アイコン

抜出せない借金問題の早期解決策!自力で対処できる方法

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

借金問題から早く抜け出したい
どうやったら借金問題を解決できるの・・・?

借金問題は放っておくと悪化してしまうので、早く解決することが大事です。

どういった方法を取るのが良いかを考えるポイントは、

  • 専門家を頼るなどして抜本的な方法を取った方が解決できるのか
  • 自力で工夫することで借金問題を早く解決できるのか

などの状況に応じて違ってきます。

ご自身の状況を見極める方法や今後の対応を考えるポイントは、借金問題解決のために重要な情報となります。
ここでしっかり確認しておきましょう。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

借金問題で行き詰まっていたら債務整理を検討しよう

既に滞納してしまっているなど借金問題に行き詰って困っている場合は、債務整理を検討しましょう。

すぐに債務整理を検討した方がいいケース

次のような状況の場合は、すぐにでも債務整理を検討したほうがよいでしょう。

  • 多重債務に陥っている
  • 滞納している
  • 借金返済のために借金をしている
  • 年収の3分の1以上の借金がある
  • 元本がなかなか減らない
  • 自転車操業状態にある

このような場合は、既に自力で解決するのが難しい状態にある可能性が高いです。

合法的に問題を解決できるのが債務整理

債務整理は、借金を合法的に減らすことができる手続きです。
主な手続きに、任意整理・個人再生・自己破産があります。

任意整理
一つ一つの借金を業者との交渉によって減らすことができる手続きです。
裁判所を通さない手続きなので準備や手続きが比較的簡易で、3ヵ月ほどで手続きを完了できます。

個人再生
全ての借金を裁判所を通して減額する手続きで、借金の額を5分の1~10分の1程度まで減らすことができます。
住宅ローン特則が利用可能な場合は、住宅に住み続けながら借金を減額できます。
手続きの期間は、おおむね3ヵ月~6ヵ月です。

自己破産

全ての借金を裁判所を通じて減額する手続きで、借金の額をゼロにまですることができる手続きです。
借金をゼロにする代わりに、最低限の生活費を除いては財産を没収される可能性があります。

手続き期間は3ヵ月ほどで終わるケースから数年かかるケースまで様々ですが、9割以上の自己破産は同時廃止・少額管財といった方法で6ヵ月以内で終えています。

債務整理と一緒に過払い金請求もできる

利息制限法上の制限利率を超えて払い過ぎてしまった利息(過払い金)は本来払わなくて良いお金ですので、返してもらうことができます。
債務整理の時に一緒に手続きして返還を請求すると、借金がなくなることになります。またショッピングで残債がある場合は相殺もできます。

過払い金の請求には「引き直し計算」という複雑な計算が必要で、専門家が行わないと不正確になってしまい、業者との交渉がうまく進まない恐れもあります。

借金問題に自力で対処できそうなときの対処法

自分の借金問題は債務整理をすぐ検討しなければならないほどは差し迫っていないという場合は、まずは自力で次のような解決方法を取ってみましょう。

返済状況を把握して利息と元本を確認

毎月の生活費と返済額を把握して、返済状況を確認してみましょう。
チェックするポイントは次の3点です。

 

  • 手取り収入から生活費と返済費を引いても少し余裕があるか
  • 返済額の内訳(利息と元本)を把握しているか
  • 利息の返済に追われずに、元本は順調に減っているか

 

例えば、次のような家計と返済のモデルケースを考えてみましょう。

<Aさん(32歳)の家計の内訳>

収入手取り    25 万円
ボーナス     夏・冬 それぞれ20万円
生活費      15万円(家賃込み)
借入残高     100万円
年利       17%、
月々返済可能額  7万円 1社あたり3万5000円を返済
貯金額      3万円

<Aさんの返済シミュレーション> 

借入額100万円、年利17%、月々3万5,000円を返済

回  月返済額  元本返済額 利息返済額 元本残額
1  3万5000円 2万0834円 1万4166円 97万9166円
2  3万5000円 2万1129円 1万3871円 95万8037円

6  3万5000円 2万2352円 1万2648円 87万0485円

36  3万5000円 3万4088円   912円 3万0356円
37  3万0786円 3万0356円   430円     0円

返済回数合計37回(3年1ヵ月)、返済総額129万786円、利息総額29万786円

なお、利息は、
借入残高×年利率×借入期間(日数/365)
で求められ、これは月々の元本残額にかかります。

シミュレーションで元本の減り具合を見ると、返済6回で元本総額が約10万円減っています。
ボーナスや貯金もできていますので、このように余裕を残しながら元本が順調に減れば問題はありません。

