきたいと考えています。

プロフィール

東京オフィス

弁護士 西原 和俊

出身地
奈良県
資格
弁護士
趣味・特技
ダーツ・バイク
好きな言葉
『考えは言葉となり、言葉は行動となり、行動は習慣となり、習慣は人格となり、人格は運命となる。』

経歴

2009年 3月
立命館大学法学部法学科 卒業
2011年 3月
大阪市立大学法科大学院 修了
2015年 9月
司法試験 合格
2016年12月
第二東京弁護士会 入会
弁護士法人・響 入所

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談