アイコン

自己破産における管財事件の適応ケースを解説

2020.11.25 2021.09.15

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績19万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

「管財事件」とは、自己破産手続の一つです。
自己破産には「管財事件」と「同時廃止」の2種類の手続きがあります。

一定額以上の財産(20万円以上)を持っている場合の自己破産は通常、管財事件として扱われます。
裁判所から選ばれた破産管財人が、債務者(自己破産する人)の財産を換金して債権者へ公平に分配します。
通常の場合,費用は「予納金」として50万円以上がかかります。

しかし弁護士が申立てをして,破産管財人の業務が限定された場合は,「少額管財事件」として扱われます。
予納金は20万円程度に抑えられます。(別途弁護士費用がかかります)
手続にかかる期間も、管財事件より短くなる場合が多いようです。

「少額管財事件」として手続をするためには、弁護士に依頼することが必要になります

あわせて読みたい「管財事件」に関する記事

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績19万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
[実績]
19万件の相談実績あり
[弁護士数]
21人(2021年3月時点)
[設立]
2014年(平成26年)4月1日
関連記事