アイコン

自己破産のクレジットカードへの影響とリスク回避ポイント

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

クレジットカードの支払い額が積み重なって返済に困ったとき、自己破産を検討する人もいるでしょう。
しかし自己破産がクレジットカードにどのような影響が出てくるのかが気になります。

クレジットカードでの支払いが当たり前となっている生活への影響はできるだけ小さくしたいですよね。

そこでこちらの記事では、
・自己破産がクレジットカードに与える影響
・自己破産後にクレジットカードを作れる条件
・クレジットカードがなくても不便を感じない方法
などについて解説します。

【弁護士に依頼するメリット】

  • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
  • 相談実績12万件以上!
  • 相談は何度でも無料

 

自己破産によるクレジットカードへの影響

自己破産をすると、信用情報機関に事故情報として登録をされます。
信用情報機関の事故情報はクレジット会社などの金融業者が閲覧できるので、過去に自己破産をしていると返済能力が不足していると判断されて、クレジットカードの利用に次のような影響が出てきます。

契約中のカードはすべて使えなくなる

弁護士に依頼して自己破産の手続きを開始すると、弁護士からクレジット会社に通知が送られ、これ以上返済額を増やさないように、現在契約しているクレジットカードはすべて使えなくなります。

契約したものの一度も利用していないカードは自己破産の対象にはなりませんが、弁護士はカードの利用状況や契約しているカード会社などをすべて把握しておく必要があるため、弁護士から尋ねられたときには正直に申告しましょう

新しいクレジットカードも作れない

新しくクレジットカードを作るために申込みをすると、クレジット会社は本人の返済能力を審査するために信用情報機関で過去の返済状況などを調査します。
自己破産は返済能力の評価を大きく下げる事故情報として登録されているため、クレジットカードの申込み審査に通ることはまずないと言っていいでしょう

貯めていたポイントは失効する

自己破産をするとクレジットカードの契約自体が解約されてしまうため、同時にポイントも失効します。
貯めていたポイントを使うときは、必ずポイント内で収めるようにしましょう。

ポイント高を超えた金額で使用すると不足額をクレジットカードで支払うことになりますが、自己破産の手続き前に新たな支払いや借金を発生させると、自己破産によって生活再建する意思がないものと見られて裁判所の許可が得られなくなる可能性があるのです。

家族名義のカードには影響しない

自己破産をすると家族への影響を心配する人が多くいますが、基本的にクレジットカードの返済義務は本人にあるため、家族が自分自身の名義で契約しているクレジットカードにはまったく影響しません。

ただし、カードの名義が家族でも、引落口座が自己破産する本人の名義のときは注意が必要です。
その銀行に借入やローンなどの返済がある場合は自己破産によって口座が2カ月ほど凍結してしまいます。

凍結している間は家族のクレジットカードの支払いができなくなってしまうので、引落口座は事前に別の口座に変更しておかなければなりません

自己破産後にクレジットカードを使いたいときの5つのポイント

自己破産後に少しでも早くクレジットカードを使えるように、次の5つのポイントをおさえておきましょう。

1.事故情報が回復するのを待つ

自己破産によって信用情報機関に登録される事故情報は、一定期間が経過すると削除されます。
新しいクレジットカードの作成は、事故情報の削除を待ちましょう。

信用情報機関には次の3つがあり、自己破産の登録期間も異なります。

  • 日本信用情報機構 5年
  • シー・アイ・シー 5年
  • 全国銀行協会 10年

貸金業登録しているクレジット会社の多くは3つの信用情報機関すべての情報を調べることができるので、自己破産をすると10年間は事故情報が残されると言っていいでしょう

2.社内ブラックの会社を避けて申し込む

登録期間が経過して信用情報機関の事故情報が回復しても、「社内ブラック」と呼ばれる会社独自に保管される顧客リストは削除されないまま残されています。
自己破産の手続きをしたクレジット会社ではこの先新たにクレジットカードを作れる可能性が低いので、まだ契約をしていないクレジット会社を選ぶようにしましょう。

3.全国銀行協会以外の会員会社を選ぶ

クレジット会社の中には全国銀行協会に加盟していないところもあります。
他の2つの信用情報機関では自己破産の登録期間は5年となっているため、登録期間10年の全銀協に加盟していないクレジット会社であれば、5年が経過すれば自己破産の事故情報を確認されることなく、新たな申込みで審査に通る可能性があります。

4.審査に落ちたら半年以上は申込まない

もしも新規申込で審査に落とされた場合は、それから半年以上は次の申込みをしないようにしましょう。

信用情報機関にはクレジット会社が審査のためにした閲覧記録も登録されます。
閲覧された記録自体は事故情報ではありませんが、閲覧された後にカードの利用記録がないと審査落ちしたことが疑われて警戒されてしまいます
閲覧記録は6カ月残されるため、一度審査に落ちたら、半年以上あけてから次のクレジット会社に申込むようにしましょう。

5. カード作成の評価基準をおさえておく

事故情報が削除されてもただちにクレジットカードを作れるわけではありません。
あくまでも通常の審査を受けられるようになるだけなので、新たにクレジットカードを作りたい人は、収入や職場の経営状態、生活の状況など、審査の評価基準を確認しておきましょう。

