アイコン

リボ払いで失敗しない!クレジットカードで損しない使い方

島村 海利
監修者:弁護士法人・響 弁護士
島村 海利
  • 弁護士会所属:第二東京弁護士会 第52828
  • 出身地:高知県
  • 出身大学:香川大学法学部卒 九州大学法科大学院卒
  • 保有資格:弁護士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • コメント:人に対する温かいまなざしを持ち、ご依頼者の話をよく聞き、ご依頼者様に寄り添える弁護士になれるよう日々努めています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

クレジットカードでリボ払いを使ってみたいけど、どんなメリットあるの?
リボ払いで失敗したくない…。正しい使い方を知りたい

クレジットカードを持っていれば、リボ払いを利用することができます。

リボ払いには「毎月の返済額が一定なので管理しやすい」「ポイント還元が受けられる場合がある」といった便利な面やメリットがあります。

一方で「支払総額が増えやすい」「返済期間が延びやすい」といった注意すべきデメリットもあります。

このようなデメリットを知らないで使うと、損することもあります。

リボ払いのメリット・デメリットを理解した上で、リボ払いの失敗しない&お得な使い方を、わかりやすく解説していきます。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

そもそも「リボ払い」って何?

クレジットカードには「リボ払い」という機能があります。そもそもリボ払いとは何でしょうか?

リボ払いの仕組みやメリットについて説明します。

リボ払いは、クレジットカードについている機能

リボ払いとは、「リボルビング(=反復)払い」の略語です。

クレジットカードの利用金額・利用件数にかかわらず、あらかじめ設定した毎月一定の金額だけを返済していく支払方法です。

クレジットカードには、このリボ払いの機能がついています。

リボ払いには、主に3つのメリットがあります。

リボ払いのメリット

  • 毎月の支払額を一定に抑えられる
  • 高額の買い物をした場合や複数回買い物をした場合でも、毎月の支払額は変わらないので家計への負担を少なくできる
  • ポイント還元やプレゼントなどの優遇特典を受けられる場合がある

中には、返済方法がリボ払いに初期設定されているクレジットカードもあります。

自分が持っているクレジットカードの返済方法がどうなっているのか、確認しておきましょう。

「リボ払い専用カード」なら、優遇特典が豊富な場合が多い

通常のクレジッドカードについているリボ払いの機能を使うのではなく「リボ払い専用カード」を使うという選択肢もあります。

リボ払い専用カードとは、買い物をした分が自動的にリボ払いとなる専用のカードです。

リボ払い専用カードで決済をした分を、あらかじめ決めた支払金額で毎月返済していきます。

リボ払い専用カードには、通常のクレジットカードと比較して、次のようなメリットがあります。

リボ払い専用カードのメリット

  • 年会費が無料のものが多い
  • ポイント還元率が高い
  • 保険が自動的に付帯される場合が多い
  • 手数料が安い場合がある

下の表を見てのとおり、リボ払い専用カードを利用すると、さまざまなメリットが得られるケースがあるのです。

〈主なリボ払い専用カードの特典〉
カード名 手数料
(実質年率)
年会費 優遇・特典
三井住友カード
「リボスタイル」
9.80% 無料 利用金額200円(税込)につき2ポイント付与
※通常のクレジットカードは利用金額200円1ポイント
JCB CARD R 15.00% 無料 ・買い物でポイントが通常の4倍
・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、海外のショッピングガード保険(100万円)が自動的に付帯
DCカード
「ジザイル」
15.00% 無料 ・買い物でポイントが通常の3倍
・海外旅行傷害保険(最高1,000万円)が自動的に付帯

リボ払い専用カードだと、通常のクレジットカードでリボ払いを利用するより、利用時につくポイントの還元率が2倍以上になるケースが多いです。

「三井住友カードRevoStyle(リボスタイル)」だと、手数料が実質年率9.80%と、通常のクレジットカードのリボ払い(実質年率15.0%が一般的)よりも安くなります。

クレジットカードでリボ払いを利用するには、どうすればいい?

実際に通常のクレジットカードの「リボ払い」、または「リボ払い専用カード」を利用するには具体的にどうすればよいのでしょうか?

それぞれのケースに応じて解説していきます。

通常のクレジットカードでリボ払いを利用するには、3つの方法がある

通常のクレジットカードでは「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」などいろいろな返済方法がありますが、それらと同じように「リボ払い」を選ぶこともできます。

通常のクレジットカードでリボ払いを利用する場合は、主に3つの方法があります。

  • 利用時選択型
  • 事前登録型
  • 利用後変更型(あとからリボ払い)

それぞれの特徴を知って、自分に合った方法を選びましょう。

-リボ払いの利用方法1- 利用時選択型

リボ払いを取り扱うお店の店頭やネットショッピングなどで、クレジットカードで買い物をする際に、都度リボ払いを指定する方法です。

店頭の場合は、クレジットカード利用時に、支払方法を「リボ払いでお願いします」とお店に伝えます。

-リボ払いの利用方法2- 事前登録型

事前に自分で毎月の支払金額(指定金額)を決めておき、指定金額を超えた分は翌月以降にリボ払いで支払う方法です。

クレジットカードを使う都度、リボ払いの指定をしなくても、自動的にリボ払いとなります。

-リボ払いの利用方法3- 利用後変更型(あとからリボ払い)

