弁護士紹介

弁護士 山内 麻裕美

東京弁護士会所属 第52604号

情けは人のためならず。 困っている人のために一生懸命頑張りたい。

メッセージ

ご依頼者様のために日々努力を怠らず。生涯勉強の姿勢で。

ご依頼者様の心情に寄り添える弁護士であるようにと日々心がけています。
ご相談にいらっしゃる方は、不安を抱えておられると思います。
そこで、まずは私と話すことで、少しでも不安を解消してもらえたらと思っています。

響の弁護士は私に限らず、みんな話しやすくご依頼者様に寄り添える人ばかりだと思います。
無料で相談を受け付けておりますし、みなさんにもっと気軽に相談して頂きたいと思っています。
一度話して頂ければ、一般的な弁護士事務所への敷居の高いイメージが払拭されるのではないでしょうか。
響を通して、弁護士を、そして弁護士事務所をもっと身近に感じて頂きたいと考えています。

ご依頼者様の不安を解消し、心情に寄り添える弁護士でありたい。

弁護士として取り組んできた案件の中でも、交通事故の示談交渉で、当初の見込みよりもかなり高い金額での示談を締結できたケースは印象に残っています。
その際、ご依頼者様からお礼に干物を送って頂きまして、そのお気持ちがとてもうれしかったです。
もちろん響の弁護士とスタッフでおいしくいただきました。

私は、人の役に立つ仕事がしたく、また法律に興味があったため、法的紛争で困っている人の手助けをしたいと思い弁護士を志しました。
今後もご依頼者様のお悩みを迅速に解決できる、ご依頼者様にとって気軽に相談できる弁護士であるよう常に心がけてまいります。
弁護士を身近に感じていただけるようご依頼者様のお話を親身に聞き、ご依頼者様に寄り添って悩みの解決に向けて邁進してまいりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

プロフィール

弁護士 山内 麻裕美

出身地
青森県
出身大学
日本大学法学部
明治大学法科大学院
資格
弁護士・行政書士
所属委員会
労働法制特別委員会
趣味・特技
読書・お酒・初対面の人とすぐに打ち解けることが出来ること
好きな言葉
『情けは人のためならず』(困っている人のために一生懸命頑張りたいと思っています)

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談