クレジットカードの審査で最も大事なことは、支払い能力があるかどうかです。
家賃の滞納や頻繁な転職などで支払い能力に疑いをもたれることがないように、堅実な生活を心がけましょう。

自己破産でカードを失いたくなくてもやってはいけないこと

自己破産をしようとしているのに、クレジットカードに関連して次のような対応をすると、自己破産が認められなくなる恐れがあるので絶対にやめましょう。

弁護士や裁判官にカードの利用状況に関する嘘をつくこと

自己破産の手続きを進める中で、弁護士や裁判官にクレジットカードの利用状況を説明をする際に正直に申告をしないと、裁判官から自己破産が認められなくなりますし、弁護士も担当を降りかねません。

自己破産では、ギャンブルやショッピングなどの無駄遣いは手続きが認められなくなるので(免責不許可事由)、クレジットカードの使い方について嘘をついたり隠そうとしたりする人がいますが、厳しい調査によってほぼバレてしまいます。
免責不許可事由に当たる場合でも、裁判官の判断で自己破産が認められることもありますし、嘘をついたことでかえって更生ができないと判断されてしまう懸念もあるので、必ず弁護士や裁判官には正直に説明しましょう

特定のクレジットカードだけ残額を支払うこと

クレジットカードを使い続けたいあまり、特定のカードだけ残額を支払って、他の借金だけを自己破産しようとすると、自己破産が認められなくなる可能性があります。

特定の借金だけ返済することは偏頗弁済と言って、「すべての債権者は平等に扱わなければならない」という自己破産手続きの原則に反してしまい、自己破産が認められなくなるので、絶対にやめましょう。

クレジットカードが使えない期間の工夫と注意点

自己破産をしてからクレジットカードが使えるようになるまでの期間は、次のような工夫をして生活の不便さを乗り切ることができます。

デビットカードを利用する

デビットカードをクレジットカードの代わりに利用することで、買い物をするときの影響を小さくすることが可能です。

デビットカードとは、クレジットカードのように利用した金額を後から返済するのとは違い、自分の銀行預金と紐づけて利用するカードです。
デビットカードを用いて間接的に預貯金を使っているだけなので支払能力を審査されるることがなく、自己破産をした人でも作ることができます。

ただし、デビットカードを利用するには指定の銀行口座に預貯金が残っていることが前提です。
残高をまめにチェックしておかないと買い物の際に使えなくなることがあるのでご注意ください

家族カードを利用する

クレジットカードの家族カードのサービスを利用すると、自己破産をしてもカードが使えるので買い物の不便さは解消されます。

家族カードは、主契約を結んでいる「親カード」に紐づけて発行される「子カード」のことで、家族カードを使うと主契約を結んでいる家族に利用額が請求されるという仕組みです。

ただし、一度自己破産をしなければならないような状況になっていることを自覚して、使いすぎには注意しましょう

プリペイドカードやスマホ決済を利用する

プリペイドカードやスマホ決裁は、銀行振込やコンビニ払いなどであらかじめチャージした金額分を利用できる支払方法です。
チャージとして予め支払った分まで買い物ができるので審査不要で作れて、クレジットカード対応のお店やネットショッピングであればほとんどのところで利用できます。

ただし、事前にチャージをしなければ使えないため、お金が少なくなる給料日前のチャージが難しいといった場合はカード払いができず、不便に感じるかもしれません。

ETCパーソナルカードを利用する

ETCカードは原則クレジットカード決済となっていますが、クレジットカードがない場合でもETCパーソナルカードを持つことでETCを利用することができます。

ETCパーソナルカードは、デポジットと呼ばれる保証金を預けることで利用可能となり、高速利用料の支払いは口座引落としになります。
デポジットは支払いのための前払い金ではなく、あくまで口座引落としができなかったときのための保証金です。
ETCパーソナルカードではデポジットの80%の金額までしか高速道路を利用できないので、余裕を持ってデポジットを預けておく必要があります

ヤミ金には絶対に手を出さない

どんなにお金に困っていても、ヤミ金は絶対に利用してはいけません。
ヤミ金は、法定外の金利をかけたり強引な取り立てをしたりして、債務者を精神的に追い込んでいきます。
どうしてもお金に困った場合は、次のような国の救済制度を活用してください。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 生活困窮者自立支援制度
  • 生活保護制度
  • 各地域の福祉事務所または市町村役場が相談窓口になっているので、利用できる制度がないかだけでも相談してみましょう。

    まとめ

    自己破産をするとクレジットカードはしばらく利用できなくなります。
    新しくクレジットカードを作るためには、自己破産の事故情報が削除されるまで待ち、それからクレジットカードの審査に通る必要があります

    クレジットカードが使えなくなっても、支払い方法を工夫することで生活への影響を最小限に抑えることが可能です。

    自己破産をしたいけどクレジットカードのない生活が心配な人は、弁護士に相談をしてみましょう。
    債務整理を専門とする弁護士であれば、クレジットカードに関する悩みだけではなく、生活への影響を小さくするためのアドバイスもしてもらえます。

    【弁護士に依頼するメリット】

    • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
    • 相談実績12万件以上!
    • 相談は何度でも無料
    関連記事