アイコン

クレジットカードのリボ払いが利用できない?原因と解決方法

島村 海利
監修者:弁護士法人・響 弁護士
島村 海利
  • 弁護士会所属:第二東京弁護士会 第52828
  • 出身地:高知県
  • 出身大学:香川大学法学部卒 九州大学法科大学院卒
  • 保有資格:弁護士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • コメント:人に対する温かいまなざしを持ち、ご依頼者の話をよく聞き、ご依頼者様に寄り添える弁護士になれるよう日々努めています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

クレジットカードでリボ払いが利用できない…。何が原因?
どうしたらリボ払いが利用できる?解決できる方法を知りたい

クレジットカードで買い物をする際に、リボ払いを選択・利用できない場合があります。

例えば、クレジットカードの利用可能枠・割賦枠を超えているとリボ払いは利用できません。

また、店舗によってはリボ払いが選択できないことがあるのです。

リボ払いが利用できない状況を解消して、リボ払いが利用できるようになるにはどうすればよいのでしょうか?

わかりやすく解説していきます。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

リボ払いが利用できない…原因はなに?

「クレジットカードでリボ払いを利用したいけど、利用できない」というケースがあります。

その原因は何なのか、解説しましょう。

クレジットカードの利用可能枠・割賦枠を超えている

リボ払いは好きなだけ利用できるわけではありません。

クレジットカードには「総額でいくらまで使えるか」を示す「利用可能枠」が設定されています。

クレジットカード会社によって「利用限度額」「限度額」「利用枠」と呼ばれることもあります。

利用可能枠には、主に次の2種類があります。

ショッピング枠
クレジットカードでショッピングに使える枠の上限
割賦(かっぷ)枠
ショッピング枠のうち、リボ払いや分割払い(支払回数が指定できる返済方法)などで利用できる枠の上限。リボ払いが利用できるのは割賦枠に当てはまる

リボ払いが利用できなくなっているのは、すでに利用可能枠・割賦枠を超えている可能性があります

設定されている「利用可能枠」「割賦枠」は、クレジットカードが郵送されてきた際に同封されているカード台紙や、カード会員専用のWebサイトに記載されています。

なお、カード会員専用のWebサイトでは、自分の利用残高も確認できます。この機会に確認しておきましょう。

店舗によってはリボ払いが利用できない場合もある

クレジットカードの返済方法には「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」「分割払い」「リボ払い」などがあります。

ただ、利用する店舗によっては、クレジットカード会社とリボ払いの利用契約を結んでいないことがあります。

リボ払いの利用契約がない場合は、その店舗ではリボ払いは利用できません

クレジットカードの買い物でリボ払いを検討しているのなら、あらかじめリボ払いが利用できるか、利用する店舗やクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

分割払いや年会費など「あとからリボ払い」にできない場合もある

あとからリボ払い」は「利用後変更型リボ払い」ともいわれています。クレジットカード利用の後にリボ払いに変更する方法をいいます。

ただ、リボ払いへ変更できるのは、一定の期間のみに限られています。

変更期間はカード会員専用のWebサイトで確認できます。事前にいつまでリボ払いに変更できるのか、確認しておくようにしましょう。

また、リボ払いができない利用料金もあるので注意が必要です。

分割払い(3回払い以上)の買い物代金や年会費などは、リボ払いへ変更できません

リボ払いが利用できないときの対処方法は?

利用できないリボ払いを利用できるようにする方法はあるのでしょうか?

リボ払いが利用できないときの対処方法を紹介しましょう。

「繰り上げ返済」「一括返済」をして割賦枠を空ける

リボ払いを使えるようにするためには「割賦枠(かっぷわく)」を空ける必要があります。
そのための方法として、「繰り上げ返済」や「一括返済」があります。

「繰り上げ返済」とは
月々の返済とは別に、利用残高の一部を返済する方法。 繰り上げ返済をすると、利用残高の一部が減り割賦枠に一部空きができるため、リボ払いの利用が可能となる
「一括返済」とは
クレジットカードの利用残高を全額、一度に返す方法。 一括返済をすれば、利用残高がゼロになるので、割賦枠の全額に空きができるので、リボ払いの利用が可能となる

繰り上げ返済も一括返済も、クレジットカード会社専用のATMや銀行のATMへ出向いて手続をするのが一般的ですが、返済の手続方法はクレジットカード会社によって違います。