次の場合は返済額の増額ができるかどうかを検討してみましょう。

 

  • 利息の割合が高すぎる
  • 元本が思うように減らない
  • 3~5年かけても完済が見込めない

 

返済額の増額が生活費を圧迫してしまうときには返済が続けられなくなるので、次の方法を検討してください。

返済方法や借入先を見直す

返済の方法が合っていなくて、借金を返しにくい方もいます。
その場合は、

 

  • 繰り上げ返済
  • 借入先の見直し

 

をしてみましょう。

繰り上げ返済を検討する

臨時増額・一時増額など返済を繰り上げてまとめて支払う方法は、借金問題の早期解決として有効です。

先ほどのAさんのモデルケースで、繰り上げ返済をしない場合と、夏・冬それぞれのボーナスの時に5万円ずつ臨時増額した場合を比べてみましょう。

<繰り上げ返済をしない場合>
返済回数合計37回、返済総額129万786円、利息総額29万786円

<夏冬のボーナスで増額した場合>
返済回数合計29回、返済総額122万6111円、利息総額22万6111円

繰り上げ後の返済期間は8回早まり、返済総額は利息の差額分と同額の6万4675円だけ減らすことができます。

より低い金利への借り換えは有効

借入先を、より低い金利に借り換えることも有効です。
金利を下げることができれば、支払い回数を減らし、支払総額も下げることが来ます。

先ほどのAさんの例で、100万円をクレジットカードのキャッシングで年利17%で借り入れしているところから、12.8%の銀行ローンに借り換えたとします。

年利17%のとき  支払回数37回、支払総額129万786円
年利12.8%のとき 支払回数35回、支払総額119万9099円

年利を4.2%下げたことで支払い回数は2回少なくでき、支払総額は9万1687円減額(金利の差額と同額)できました。

複数の借金はおまとめローンを検討

借金がいくつもある場合は、おまとめローンを検討してみましょう。

おまとめローンを選ぶポイント

 

  • 現在より金利を低くできること
  • 月々の返済額を減らせること

 

これらの条件がそろう場合はおまとめローンを検討して良い考えられます。

なお、おまとめローンには次の点で注意が必要です。

 

  • 返済期間が長期化して返済総額が膨らむ可能性がある
  • 借り入れ額を制限する「総量規制」の対象外なので、追加の借入が可能になる場合もある

 

おまとめローンでは借金問題の根本的な早期解決にはならないことを念頭に置いておきましょう。

借金問題の放置は状況を悪化させるだけ

借金問題は放置しておくべきではありません。
放っておくと日を追うごとに事態が悪化していくからです。

滞納で受けるリスク

借金を放置してしまう滞納で受けるリスクを時系列で見てみましょう。

 

  • 滞納初日

 

カードの利用できなくなり、遅延損害金が発生する

 

  • 滞納から約2週間

 

督促が始まる

 

  • 滞納から2ヵ月

 

カードの強制解約・一括請求・ブラックリスト入り

 

  • 滞納から2~3ヵ月

 

訴訟提起や支払督促をされる。その後、状況次第では差押えがなされる。

差押えは、家や車の他、銀行口座が凍結される可能性 もあります。
このように、放置してしまうと生活上の不便は深刻さが増していくのです。

専門家への相談でリスク回避も可能

滞納から生じるリスクは、弁護士や司法書士といった専門家に相談すると回避または軽減できます。

専門家に依頼をすると得られる効果

 

  • 専門家に依頼をすればすぐに業者からの督促が止まる
  • 専門家の事務所で書類を用意するなどして、迅速に手続きを代行してくれる
  • 借金問題の状況に適した債務整理のアドバイスがもらえる
  • 借金問題を家族にも知られたくない場合、配慮してもらうことができる

 

専門家への相談からヒントが得られることも多いものです。
気軽に無料で相談できる事務所もありますので、一度相談してみましょう。

まとめ

借金問題を放っておくと事態が悪化してしまいますので、早めに対処する必要があります。

現状が深刻な場合は、借金を減らして抜本的に解決できる債務整理が有効です
自力で対処できそうなときは、繰り上げ返済や借入先の見直しを検討してみてください。

借金問題は専門家に相談すると心強いです。
経験豊富な専門家は、借金問題だけでなく、借金をした人がどうしたら生活再建がしやすいかという観点からもアドバイスをくれます。

状況に応じた方法で早期解決を図れますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
関連記事