アイコン

終わらないリボ払いは危険?自転車操業になりやすい理由

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

リボ払いの返済、いつまで経っても終わらず自転車操業に…なぜ?
リボ払いの自転車操業、解決方法はあるの?

毎月の支払額を一定にできる「リボ払い」は、便利な仕組みです。

「毎月1万円ずつなら返済しやすい」などと思い、クレジットカードの買い物をリボ払いで返済することもあるでしょう。
また、多くのカードローンの返済方式ではリボ払いが採用されています。

しかし、リボ払いは便利なばかりではありません。
リボ払いは、お金を返済し続けてもなかなか元金が減らない「自転車操業」に陥る危険もあるのです。

なぜリボ払いは返済がなかなか終わらないのでしょうか。
どのような解決方法があるのでしょうか。

わかりやすく解説していきます。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

そもそも「自転車操業」とはどんな状況?

自転車操業とは「資金の借り入れと返済をかろうじて繰り返し続けること」をいいます。

いったんお金を返しても、その月に使えるお金が少なくなってしまい、すぐにまたお金を借りなくては家計が成り立たない。
お金を返すために、別のところからお金を借りる。そんな危険な状態です。

「まさか自分がそんな状況になるわけがない」と思うかもしれませんが、油断は禁物です。

特に注意したいのが「リボ払い」です。
リボ払いを利用していると、自転車操業に陥りやすいとされているのです。

具体的にはどんなケースで起こり得るのでしょうか?

自転車操業になりやすい、リボ払いの2つのケース

まずはリボ払いについて正しく理解しましょう。

リボ払いとは、利用した件数や金額にかかわらず、毎月の返済額が一定の金額になる支払方法です。
リボ払いでは、返済回数(返済期間)を自分で指定することはできません。

リボ払いが利用されるのは、主に2つのケースです。

1.クレジットカードによるショッピングリボ払い

クレジットカードによるショッピングでリボ払いにすると、いくら買い物をしても、何度買い物をしても、毎月の返済額が一定額に固定されたままです。

しかし利用残高が増えるほど返済回数は増え、それにともない手数料(利息)もかさんでいきます。

2.キャッシングやカードローンの返済(キャッシングリボ払い)

キャッシングやカードローンの返済も、一定額を毎月返済し続けます。

仕組みは、クレジットカードによるショッピングでのリボ払いと同様の「キャッシングリボ払い」です。

リボ払いが自転車操業になりやすい「3つの理由」

なぜリボ払いだと自動車操業に陥りやすいのでしょうか? 
その理由は、次の3つが挙げられます。

1.元金がなかなか減らない仕組みになっている

リボ払いには「毎月1万円を支払う」というように毎月の返済額を一定にできるので、月々の返済負担が軽くなります。

しかし、リボ払いでは返済当初だと、支払う利息の割合が高く元本の割合が低いため、なかなか元金が減らない仕組みといえます。

60万円の買い物の返済で毎月1万円ずつ返済する場合、仮に「利息なし」だった場合と、「リボ払い」の返済回数を比較してみます。

返済回数比較 元金60万円・毎月1万円ずつ返済する場合
  • 「利息なし」の場合
  • 返済回数=60回(5年)
  • 「リボ払い」の場合」
  • (手数料実質年率:15.0%、元利定額方式)
    返済回数=112回(9年4ヶ月)

「利息なし」より「リボ払い」のほうが、支払回数は1.8倍も多くなります。

リボ払いで毎月1万円ずつ返済する場合、第1回目の返済で元金に充てる金額は2,500円と少ないことがわかります。(下表参照)

このように、リボ払いは元金がなかなか減らず、返済が長期化しやすい仕組みといえるのです。

〈元金と手数料の変化 元金60万円・毎月1万円ずつ返済する場合〉

返済回数 毎月の返済額 元金 手数料 利用残高
1回 10,000 2,500 7,500 597,500
2回 10,000 2,532 7,468 594,968
3回 10,000 2,563 7,437 592,405
58回 10,000 5,076 4,924 388,864
59回 10,000 5,140 4,860 383,724
60回 10,000 5,204 4,796 378,520
110回 10,000 9,685 315 15,580
111回 10,000 9,806 194 5,774
112回 5,846 5,774 72 0

