アイコン

借金一本化で借金は解決できる?おまとめローン以外の解決方法とは?

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

借金一本化で借金の悩みは解決できるかな…?
複数の借金を解決するには、おまとめローン以外の方法はないの?

複数の借金があって返せない場合に「おまとめローン」などの借金一本化で解決できるかもしれない、と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、借金の一本化は「借金を返済するために新たに借金をする」ということになるため、積極的におすすめはできません。

この記事では

  • 借金一本化の特徴とデメリット
  • 借金一本化以外の借金解決方法

をくわしく解説しています。

よく理解したうえで、借金一本化をするべきか、他の手段で解決するかを検討してください。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

借金一本化で借金は解決できる?

複数の借金の返済に困っている場合の解決方法として、借金一本化を検討している方もいるのではないでしょうか。

そもそも「借金一本化」とはどのような手続きなのでしょうか。
デメリットはないのでしょうか。

借金一本化する「おまとめローン」にはリスクもある

複数の金融機関からの借金を1社にまとめて返済しやすくすることを、一般的に「借金一本化」といいます。

借金一本化を実現するサービスには「おまとめローン」と呼ばれるものが挙げられます。
これは、借金一本化をイメージしやすく伝えたサービス名で、銀行や消費者金融などでよく提供しているものです。

おまとめローンとは

借金一本化を行うと、以下のようなメリットがあるといわれています。

  • 借金額や返済日の管理をわかりやすくする
  • 金利(利息額)が低くなる
  • 月々の返済額を減らす

しかし「おまとめローン」などを利用した借金の一本化は「借金を返済するために新たに借金をする」ことになるため、積極的におすすめはできません

以下では「おまとめローン」などによる借金一本化のメリット・デメリットを、ご紹介します。

借金一本化するおまとめローンの3つの特徴

おまとめローンで借金を一本化すると、次のような3つのメリットがあるといわれています。
しかし、注意点もあるのでしっかり理解しておきましょう。

また、どのような人が借金一本化に向いているのかも含めて、理解しておきましょう。

1.返済先が1社になり返済日は1日になる

複数の金融機関を利用していれば、どこにどれだけ借金があるか把握しづらくなるでしょう。

返済日も金融機関ごとに違うので、毎月の返済日のたびに返済手続きを行うなど管理が難しくなります。

借金を一本化すれば返済先は1社になるので借金額を把握しやすく、返済日も1日のみで済みます。

〈ここに注意〉
返済先が1社になり返済日が1日になっても、借金が減ったわけではないので注意が必要です。

2.借入金利が下がる可能性もある

銀行や消費者金融の貸付金利には上限が決まっています。これを「上限金利」といいます。

法律(利息制限法)で定められている上限金利は、以下のとおりです。

上限金利
  • 元本10万円未満=年20%
  • 元本10万円以上100万円未満=年18%
  • 元本100万円以上=年15%

借金額が100万円を超えると、金利は低くなることになります。
複数の金融機関から借金をしている場合は、おまとめローンなどで借金一本化することで借入金利が下がる可能性もあります。

例えば40万円を3社から借入れをしている場合

  • A社金利=年18%(借入額40万円)
  • B社金利=年17.5%(借入額40万円)
  • C社金利=年18%(借入額40万円)

平均金利年17.8%、借入額合計120万円になります

これをおまとめローンで借金一本化した場合

  • D社金利=年15%(借入額合計120万円)

になる場合もあります。

このように、借金一本化によって借入金利が下がる場合もあるのです。

おもなおまとめローンの金利例
提供金融機関 サービス名 貸付金利
東京スター銀行 スターワン乗り換えローン 年12.5%
楽天銀行 楽天銀行スーパーローン 年1.9~14.5%*1
ろうきん(中央労働金庫) カードローン「マイプラン」 年3.875~7.075%*2
アイフル おまとめMAX、かりかえMAX*3 年3.0~17.5%
プロミス おまとめローン 年6.3~17.8%

*1利用限度額によって金利は異なる
*2団体会員の構成員の場合の金利(他行・信販・消費者金融からの借り換えは団体会員の講師員しか利用できない。2021年3月31日実行分まで)
*3「おまとめMAX」はすでにアイフルと取引実績がある人、「かりかえMAX」は新規でアイフルを利用する人が利用の対象となるおまとめローン。金利などの利用条件は同じ

〈ここに注意〉
借入金利は条件により変わるため、必ずしも下がるとは限りません。また借入額が少ない場合は、低い金利が適用されない場合もあります。

3. 月々の返済額を減額できる可能性がある

金融機関は、各社ごとに毎月の「最低返済額」を設定しています。
毎月の返済は、最低返済額以上が必要です。
借入先が複数社なら、複数社分の最低返済額以上が必要になります。

