弁護士紹介

大阪オフィス

弁護士 吉留 慧

大阪弁護士会所属 第53290号

ポリシーは、どんなケースであっても粘り強く諦めない。 日々必死に仕事に取り組んだ先に見えてくるもの模索して。

メッセージ

ご依頼者様の怒りのポイントを感じ取れるように

一般の方にとって、まだまだ弁護士事務所への敷居は高いかと思います。
そこで、弁護士の方から積極的にいろいろな場に出ていくことが大事かなと思っています。
そういう意味では、フットワークが軽い弁護士でありたいと考えています。

また、小さなご相談でも親身に聞いて差し上げる姿勢も、昨今の弁護士には求められていると思います。
私は、ご依頼者様のお話を伺う際は、ご依頼者様がなぜ困っているか、何に怒りを感じているか、を感じ取れるよう丁寧に話を聞く姿勢を忘れずにいたいと考えています。

理想とする弁護士像については、これから、所内・所外の先生方の仕事や生き方に触れながら、日々必死に仕事に取り組んだ先に見えてくるものと思っています。
そういう意味では毎日が勉強です。

全力で、困っている方のお力になります!

私は、昔から正義感が強く、困っている人をほっとくことができない性格でした。
好奇心が旺盛で何事にも挑戦していくことから母親からはいまだに「あんたを育てるのは本当に大変だった・・・」といわれるほどです。

今では、弁護士になり、多くの人を救える立場になりました。
どうぞ困っていることがあればなんでもご相談ください。どんな困難な問題にも親身になって、お話を伺います。
「吉留に頼んでよかった」と言っていただける自信があります。

プロフィール

大阪オフィス

弁護士 吉留 慧

出身地
広島県
資格
弁護士
会派
同志会
所属委員会
民暴・業務妨害委員会
参加団体
  • 遺言・相続センター
  • 青年法律家協会
  • 自由法曹団
  • 原発賠償関西訴訟弁護団
  • ヘイトハラスメント弁護団
趣味・特技
お酒・ペットショップ巡り
好きな言葉
『余裕』

経歴

2010年 3月
同志社大学文学部英文学科 卒業
2013年 3月
同志社大学法科大学院 修了
2014年 9月
司法試験 合格
2015年12月
大阪弁護士会 入会
弁護士法人・響 入所

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談