手数料(金利)の実質年率15.0%・元利定額方式の場合(単位:円)

2.利息が多くなり、返済総額が増える

一般的にクレジットカードやカードローンのリボ払いの金利は、実質年率15.0%前後です。利息の額もふくらんでいくと、返済総額も雪だるま式に増えていきます。

例えば、クレジットカードの利用残高が50万円の場合、リボ払い(実質年率:15.0%、元利定額方式)で毎月1万円ずつ返済すると、下の表のように返済総額は約79万円にも増えてしまうのです。

〈残高による利息・返済総額の変化 毎月1万円ずつ返済する場合〉

利用残高 10万円 30万円 50万円
返済回数 11回 38回 79回
手数料総額 7,497円 7万8,331円 28万9,501円
返済総額 10万7,497円 37万8,331円 78万9,501円

手数料(金利)の実質年率15.0%・元利定額方式の場合

3.利用残高を把握しにくい

リボ払いなら、いくら買い物をしても、何度買い物をしても、毎月の支払いは一定額です。
例えば、毎月の返済額を1万円に設定したら、利用残高が増えても月々支払うのは1万円のままです。

「毎日の返済額が1万円だから大丈夫」と思いクレジットカードで買い物を続けていると、次第に利用残高が把握しにくくなっていきます
気づいたときは利用限度額に達するまで、残高がふくらんでいたということもあり得ます。

リボ払いによる自転車操業で起こる、2つの危険事態

リボ払いによる自転車操業が続くと、どのような危ない状況に陥ってしまうのでしょうか?起こり得る2つの危険事態について説明します。

1.利用限度額に達すると、新規利用・借入ができなくなる

クレジットカードやカードローンを利用する場合、利用者ごとに「これ以上、利用・借入ができない」という利用限度額が定められています。

リボ払いにより利用金額が増え続けて、やがて利用限度額に達すると、新規の利用・借入ができなくなります

2.利用の解約や一括請求のおそれもある

リボ払いの自転車操業が追いつかなくなり返済資金のやりくりができず、滞納するようになるといよいよ危険です。

まず、遅延損害金(借金の返済が滞った際の損害賠償金)を請求されます。
約2ヶ月滞納が続くと、クレジットカードやカードローンの利用停止に始まり、やがては強制解約のリスクも生じます。

さらに、利用残高の一括請求のおそれもあります。

「このままでは返済できない…」リボ払いの3つの解決方法

リボ払いによる返済が苦しくなり、自転車操業はもう限界…。
そんな状況を解決する方法はあるのでしょうか? 3つの方法を紹介しましょう。

1.家計を見直し支出を減らす

基本的な方法ですが、すぐに家計を見直して、毎月の支出を徹底的に抑えることが先決です。こうして節約した分を返済に回します。

まずは利用残高と毎月の返済額を把握したうえで、毎月の返済額を無理なくねん出できるように削れる支出がないか、チェックします。

家計の支出には「変動費」と「固定費」の2種類がありますが、ここでは固定費を抑えることを優先しましょう。

変動費とは、食費や被服費、日用品費など、支払う額が毎月変わる費用のことです。
これを削ろうと思うと、日頃のやりくりが面倒ですし、苦労の割には大きな節約効果が望めません。

一方、固定費とは、毎月一定額支払っている費用のことです。
家賃や通信費、自動車のランニングコスト(駐車場代、税金、保険など)、保険料などが挙げられます。

固定費は一度見直してしまえば、その後も節約効果が続きます

固定費の見直し例
家賃(住宅ローン) 家賃が安い賃貸物件へ引っ越す
住宅ローンを借り換える
通信費 大手キャリアから格安スマホへ乗り換える
固定電話が必要かどうか検討する
生命保険 必要のない保障や特約を解約
光熱費 より安いプランに契約変更
自動車関連費 車を手放してカーシェアや公共交通機関を利用
新聞代 毎日読まないならネットニュースで代用

