アイコン

借金相談は弁護士がおすすめな理由を解説

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

借金の相談を弁護士にすれば解決できる?
弁護士に相談するのはハードルが高そう

借金の問題は、専門家である弁護士に相談すると解決が早くなります。
しかし、弁護士の敷居の高さが気になって相談をためらう人も少なくありません。

実は、弁護士は気軽に頼れる法律の専門家で、借金問題は弁護士に依頼した方が、自分でやるよりも手間もお金もかからずに済む可能性があります

こちらの記事では、

  • 弁護士が借金問題を解決する方法
  • 弁護士に相談するメリット
  • 気になる弁護士への依頼費用
  • などについて解説します。

    【弁護士法人・響に依頼するメリット】

    • 最短即日!返済ストップ
    • 相談実績12万件以上!
    • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
    • 相談は何度でも無料

    借金を弁護士に相談した後に想定される解決策とは

    つらい借金の相談は法律の専門家である弁護士にすると安心です。
    まずは弁護士がどのような解決方法を提案するのかを説明します。

    債務整理を検討することが多い

    弁護士は、債務整理で解決を図るのが一般的です。
    債務整理とは返済が難しくなった借金の総額や月々の支払い額を減らす手続きで、4つの方法があります。

  • 任意整理
  • 利息や遅延損害金を免除して元金のみの返済にしてもらうよう、金融業者と交渉します。

    月々の支払い負担も軽減し、無理のない返済計画を立て直します。
    裁判所を介さずに進める手続きなので比較的手間がかからず、特定の金融業者だけを選んで整理できるメリットがあり、多くの人が選択している手続きです。

  • 特定調停
  • 将来利息を免除してもらうように金融業者と交渉します。

    裁判所が指定する調停員が仲介役となるため、弁護士の手を借りずに自分で手続きを進められます

    依頼費用がかからないメリットがある一方、任意整理では免除される可能性の高い未払利息と遅延損害金は、特定調停では免除されません
    また、手続完了後の滞納には、金融業者がすぐに差押えできるというリスクもあります。今日においてはあまり活用されていません。

  • 個人再生
  • 裁判所を介して行われ、借金をおおよそ5分の1程度に減額し、3~5年で返済する計画を立てます。

    車や持ち家が残せる制度があり、自己破産ほど生活が制限されることはありませんが、ある程度の安定収入がないと裁判所から認められません。

  • 自己破産
  • 返済が困難になった借金を全額帳消しにしてもらう手続きです。 自己破産が認められるかどうかは、借金の総額や借入原因などから裁判所が総合的に判断します。

    借金が全額免除になる条件として、財産没収や一部の職業制限などのデメリットがあります。

    債務整理と合わせて過払い金請求も可能

    債務整理を弁護士に依頼すると、合わせて過払い金請求をしてもらえるケースがあります。

    2007年以前に借金をしていた人は、過払い金が発生している可能性があります。
    過払い金の計算や請求の手続きは複雑なので、弁護士に頼むと簡単です。
    過払い金は借金と相殺されるので、返済総額を減らすことにも有効です。

    弁護士に相談するメリット

    債務整理を弁護士に依頼することで、次のようなメリットがあります。

  • 督促がすぐに止まる
  • 弁護士から金融業者に受任通知が送られると、借金の督促を止めることができます。

  • 煩雑な手続きを代行してくれる
  • 債務整理は豊富な知識と経験が求められるため、個人でやろうとすると大変な手間がかかりますが、弁護士に依頼すれば煩雑な手続きを代行してもらえます。

  • 交渉を有利に進めやすくなる
  • 債務整理の専門家である弁護士に依頼することで、「弁護士を雇ってしっかり解決しようとしている」という債務者本人の返済意思が伝わります。
    金融業者の態度が柔軟になり、交渉がスムーズに運ぶ可能性が高くなります。

  • 適切な対処法のアドバイスを得られる
  • 4つある債務整理の中から、どのやり方が依頼者にとって最善かを判断してくれます。

    債務整理の専門家には弁護士の他にも司法書士がいます。
    弁護士と司法書士ではどのような違いがあるのでしょうか。

    相談先が弁護士だと対応できる範囲が広い|司法書士の違い

    弁護士と司法書士は、どちらも法律を扱う専門家ですが、どこまで権限があるのかは次の表のように法律で決められています。

    1件あたりの借金額可能な債務整理かかる費用
    弁護士140万円以上も可
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • (いずれも制限なし)
  • 任意整理約4万円~
  • 個人再生約50万円~
  • 自己破産約50万円~
  • 司法書士140万円以下
  • 任意整理
  • 個人再生(書類作成代理まで)
  • 自己破産(書類作成代理まで)
  • 任意整理約3万円~
  • 個人再生約20万円~
  • 自己破産約20万円~
  • 表についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

    個別の借金額が140万円以上でも可能

    弁護士は借金の金額に制限なく依頼者の代理人として手続き代行ができます。

    一方、司法書士の場合は、1件あたりの借金が140万円以下でなければ手続き代行ができません。
    過払い金の回収も140万円以下という金額制限が、司法書士にはあります。