例えば、3社から借入れをした場合の最低返済額が以下のような場合は、毎月の返済額は3社合計で4万4,000円以上が必要です。

  • A社=9,000円(借入額30万円)
  • B社=10,000円(借入額50万円)
  • C社=25,000円(借入額70万円)

これを、最低返済額3万円のおまとめローンで借金一本化すると

  • D社=30,000円(借入額150万円)

となり、毎月の最低返済額は1万4,000円軽減されます。

借金一本化で返済先が1社になれば、その1社の最低返済額で済むため、毎月の返済額を減額できる可能性があるのです。

〈ここに注意〉
毎月の返済額が減ることで返済期間が長くなり、かえって返済総額は増えてしまう場合もあります。返済総額がいくらになるのかをしっかり確認しましょう。

おまとめロ-ンの借金一本化が向いている人とは

このように、おまとめローンによる借金一本化を実行しても借金自体が大きく減るわけではありません。
場合によっては増えてしまうこともあるのです。

おまとめローンによる借金一本化をする意義とは

  • 毎月の返済を1回にして返済の手間を軽減したい
  • 返済が長期化しても月々の返済額を少なくしたい
  • 返済総額が増えても返済期間を延ばしたい

ということになります。

長期的に安定した収入が見込めるなら、おまとめローンによる借金一本化も選択肢の一つといえるでしょう。

しかし安定収入が見込めなければ、いずれ返済に行き詰まってしまう可能性があると考えられます。

住宅ローンと他の借金は一本化できない

住宅ローンを、他の借金と一本化できれば返済も楽になるとお考えになるかもしれません。

住宅ローンの金利は、多くの金融機関で年0.5%~3%程度と低めに設定されています。

そのため一般的なおまとめローンで一本化すると、かえって高い金利となってしまいメリットはないといえます。

しかし「ろうきん」や「JA」が提供する住宅ローンは、条件付きでほかのローンとまとめることができます。これから住宅ローンを組む場合は、検討してもよいでしょう。

おまとめローンの返済総額を減らせる「繰り上げ返済」

繰り上げ返済」とは、毎月の決まった返済とは別に、追加で返済を行う方法です。

繰り上げ返済を行うことで完済までの期間を短縮できたり、返済総額を減らせる可能性もあります。

繰り上げ返済のタイミングとして考えられるのは、収入の増加が見込めるときです。

ボーナスや年末調整などの追加収入があったタイミングで、積極的に繰り上げ返済をするとよいでしょう。

借金一本化の4つのデメリット

前述のとおり、おまとめローンによる借金一本化は「借金を返済するために新たに借金をする」ために、デメリットもあります。

借金一本化のおもなデメリットは、以下の4つが挙げられます。

1. 借金の元金は減額はできない

金利の安いおまとめローンへまとめることで、利息の総額が下がることもあります。

しかし、借金の元金そのものが減るわけではありません。金利が下がったとしても、借りた元金に利息が加算されることに変わりはないのです。

元金を減らすためには、のちほど説明する「債務整理」を行うことで実現できる場合があります。

また債務整理を行うことで、払いすぎた利息である「過払い金」を取り戻せる場合もあります。

2. 返済総額が増える可能性がある

前述のとおり、おまとめローンで借金一本化をすると返済総額が増えてしまうこともあります

月々の返済額が減ったとしても、その分完済まで長期化することがあります。

完済まで長期化すれば、借金一本化で金利が下がったとしても、最終的な返済総額は増えてしまうのです。

3. 再び借入れしてしまうリスクが伴う

貸金業者から借金をする場合、年収の3分の1を超えた額を借入れることは原則としてできません。「総量規制」というルールに抵触するからです。

総量規制とは

総量規制とは、借りることのできる額の総額に制限を設けた規制です。貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れはできなくなります。消費者金融などの貸金業者からの借入れについて定めた「貸金業法」で定められており、2010年6月18日から実施されています。

参考:金融庁ウェブサイト

しかし、おまとめローン一定の条件を満たせば総量規制の対象外にあたります。

おまとめローンなどで金利が下がるなど「顧客に一方的に有利となる借換え」の場合は、総量規制の「例外貸付け」となるからです。

参考:日本貸金業協会

おまとめローンで借金の一本化を行えば、それまで利用していた金融機関の借入れがゼロになり、再び借入れが可能になるのです。

その結果、また新たな借金をしてしまうというリスクもあります。

4. おまとめローンは審査が厳しい

一般的に、おまとめローンの審査は厳しい傾向があります

すでに複数社から借金している状況なので、返済ができるのかを慎重に審査されるようです。

一般的には、年収や勤続年数のほかに、借入額や返済履歴など、信用情報機関の「信用情報」を確認されます。

信用情報機関と金融機関の関係

過去に借金滞納があり事故情報が登録されている(いわゆる「ブラックリスト」に載る状態)と、おまとめローンの審査はクリアできないかもしれません。

信用情報機関とは?