まずは固定費を節約して、返済に回すことを検討してみるとよいでしょう。

2.「おまとめローン」で返済を一本化する

「おまとめローン」とは、簡単にいうと「借入先を1つにまとめる」ローンです。

金融機関などから借りたした資金で、リボ払いなどで生じた複数の支払い先へ一括で返済することで、返済窓口を一本化できます。

おまとめローンで返済をまとめると、毎月の返済日が1回になるため、返済手続きを忘れにくく、返済の手間も軽減されます。

ただし、おまとめローンには、返済が長期化するなどしてかえって返済総額が増えるおそれがあります。

おまとめローンの商品によっては、追加の借り入れができないものもあります。

また、元の借入れに過払い金が発生していた場合におまとめローンへ借り換えると、過払い金の返還機会を失う可能性もあります。

このような理由から、おまとめローンの利用には十分注意することが大切です。

3.どうしても返済できない場合は「債務整理」を利用する

「自転車操業も限界…。どうしても返済できない」。
そんなときは「債務整理」という方法も1つの選択肢です。

債務整理とは、クレジットカードやカードローンの利用残高の完済を目指すために、返済額を減額・免除する合法的手段の一つです。

ひと口に債務整理といっても、「任意整理」と「自己破産」などがあります。

比較的返済額が少ない場合は「任意整理」を検討

「任意整理」とは、裁判所などの公的機関を通さず、債権者(クレジットカード会社、金融機関など)との交渉により債務を整理することです。
比較的返済額が少ない場合などに向いています。

債務者(借りた側)の支払い能力に応じて、将来利息をカットし返済総額を減額できる可能性があります。減額した額を3年~5年程度の分割返済で支払う方法がとられます。

債権者との交渉能力が問われることが多いため、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

詳細は 「任意整理とは?」を参照

返済不能の状況に陥っている場合は「自己破産」を検討

「自己破産」は、債務者が返済不能の状況に陥っている場合に、地方裁判所を通して行う債務整理の方法です。

債務者が破産手続開始の申立を地方裁判所に行い、破産手続開始決定を経て、免責の決定(債務の免除)の決定を得れば、すべての返済義務はなくなります

自己破産の場合は、弁護士に依頼するケースが多いようです。

詳細は「自己破産とは?」を参照

債務整理を依頼するなら誰がいい?

債務整理を検討する場合は、債務整理に精通している法律の専門家に相談するのがよいでしょう。
一般的には弁護士や司法書士に依頼することが多いため、まずは相談してしましょう。

下記の相談先に問い合わせれば、相談料は原則無料です。どうしても返済が厳しいときの頼りになりますよ。

各都道府県の弁護士会の法律相談センター

弁護士会の法律相談は有料(30分で5,000円程度が一般的)ですが、債務・返済にまつわる相談は原則、無料です。

日本司法支援センター(愛称「法テラス」)

法テラスでは、法的トラブルにあった経済的な余裕がない人に対して、無料の法律相談や、弁護士・司法書士費用などの立て替えを行っています。

また、一般に弁護士・司法書士事務所に依頼するより、法テラスを利用するほうが費用を抑えられます

ただし、法テラスには「専門家との契約までに時間がかかる」「担当の専門家が選べない」といったデメリットもあります。

詳細は「法テラスで債務整理する方法|費用面のメリットと手続きに伴うリスク」を参照

【まとめ】返済の自転車操業から抜け出せないなら、弁護士や司法書士に相談を

クレジットカードやカードローンの支払いがもとで自転車操業に陥るのは、リボ払いを選択していることが原因である場合が少なくありません。

そのまま自転車操業を続けてもよいことはありません。リスクを避けるためにも、毎月の支出を見直し、ムダな支出があれば削減する、といった家計の見直しも検討しましょう。

それでも自転車操業から抜け出せず、どうしても返済ができない状況になったら、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼し、債務整理で解決する選択肢も検討してみましょう。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
関連記事