弁護士紹介

大阪オフィス

弁護士 後藤 壮一

大阪弁護士会所属 第51442号

どんなに後悔しても過去は変えられない。 だから、いつか過去になる現在を精一杯生きる。

メッセージ

まずは、ご依頼者様のご希望を把握するところから

私は、ご依頼者様のご希望をしっかり把握することを常に心がけています。
例えば類似の事件でも、ご依頼者様のご希望が違えば、我々の戦い方も変わります。そういう意味では、一つとして同じ事件はないと考えています。

また、弁護士は費用が高いのに、こんなことで弁護士に相談していいのか、という思いをされている方も多いと思います。
しかし、事件は日々変化していくものであり、今相談しないと後々もっと深刻な事態になりかねません。
逆に、今相談することで、今後の事態悪化を防ぐことができるケースもあります。
病気と同じで、法的な事件も早期に適切な対処をする、という点が大事です。

弁護士として、こういった考えをメディア等で広めていくことは非常に大事だと思っています。

「後藤に頼めば大丈夫、安心だ」と思って頂けるよう日々精進

私は、大学生の頃、窃盗等の被害に遭ってしまい、とてもつらい思いをした経験があります。そこで、困っている人の力になれる弁護士という職業に強く憧れを感じ、弁護士を志しました。
弁護士という仕事は、見えないところでの準備や努力などが非常に重要です。

私は、ご依頼者様が安心できるように接し、ご依頼者様のご要望を可能な限り充たしていけるよう、しっかりと耳を傾けていきたいと思っています。
また、最近は以前よりも、無料相談や法律扶助など、弁護士に依頼しやすい環境が整って来ましたが、まだまだ一般の方にとって、弁護士は敷居が高いのではと思います。
今以上に身近な弁護士を心掛け、依頼人や同僚のみならず、裁判所からも頼られる弁護士になれるよう日々、尽力して参ります。

プロフィール

大阪オフィス

弁護士 後藤 壮一

出身地
大阪府
資格
弁護士
所属委員会
法教育委員会
参加団体
  • 司法修習生給費制対策本部
  • ハンセン病家族訴訟弁護団
  • 青年法律家協会
  • 明日の自由を守る若手弁護士の会
趣味・特技
映画・アニメ鑑賞・カラオケ・ボウリング
好きな言葉
『どんなに後悔しても過去は変えられない。だから、いつか過去になる現在を精一杯生きるのだ』

経歴

2011年 3月
京都大学 卒業
2013年 3月
中央大学法科大学院 修了
2013年 9月
司法試験 合格
2014年12月
大阪弁護士会 入会
大雪法律事務所 入所
2015年12月
弁護士法人・響 入所

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談