ローンやクレジットカードなどの利用者の信用情報を取り扱う機関です。
過剰な貸付けを行わないよう、消費者金融や金融機関、クレジットカード会社などが利用者の信用情報を信用情報機関でチェックしています。

信用情報機関は、

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

の3つがあります。

●信用情報とは?
ローンやクレジットカードなどの利用者の申し込みや契約・利用状況に関する情報(申込内容や契約内容、支払い状況、借入残高など)です。

●事故情報とは?
ローンやクレジットカードの返済や携帯電話・スマホ料金の支払いを滞納したりして、返済に「事故」が生じた場合に登録される情報です。

おまとめローン詐欺には要注意

借金一本化を勧誘する「おまとめローン詐欺」には注意してください。

詐欺の例

「ブラックリストに載っていても審査に通る」などといった甘い言葉で誘っておき、いざ契約しようとすると
「信用調査をするために手数料が必要」
「借金一本化には保険料や保証料が必要」などと送金を要求。
送金後は連絡が途絶え、融資も実行されない。

借金一本化を焦るあまりに、甘い条件に気持ちが傾いてしまう心の隙間に入り込んでくる手口です。

不当な手数料や保証料を請求する場合は、詐欺を疑ったほうがよいでしょう。 くれぐれも注意をしてください。

借金一本化以外に借金を解決する方法「債務整理」

どうしても借金の返済が難しいときは、借金一本化以外の解決方法として「債務整理」があります。

債務整理をすることで利息や元金を減らせる場合もあり、借金の根本的な解決になりうるのです。

以下で、債務整理の特徴やメリットをご紹介します。

元金の減額や全額免除もできる

債務整理には「個人再生」「自己破産」「任意整理」などの方法があります。

「個人再生」は、おまとめローンではできない借金元金の減額も可能です。

「自己破産」は、ほとんどの借金の支払い義務が免除になります。

月々の返済額を減らすことも可能

任意整理」は、貸金業者などの債権者と直接交渉して、利息と遅延損害金のカットを目指します

原則として元本は減額できませんが、利息をカットした元本を分割払い(3~5年程度)で返済することになります。

「個人再生」は、5分の1~10分の1に減らした借金を、3年~5年で分割払いで返済する手続きです

任意整理と個人再生は、どちらも借金総額が減るため、月々の返済額も減ることになります。

おまとめローンと任意整理の比較
おまとめローン 任意整理
利息 減る場合がある カットできる
返済期間 長期化する可能性あり 3〜5年で完済
返済総額 増える可能性あり 総額が減る
ブラックリスト 載らない 載る

一定期間新たな借金はできない

債務整理をすると、信用情報に事故情報が登録(ブラックリストに載る状態)されます。

事故情報の登録期間は任意整理で約5年、個人再生と自己破産は約5~10年です。 その期間は新たにローンを組んだり、クレジットカードをつくることができません。

これらは債務整理のデメリットといわれますが「借金が増えない状態にある」という視点で考えれば、メリットともいえるでしょう。

弁護士などの専門家に相談することで最適な解決方法がわかる

弁護士などの法律の専門家に相談すれば、最適な債務整理の方法を考えてもらえます

「任意整理」「個人再生」「自己破産」などの債務整理にはそれぞれデメリットもあるので、どの方法を選ぶべきかを自分で判断するのは難しいといえます。

しかし、弁護士に相談すれば的確に判断してもらえます。

借金一本化は借金の根本的な解決にはなりませんが、債務整理は最終的な返済総額が減るなど、借金の根本的な解決になりえます。

債務整理のメリット、デメリットについて詳しく知りたい場合も、弁護士や司法書士に相談することで教えてもらうことができます。

【まとめ】借金一本化にはデメリットがある。借金を根本的に解決する債務整理の検討を

おまとめローンによる借金一本化は「借金を返済するために新たに借金をする」ことになり、デメリットがあります。

借金一本化のデメリット
  • 元金の減額はできない
  • 返済総額が増える可能性がある
  • 再び借入れしてしまうリスクが伴う
  • 審査が厳しい

このようなデメリットを回避して、借金を根本的に解決できる方法として「債務整理」があります。

債務整理を行うことで借金の利息や元金を減らせたり、一部を除きすべての借金を免責できる場合もあります

債務整理について詳しく知りたい、依頼したい場合は、まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
関連記事