弁護士紹介

神戸オフィス

弁護士 野条 健人

兵庫県弁護士会所属 第49197号 神戸オフィス所長

熱意をもって常に全力投球をして
最善の解決策を提供。
ご依頼者様の道標としてともに一歩前進したい。

メッセージ

身近で親しみやすく、頼りがいがあって信頼できる弁護士

ご依頼者様に対して心がけていることは、寄り添ってお話を聞かせていただくとともに、弁護士が道しるべとなって、ご依頼者様とともに一歩前進させていくことです。
ご依頼者様は皆、様々なお悩みをかかえ、不安な気持ちで弁護士とお話することがほとんどです。

弁護士はご依頼者様の不安を解消し、紛争解決を図るプロフェッショナルと考えています。どのような問題でも真摯に向き合い、ご依頼者様の話を親身に聞くことで、紛争解決の糸口が見えてきます。
このため、まずはご依頼者様の目線でお話を伺い、こちらからわかりやすく説明させて頂くことにより、不安を解消してもらうことを大事にしています。
さらに、プロフェッショナルとしては、ご依頼者様が置かれている状況を十分に把握して、問題解決に向けて正しい方向に導くことが重要だと考えています。

どんな問題もスピード感をもって問題解決を行う弁護士

これまで、特に印象に残っているのが遺産分割事案です。
これは、家業で飲食店を営んでいた先代が突如お亡くなりになり、後継者と先代の先妻の娘との間に相続問題が持ち上がったという案件でした。
このままでは、会社がつぶれてしまうところを、交渉力を持って解決に導いたときに、ご依頼者様が泣きながら、「お店を護ることができてよかった。本当にありがとう」と言ってくださった風景は今でも忘れることができません。

私の実家は、小さな金型工場を営んでいました。そこでは、大企業からの買い叩きや押し売りが頻繁に行われる等、強者が弱者を食いつぶす不条理な構図を何度も目のあたりにしてきました。
そのため私は、不条理な要求を受けたり、理不尽な状態に追いやられている方々を救済したいと思い、弁護士を志しました。
弁護士として、常々弱い立場のご依頼者様の痛みを共有して、最善の解決策を提案し、迅速な問題解決を図らせていただきたいと思っております。

プロフィール

神戸オフィス

弁護士 野条 健人

出身地
大阪府
資格
弁護士
参加団体
  • 交通事故事件問題プロジェクトチーム委員
  • 空家・老朽危険家屋対策プロジェクトチーム委員
  • 刑事弁護センター委員
  • 日本プロ野球選手会公認選手代理人
  • 中央大学法学部通信課程専任講師
  • 青年法律家協会
  • 自由法曹団
  • 民主法律協会

ほか

趣味・特技
野球・ゴルフ・スポーツ観戦・食べ飲み歩き等
好きな言葉
『人生はいつだって変えられる』

経歴

2009年 3月
関西学院大学法学部法律学科 卒業
2011年 3月
立命館大学法科大学院 修了
2012年 9月
司法試験 合格
2014年 1月
大阪弁護士会 入会
2015年 7月
弁護士法人・響 入所
2016年 9月
兵庫県弁護士会 入会

活動実績

書籍・寄稿

  • 現代人文社「司法試験に受かったら:司法修習って何だろう?」編著

弁護士法人・響のメディア実績は、こちらからご覧いただけます。

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談