アイコン

自転車操業の危険性と早期解決のポイントを解説

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

自転車操業で借金が膨らんでしまった……

借金の支払いが厳しくなってくると、ついやってしまいがちなのが借金で借金を返す自転車操業です。

支払期日を守ることは確かに大切ですが、そのまま自転車操業を続けていると借金から抜け出せなくなってしまうかもしれませんので、早期対応が不可欠です。

そこでこちらの記事では、

  • 自転車操業の可能性が大きい人
  • 借金の自転車操業が危険な理由
  • 自転車操業から抜け出す方法
  • などについて解説します。

    【弁護士法人・響に依頼するメリット】

    • 最短即日!返済ストップ
    • 相談実績12万件以上!
    • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
    • 相談は何度でも無料

    自転車操業とはどんな状態のこと?

    「自転車操業」と聞くと「経営が思わしくない零細企業」をイメージするかもしれませんが、借金の返済状況についても使われることがあります。

    自転車操業は借金から抜け出せなくなる危険信号なので甘く見てはいけません。 まずは自転車操業がどんなものなのかを解説します。

    自転車操業とは?

    自転車操業とは、返済の困難な借金のために、別な会社からの借金で返済をして充当する、ということを繰り返すことです。

    借金をしては支払いに充て、翌月にまた借金をしては支払いをするという操業を続ける会社を、こぎ続けなければ倒れてしまう自転車の姿に例えた表現です。 会社経営だけではなく、借金を返済する個人に対しても同じ意味で使われています。

    自転車操業は多重債務のはじまり!?

    関連した言葉に多重債務というものがあります。

    多重債務とは、複数の金融業者から借金(債務)を抱えている状況のことです。 自転車操業を始めると、すぐに2社目、3社目と、複数の会社から借金をすることになるケースが多く、自転車操業と多重債務とは密接な関係にあります。
    多重債務は借金地獄の代名詞とも言えるもので、自力で抜け出すのは難しく、財務省や多くの民間機関などでも注意喚起がされているほどです。

    自転車操業が疑われる4つのケース

    自転車操業は具体的に次のような状況を指します。
    思い当たる節があったらすぐに解決に向けて対応してください。

    ケース1

    毎月の給料日と同時に3万円を返済しているが、次の給料日までお金が持たず、生活費や友達付き合いなどで必要なお金を同じ金融業者から借りている。

    ケース2

    利用限度額いっぱいまで使っている状態のカードがあり、毎月2万円のリボ払いをしている。 リボ払いで返済して利用可能枠ができてもすぐにショッピングのクレジット払いで限度額に達してしまい、また使えなくなってしまう。

    ケース3

    給料だけではリボ払いの返済が足りなくなり、一度だけのつもりで他の金融業者から1万円借りて返済した。

    節約すればすぐに返せると思っていたが、思いのほか節約がうまくいかず、翌月も1万円の借金。
    他社から借りてリボ払いをすることが次第に当たり前になり、借りる金額も少しずつ増えている。

    ケース4

    給料だけでは金融業者A社の借金返済がほとんどできなくなり、他の金融業者B社から借りて返済している。
    同じように、B社の支払いにはまた別のC社から、C社の支払いにはA社からの借金、といったようにぐるぐる回して支払っている状況。

    たまに生活費のために少しだけ増額して借りることもある。

    ケース1~4のうちどれか1つでも思い当たる項目があったら、自転車操業になっているか、その兆候があると言えます。

    自転車操業を続けてはいけない4つの理由

    自転車操業を続けていると、次のような理由で借金問題が解決できる可能性は低くなっていきますので、早く抜け出す必要があります。

    返済を先延ばししているに過ぎない

    自転車操業は、借金の返済を先延ばししているに過ぎません。
    A社に返済して元金が減らせても、返済のための金額をB社から借りていたら借金総額は変わらないままで、いずれは返済しなければならなくなります。

    自転車操業は思いのほか簡単にできてしまうため、つい気がゆるんでさらに借金を重ねてしまうことも少なくありませんが、借金がなくなったわけではないのです。

    返済額が増えてしまうことが珍しくない

    他社から借金しても同額を返済しているのだから、借金総額は変わらない
    と考える人が多いようですが、その考え方は危険です。

    実際には返済総額が増えている場合があります。

    借金返済のために他の金融業者から借金をすると、他の金融業者から借りずに自力で返済していれば発生しなかったはずの新たな利息が発生します。
    翌月、翌々月も借金のための借金を続けて自転車操業を始めると、毎月新しい利息が上乗せされて借金総額が増えてしまうのです。

    借金の状況が把握できなくなる

    自転車操業をしていると、借金の状況が把握しづらくなります。
    複数の金融業者に借金をしていると、その分だけ毎月の支払い件数が増えるので、口座引き落としや利用明細のチェックも難しくなり、借金総額や利息がわかりにくくなるのです。

    借金問題の基本は収支のバランスを管理することなので、状況把握ができなくなると計画的な返済できなくなってしまうでしょう。

    借り入れできなくなる可能性がある

    自転車操業に慣れてしまうと、借金総額は減らないばかりか、むしろ増えていくケースが多々あります。
    こうなると、次の2つの理由で、自転車操業ですらもいずれできなくなってしまいます。