クレジットカードで「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」で買い物をしたあとに、Webサイトや電話などからクレジットカード会社に申し出ることで、リボ払いに変更できる返済方法です。

ただ、あとからリボ払いに変更した分の利用残高については、他の支払方法(1回払い・2回払い・ボーナス払い・分割払いなど)には変えられず、利用残高が残っている限り、リボ払いを続けなければならない点に注意する必要があります。

「リボ払い専用カード」を利用する方法もある

通常のクレジットカードではなく、先ほど述べた「リボ払い専用カード」を利用するという方法もあります。

リボ払い専用カードと通常のクレジットカードとではそれぞれ入会の手続が異なり、リボ払い専用カードに入会したい場合は、別途の手続が必要となります。

リボ専用カードを選んだ場合、通常のクレジットカードとは異なり、リボ払い以外の返済方法は選べないので注意が必要です。

クレジットカードのリボ払いを賢く使う方法

リボ払いの仕組みやメリット、利用方法などが理解できたなら、次はクレジットカードのリボ払いを賢く使う方法をチェックしておきましょう。

毎月の返済額をできるだけ引き上げる

リボ払いで設定する毎月の返済額を、家計に無理のない範囲で、できるだけ引き上げてみることを検討してみましょう。

毎月の返済額を1万円ではなく2万円に、2万円ではなく3万円に…と引き上げることができれば、その分返済期間(回数)を短縮できて、支払総額を減らす効果が期待できます。

毎月の返済額を引き上げるには、クレジットカード会社に申し込みます。
審査が必要な場合もあります。

余裕があるときに「繰り上げ返済」をする

繰り上げ返済」とは、月々の返済とは別に、利用残高の一部を返済する方法です。

繰り上げ返済には、以下のメリットがあります。

繰り上げ返済のメリット

  • 決められた毎月の返済額よりも多い金額を、引き落とし日よりも前に支払うことで、利用残高の一部を減らせる
  • 利用残高が減るため、その分支払う手数料が少なくなる
  • 自らの意思で返済するため、使い過ぎの意識向上につながる

「繰り上げ返済」は、リボ払いの利用残高の一部を返済することで、支払総額を軽減できる効果が期待できます。

お金に余裕があるときは、できるだけ繰り上げ返済を定期的に行うことを検討してみましょう。

リボ払いの2つのデメリットに注意!

リボ払いには便利な面やメリットがある一方で、デメリットもあります。特に注意しておきたい2つのデメリットについて解説します。

-デメリット1-
利用残高はふくらみがちになり、支払総額が増える

リボ払いだと、毎月の返済額を一定額に抑えられますが、その抑えられる分、利用残高が減るスピードが遅くなりがちです。

そんな返済中にさらにリボ払いで買い物を続けると、利用残高がふくらみ、支払総額も増えていきます

リボ払いと分割払い(クレジットカード利用時に支払回数を指定して月々支払う方法)とで、支払総額がどう違ってくるのか、下の表で比較してみました。

〈支払総額の比較〉
支払総額 うち手数料額
リボ払い 413,706円 113,706円
分割払い 348,553円 48,553円
その差は? 65,153円

※利用残高30万円、手数料率(実質年率)15.0%の場合
※リボ払い:毎月の返済額5,000円(手数料を除く)、元金定額方式の場合
※分割払い:24回払いの場合

リボ払いの場合の支払総額は413,706円なのに対し、分割払いの場合は348,553円でした。

リボ払いのほうが分割払いより、支払総額が約65,000円も多いという結果になりました。

-デメリット2-
返済期間(回数)が長期化する

リボ払いの毎月の返済額の内訳を見てみると、返済当初は手数料の割合が高く、元金の割合が低いので、元金がなかなか減りづらいといえます。

そのため、返済回数も増え、返済期間が延びる傾向があるのです。

返済が長期化することで、あと何回返済するのか、把握しづらくなるケースもあります。

下の表は、リボ払いと分割払いとで返済回数(期間)にどれくらい差があるのか、比較したものです。

〈返済回数の比較〉
返済回数(期間)
リボ払い 60回(5年)
分割払い 24回(2年)
その差は? 36回(3年)

※利用残高30万円、手数料率(実質年率)15.0%の場合
※リボ払い:毎月の返済額5,000円(手数料を除く)、元金定額方式の場合
※分割払い:24回払いの場合

リボ払いの場合の返済回数(期間)は60回(5年)ですが、分割払いの場合は24回(2年)でした。

リボ払いのほうが分割払いより、返済回数は36回(3年)も多いという結果になりました。

【まとめ】クレジットカードのリボ払いは、デメリットに注意を払うことで賢く使える

リボ払いはどのクレジットカードでも利用できます。
これまで述べてきたように、リボ払いには便利な面やメリットがあります。

返済方法をリボ払いを中心に利用するのであれば、「リボ払い専用カード」を利用するという方法もあります。

通常のクレジットカードでリボ払いを使うより、リボ払い専用カードを使うほうが、ポイント還元や保険の自動付帯などの優遇・特典を多く受けられるケースもあります。

しかし、リボ払いには以下のデメリットがあることも押さえておきたいところです。

  • 利用残高はふくらみがちになり、支払総額が増える
  • 返済期間(回数)が長期化する

こういったデメリットに注意を払いながら、リボ払いを賢く使うようにしましょう。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料