どのような方法があるのか、コールセンターに電話をして確認してみましょう。

利用可能枠・割賦枠を継続的に引き上げて、利用できる額を増やす

クレジットカードの利用可能枠や割賦枠を引き上げて、利用できる金額を増やす方法もあります。

利用可能枠・割賦枠を継続的または一時的に引き上げたい場合は、電話もしくはカード会員専用のWebサイトからクレジットカード会社に申し込みます。

利用可能枠と割賦枠では、申込方法が異なる場合がありますので、クレジットカード会社の指示に従って手続を進めていきましょう。

利用可能枠を引き上げられると同時に、割賦枠も引き上げられる場合もあります。

ただし、利用可能枠・割賦枠の引き上げを申し込むと、クレジットカード会社による審査を受ける必要があります。審査日数は数日から数週間程度かかります。

審査結果によっては、利用可能枠・割賦枠の引き上げができない場合もあります

利用可能枠・割賦枠の金額は、個人の利用状況や返済状況、年収なども影響します。

特に、クレジットカード申し込み時より年収が下がっている場合には、利用可能枠・割賦枠の引き上げは難しいことがあります。

クレジットカード会社によっては「入会後6ヶ月以内の場合は申請を受けられない」といったように、引き上げの条件が定められているケースもあります。

あらかじめ条件を確認しておくとよいでしょう。

リボ払いを使える店を選ぶ

リボ払いの利用が可能なお店を選べば、リボ払いを利用することができます。

自分がよくクレジットカードで買い物をしているお店はリボ払いが利用できるのか、クレジットカード会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

1回払いで買った後に返済方法を「あとからリボ払い」に変更する

店頭などでリボ払いが使えなかった場合は、とりあえず1回払いで買っておき、その後「あとからリボ払い」に変更すればリボ払いが利用できます。

クレジットカードで1回払いや2回払い、ボーナス払いで買い物をした場合、カード会員専用のWebサイトや電話で申し込むことで、あとからリボ払いに変更できます。

ただし、利用可能枠・割賦枠が残っていなければ、当然クレジットカードそのものを使うことはできませんので注意してください。

「自動リボ払い」に登録する

リボ払いを使いたい場合は、クレジットカードで買い物をする前に「自動リボ払い」を登録しておく方法もあります。

自動リボ払いとは「自動リボ」や「事前登録型リボ払い」とも呼ばれており、事前に自分で毎月の支払額を指定しておき、指定金額を超えた分は翌月以降にリボ払いになる支払い方法です。

自動リボ払いだと、一括払いで利用した場合でもリボ払いになりますので、クレジットカードを使う都度、お店でリボ払いの指定をしなくてもすみます。

自動リボ払いを利用したい場合は、クレジットカード会社に事前に登録の手続を行いますが、クレジットカード会社によっては、カード入会時に初期設定として自動リボ払いになるところもあります。

クレジットカード会社に問い合わせる

リボ払いを利用したいけどリボ払いに変更できない場合には、クレジットカード会社に問い合わせ、なぜリボ払いが利用できないのか問い合わせてみましょう。

クレジットカード会社への問い合わせは、電話問い合わせる方法と、カード会員専用のWebサイトにて問い合わせるする方法があります。

詳細についてもっと具体的に知りたい、急いでいるような場合には、電話で問い合わせるのがよいでしょう。

自分がリボ払いを利用できることがわかったら、どのようにすれば利用できるのかを教えてもらい、手続を進めていきましょう。

〈リボ払い変更の手続方法〉
カードの種類 手続方法
アメリカン・エキスプレス ●「あとリボ」へ変更
会員専用Webサービス「オンライン・サービス」にログインして、あとリボへの変更を選択
●「自動リボ」へ変更
会員専用Webサービス「オンライン・サービス」にログインして、自動リボへの変更・設定金額を選択
イオンカード ●イオンスクエアメンバーは会員専用Webサービス「MyPageにログインしての変更の手続を行う(メンバー以外は新規メンバー登録が必要)

●イオンカードには3つのリボ払いがある
明細指定リボ:利用明細の1件単位で指定
期間指定リボ:1ヶ月単位で期間を指定
全リボ:その後の支払い全てリボ払いにする
セゾンカード ●あとリボ払いの変更は会員専用Webサービス「Netアンサー」にログインして手続を行う。もしくは電話にて手続が可能
【問い合わせ先】0120-24-8376(24時間・年中無休)

●セゾンカードには2つのリボ払いがある
利用分を選んで「リボ」(未確定分):利用明細の中から任意にリボ払いに変更できる
請求分をまとめて「リボ」(請求確定分):対象月の請求分をまとめて、リボ払いに変更できる
ヤフーカード ●カード会員サービスメニューへログイン後、手続きが可能

●ヤフーカードには2つのリボ払いがある
まるごとフラットリボ:毎月の支払金額をフラットに調整
これだけスキップリボ:指定分の支払金額を一部または全部スキップ
楽天カード ●「あとからリボ払い」「自動リボ払い」への変更は、会員専用Webサービス「楽天e-NAVI」から手続が可能