  • 総量規制
  • 個人が借りられる借金総額に対する規制で、本人の年収3分の1を超える借金はできないとされています。 複数の金融業者から借金をしている場合は総額で見られるので、少しずつでも借金が膨らんでいくといずれ新たな借金ができなくなります。

  • 金融業者からの審査
  • 金融業者によっては、複数社に借金がある状況によっては審査で落とされることがあります。
    すでに自転車操業をしていて返済能力がない
    近々返済できなくなるのではないか
    などと判断されるからです。

    自転車操業が行き詰まれば滞納が避けられなくなり、最終的には裁判や給料の差し押さえをされるでしょう
    そうなる前に、早めに対処しておかなければなりません。

    自転車操業から早く抜け出す方法

    自転車操業を続けていても行き詰ることは目に見えています。
    そうなる前に、できるだけのことをして自転車操業から抜け出さなければなりません。

    収支を見直す

    まずは収支の見直しをしましょう。
    収入以上にお金を使わないことは借金解決のための基本です。

  • 家賃や公共料金などの固定費
  • 食事や日用品といった生活費
  • 趣味や遊ぶお金といった遊興費
  • など、使ったお金は領収書やメモなどでリスト化しましょう。

    そうして可視化することで、無駄な出費が自然と抑えられ、計画的な返済ができるようになります。

    おまとめローンを利用する

    おまとめローンとは、複数の金融業者から借金をしている場合に、借金総額を新たに借りてすべて返済し、1つの金融機関に絞って(借金の一本化)返済していく金融サービスです。

    借金を管理しやすくなる上に、金利が低くなって利息が安くなる可能性もあります。

    一方で次の点には注意が必要です。

  • 高額の借入となるので申込み時の審査が厳しくなる
  • 月々の支払い額を減らせるので完済が長引く
  • 完済が長引くので結局利息も高くなる
  • 債務整理を検討する

    債務整理の手続きを取ることも検討しましょう。

    債務整理は、借金を減額・免除し、返済期間を伸ばして計画的に負担なく返済していくための手続きです。
    法律に基づいて整えられているので借金問題の解決には最適で、返済に困っている人の多くが利用しています。

    債務整理には次の3つの種類があります。

    【任意整理】
    利息や遅延損害金を免除してもらい、元金だけを3~5年かけて返済します。
    利息が免除されれば返済できるくらいの収入がある人に向いています。
    最も簡単で早く手続きが終わるので、多くの人が最初に検討する債務整理です。

    【個人再生】
    100万円を最少額として、借金を5分の1まで減額し、3~5年かけて返済します。
    100~300万円程度まで大幅に減額されれば返済できるという人に向いています。

    【自己破産】
    借金を全額帳消しにしてもらいます。
    裁判所に認めてもらうまでの手間が非常に大変で、借金の返済が見込めないほど収入が不足している人が最終的に取る手段と言えます。

    苦しい借金問題は早期対応で早期解決しよう

    借金返済の先延ばしは、悩みを長引かせるだけではなく、現実的にも解決が難しくなっていくので、早めに対応しておきましょう。

    借金解決のカギは早期対応

    借金の解決は早期対応が肝心です。
    長引かせるほど利息は高くなりますし、まして自転車操業で先延ばしにしていると、借金はだんだんと膨れていく危険性があります。

    特に、滞納してしまった場合は迅速な対応が必要です。
    滞納したままにしておくと金融業者からの督促が始まり、残額の一括請求をされ、最終的には裁判となって給料や財産を差し押さえられてしまうリスクが高まります。

    事態が深刻になるほど対応も難しくなるので、早く手を打つに越したことはありません。

    専門家の知恵を使えば速やかな解決も可能

    債務整理は煩雑な手続きや書類の整備にとても手間がかかりますが、専門家の知恵や経験を借りることで速やかな解決が可能です。
    金融業者との減額交渉や手続きの代行などもしてくれるので、労力や時間の負担が大きく軽減できます。

    また、専門家に依頼すると、金融業者に受任通知が送られて、借金の督促をストップすることができます。
    精神的な負担が軽くなり、冷静に返済計画を立てられるでしょう。

    迷ったときは弁護士に頼ると心強い

    自転車操業や借金の対処で迷ったら、幅広く問題に対応できる弁護士に頼ることをおすすめします。 借金の解決策は債務整理だけとは限りませんし、債務整理の手続き過程で法律上のトラブルが関わってくる可能性もあります。

    弁護士には借金関連だけではなく、他の法律問題でも豊富な知識や実績があるため、依頼者に最も適した解決策を速やかに提案してくれます。
    個人的なことや細かなことでも、借金に関する悩みがあったら気軽に相談してみるといいでしょう。

    まとめ

    自転車操業は、目の前の問題を先延ばししているだけで、いずれ行き詰まる可能性が高いです。
    借金の問題は長引かせるほど解決が難しくなっていくため、早期に対応する必要があります。

    自転車操業から抜け出すためには、債務整理が有効です。 借金問題では債務整理以外の法律が関わってくることも多いので、あらゆる側面から柔軟に対応できる弁護士に依頼するといいでしょう。

    借金の悩みは無料で相談に乗ってくれるので、まずは自転車操業である現在の状況だけでも気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

    【弁護士法人・響に依頼するメリット】

    • 最短即日!返済ストップ
    • 相談実績12万件以上!
    • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
    • 相談は何度でも無料
    関連記事