    全裁判所での手続き代行が可能

    弁護士は、裁判で本人の代理人として法廷に立つことを業務の一つとしているので、簡易裁判所から最高裁判所まですべての裁判所で代行業務が可能です。

    司法書士の場合、個人再生と自己破産でできるのは裁判所に提出する書類の作成までです。
    司法書士(認定司法書士)の訴訟代理権は簡易裁判所に限られているので(簡裁代理権)、控訴されて地方裁判所に訴訟が移った場合は代理人になれません。

    費用は弁護士の方がやや高め

    債務整理を専門家に依頼する費用は、弁護士と司法書士では弁護士の方が若干高めに設定される傾向にあります。

    これは前述のとおり、弁護士が債務整理のすべての工程で代理人になれるのに対して、司法書士の場合は申立てからは自分で手続きしなければならないからです。

    【債務整理それぞれの費用の目安】

    弁護士司法書士
    相談無料~5千円(30分)
    任意整理約3~5万円(1件当たり)
    過払い金請求返還金の20%(訴訟の場合は25%)
    個人再生(着手金+成功報酬)約30~50万円約20~30万円
    自己破産(着手金+成功報酬)約25~40万円約20~30万円

    弁護士は様々な問題に柔軟に対応できる

    債務整理の手続きを始めてみると、相談当初は予想していなかったことがいろいろと起きてくることがあります。

    金融業者が交渉に応じずに訴訟を起こしてきた

    任意整理で解決するつもりだったが個人再生でなければ返済できなそう
    などなど。

    依頼人に予測不能な事態が起きても、すべてに対処できるのが弁護士です
    借金解決のためにすべてを任せたいという人は、最初から弁護士への依頼を検討すると安心です。

    弁護士の相談費用を用意できないとき

    弁護士の費用の心配は借金で苦しむ人なら誰もが抱えるものなので、支払い方法のサポートがいくつか用意されています。
    次の方法を検討してみるといいでしょう。

    後払いや分割払い可能な事務所を探す

    後払いや分割払いに対応している弁護士事務所があります。
    手続きが完了してからの後払いと分割払いが可能なので、手元にお金がないという理由で弁護士に依頼するのを諦める必要はありません。

    積立金制度の利用を相談する

    債務整理の手続き中に行う積立金制度を利用する方法があります。

    債務整理の手続きに入ると、金融業者への借金返済が一時ストップします。
    その間に、もともと借金の返済に充てていたお金を積立て、解決後に弁護士費用に回せば無理なく支払いができます。

    法テラスの活用を検討する

    法テラスには、借金問題で裁判や弁護士依頼などでかかった費用を立替えてくれる制度があります。

    ただし、通常の費用立替え制度を利用すると、相談者したい弁護士を自由に選ぶことができません。
    依頼する弁護士は自分で選びたいという場合は、持ち込み方式を利用しましょう。

    持ち込み方式とは

    法テラスに登録している弁護士事務所の中から、相談者が自由に選んで依頼をし、その費用を立替えてもらう制度です。
    依頼する弁護士を、相性や実績などを基に自分で選びたいときに便利です。

    借金は早めに弁護士に相談を!問題の放置は危険

    借金の問題は先延ばしせず早めに解決することが重要です。

    借金問題を放置していると次のようなリスクが生じる可能性があります。

  • 借金返済のための借金を重ねて多重債務に陥る
  • 滞納が続いてブラックリスト入りする
  • 遅延損害金で借金が膨らむ
  • 残額を一括請求される
  • 給料や財産が差押えされる
  • このような事態になってしまう前に、債務整理で早めに解決を図りましょう。

    債務整理は複雑な手続きが伴うので豊富な経験が求められます。 専門家である弁護士に依頼すれば、手続きの手間がかからず早く終わらせることが可能です

    弁護士費用の支払いは柔軟に応じてくれる事務所があります。
    気軽に相談もできますので、まずは借金のリスク回避を一番に考えて弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    借金の悩みは、弁護士に債務整理を相談することで早期解決が図れます。
    債務整理を扱う専門家には弁護士と司法書士がいますが、様々な事態にも柔軟に対応できる弁護士に依頼すると安心です。

    弁護士に債務整理を依頼するメリット

  • 金融業者からの督促を止められる
  • 煩雑な手続きを代行してくれる
  • 交渉を有利に進めやすくなる
  • 個別の借金額が140万円以上でも可能
  • 全裁判所での手続き代行が可能
  • 依頼費用が心配な人は、分割払いのサービスや積立金制度などを利用することで無理なく支払いができます。
    状況に応じて適切なアドバイスが得られますので、まずは弁護士の無料相談を受けてみることをおすすめします。

    【弁護士法人・響に依頼するメリット】

    • 最短即日!返済ストップ
    • 相談実績12万件以上!
    • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
    • 相談は何度でも無料