リボ払いができない原因を解消しても、利用には注意が必要

クレジットカードのリボ払いが利用できない原因を解消して、リボ払いが利用できるようになったとしても、リボ払いには注意が必要です。

リボ払いの注意点やデメリットについて解説していきます。

手数料は、分割払いより高いことが多い

クレジットカードでリボ払いを選択・利用した場合には、利用残高に応じて、各クレジットカード会社が定める「手数料(金利)」を支払わなければなりません。

返済するときには、月々の返済額は元金に手数料も含まれます。

リボ払いの手数料は、分割払いの手数料と比べてどれだけ違うのでしょうか?下の表にまとめてみました。

〈主なクレジットカードの手数料を比較〉
カードの種類 リボ払い
(実質年率)
分割払い
(実質年率)
アメリカン・エキスプレス 14.90% 12.25~15.00%(※1)
イオンカード 15.00% 10.05~12.42%
セゾンカード 15.00% 10.30~12.70%(※2)
ヤフーカード 18.00% 12.19~14.95%
楽天カード 15.00% 12.25~15.00%

※1:MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードの場合
※2:ヤマダLABI ANA マイレージカード セゾン・アメリカン・エクスプレスの場合。一部のカードのみ特定の店舗にて分割払いを利用できる

リボ払いの手数料は、実質年率15.0%で設定しているクレジットカードが多いです。

※クレジットカードの種類やステータスによっては、実質年率が低くく優遇されることもあります。

一方の分割払いの手数料については、分割回数によって変動しますが、実質年率は10.0~15.0%ほどで設定されることが多いです。

一般的に見て、リボ払いの手数料のほうが分割払いの手数料よりも高い傾向にあります。

利用残高が把握しづらく、支払総額が増えがちになる

リボ払いでは、例えば「月々1万円ずつ」というように、毎月一定の金額のみを返済し続けます。

ただし、毎月の返済額が変わらない中で、返済期間中にクレジットカードで複数回買い物を繰り返していくと、リボ払いの利用残高は増えていき、支払総額も膨れ上がっていきます。

そして、だんだん利用残高そのものも把握しづらくなっていきます。

利用残高50万円、実質年率15.0%という条件で、リボ払いと分割払いの支払総額を比較してみました。

〈リボ払いと分割払いの支払総額を比較〉
返済方法 支払総額 うち手数料額
リボ払い 658,290円 158,290円
分割払い 580,920円 80,920円
その差は? 77,370円 77,370円

※リボ払い、分割払いはともに、リボ払い利用残高50万円、手数料は実質年率15.0%の場合
※リボ払い:元金定額方式、毎月の返済額1万円の場合
※分割払い:元金定額方式、24回払いの場合

リボ払いの支払総額は658,290円なのに対し、分割払いの支払済額は580,920円です。

リボ払いのほうが、分割払いより支払総額が77,370円も多いことがわかります。

返済期間が延びがちになる

リボ払いの場合、返済当初は毎月の返済額のうち、手数料の割合が多く、元金の割合が少ないため、元金が減りづらい状況が続きます。

元金がなかなか減らないと、返済期間(返済回数)は延びていきます。

返済が長期化すると、完済まで時間がかかってしまうのです。

利用残高50万円、実質年率15.0%という条件で、リボ払いと分割払いの返済回数(期間)を比較してみました。

〈リボ払いと分割払いの返済回数を比較〉
返済方法 返済回数(期間)
リボ払い 50回(4年2ヶ月)
分割払い 24回(2年)
その差は? 26回(2年2ヶ月)

※リボ払い、分割払いはともにリボ払い利用残高50万円、手数料は実質年率15.0%の場合
※リボ払い:元金定額方式、毎月の返済額1万円の場合
※分割払い:元金定額方式、24回払いの場合

リボ払いの返済回数は50回(4年2ヶ月)かかりますが、一方、分割払いの返済回数は24回(2年)になります。

つまり、リボ払いのほうが分割払いよりも返済回数が26回(2年2ヶ月)も多いことがわかりました。

返済期間が長くなるほど、支払わなければならない手数料が増えることを忘れてはなりません。

【まとめ】リボ払いができない理由だけではなく、デメリットと上手な使い方を理解して使おう

先に述べたように、リボ払いを利用できない原因はさまざまですが、利用できない原因は解決できる場合があります。

そのためには、クレジットカード会社に連絡し、何が問題なのかを確認することが必要です。

リボ払いを利用できない原因を解決できれば、リボ払いを上手に使いながら買い物ができるようになります。

ただし、リボ払いには「手数料がかかる」「利用残高が把握しづらく、支払総額が増えがち」「返済期間が延びがち」といったデメリット・注意点があります。

こういったリボ払いの仕組みや特徴などを理解して、クレジットカードを上手に使いましょう

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
関連記事