アイコン

クレカのリボ払いを使うとどうなる?損せず安全に使うコツ

島村 海利
監修者:弁護士法人・響 弁護士
島村 海利
  • 弁護士会所属:第二東京弁護士会 第52828
  • 出身地:高知県
  • 出身大学:香川大学法学部卒 九州大学法科大学院卒
  • 保有資格:弁護士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • コメント:人に対する温かいまなざしを持ち、ご依頼者の話をよく聞き、ご依頼者様に寄り添える弁護士になれるよう日々努めています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

リボ払いを使い続けると、どうなるの?
リボ払いで失敗しない利用方法を知りたい

クレジットカードを利用している人の中には「リボ払い」の利用を検討している人もいると思います。

リボ払いには「毎月の支払額を一定額に抑えられる」「ポイント還元やプレゼントなどの優遇特典が受けられるケースが多い」といったメリットがあります。

一方で「利用残高が減りにくい」「返済期間が延びがちになり、支払総額が増える」といったデメリットがあり、家計を圧迫し、日々の生活に影響を与えることもあります。

リボ払いを利用することで、どのようなメリット・デメリットが生じるのでしょうか?

リボ払いをどう使うべきかどうかについても解説します。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

リボ払いの仕組みやメリットを解説

そもそも「リボ払い」とは、どのような支払方法なのでしょう。その仕組みやメリットについて紹介します。

リボ払いは、毎月一定の支払額だけを返済する支払方法

リボ払いとは「リボルビング(=反復)払い」の略語で、あらかじめ設定した一定の金額を毎月返済していく支払方法です。

リボ払いの利用残高がゼロになるまで、毎月、元金とともに手数料を支払い続けます。

リボ払いの3つのメリット

リボ払いには主に以下の3つのメリットがあります。

リボ払いのメリット

  • 毎月の支払額を一定額に抑えられるので、家計の負担をかけにくい
  • 高額の買い物や複数回買い物をした場合でも、毎月の支払額は変わらず一定
  • 普通にクレジットカードを利用するより、リボ払いのほうがポイント還元やプレゼントなどの優遇特典が受けられるケースが多い

注目したいメリットは「高額の買い物や複数回買い物をした場合でも、毎月の支払額は変わらず一定」です。

詳しくは下の図をご覧ください。

       〈いくら買い物をしてもリボ払いの支払額は一定〉 いくら買い物をしてもリボ払いの支払額は一定

リボ払いの毎月の支払額を1万円に設定した場合、まず家電で5万円、次に旅行費用10万円をクレジットカードで支払い利用残高が増えたとしても、毎月の返済額は1万円のままで済むのです。

リボ払いには、2つの返済方法がある

ひと口にリボ払いといっても、「定額方式」と「残高スライド方式」の2つの返済方式があります。

どちらの返済方式を採用しているかは、クレジットカード会社によって異なります。

定額方式=利用残高にかかわらず毎月の返済額は一定

定額方式」は、クレジットカードを使った金額や回数、利用残高にかかわらず、毎月の返済額を一定にする方式です。

定額方式には、さらに「元利定額方式」と「元金定額方式」の2種類があります。

元利定額方式とは?

毎月元金と利息を足した一定の金額を返済する方式。毎月の返済額は変動しない

元金定額方式とは?

毎月一定の元金に、手数料を追加した金額を返済する方式。元金部分のみが定額で、そこに利息を上乗せするため、毎月の返済額は変動する

残高スライド方式=利用残高に応じて毎月の返済額が増減する

残高スライド方式」とは、利用残高に応じて毎月の返済額が増減する方式です。

利用残高に応じた毎月の返済額は、クレジットカード会社ごとに独自に決められていています。

以下に毎月の返済額の例を挙げてみました。

残高スライド方式による毎月の返済額の例

  • 利用残高が10万円未満=5,000円
  • 利用残高が10万円以上~15万円未満=1万円
  • 利用残高が15万円以上~20万円未満=1万5,000円
  • 利用残高が20万円以上~50万円未満=2万円

リボ払いを使い続けるとどうなる?生活に与える影響は?

ここまで紹介してきたように、リボ払いにはメリットがありますが、一方でデメリットがあることも忘れてはいけません。

リボ払いを利用し続けると、日々の生活にどのような影響を及ぼすのか、デメリットの視点から解説します。

リボ払いの3つのデメリット

リボ払いのデメリットは、主に3つがあります。

リボ払いのデメリット

  • 手数料(金利)が高い
  • 利用残高が減りにくい
  • 返済期間が延びがちになり、支払総額が増える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

-デメリット1-
手数料(金利)が高い

リボ払いでは、毎月元金のほかに、手数料(金利手数料と呼ばれることもあります)も支払います。

下の図は、主にクレジットカードで、リボ払いと分割払い(クレジットカード利用時に支払回数を指定して、その支払回数によって決まる毎月の返済額を支払う方法)、1回払い・2回払いの手数料を比較したものです。

〈主なクレジットカードの手数料を比較〉
カード名 リボ払い
(実質年率)
分割払い(3回以上)
(実質年率)
1回払い
・2回払い
(実質年率)
エポスカード 15.00% 15.00% 0.00%
セゾンカード 15.00% 10.30~12.70%(※1) 0.00%
dカード 15.00% 12.00~14.75% 0.00%
三井住友カード 15.00% 12.00~14.75% 0.00%
ヤフーカード 18.00% 12.00~14.95% 0.00%
楽天カード 15.00% 12.25~15.00% 0.00%

※カードの種類により手数料の実質年率が異なる
※1:ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの場合

リボ払いの手数料は、実質年率15.0%であるのが一般的です。

一方で、分割払いの手数料は、12%~14%後半程度のケースが多いです。

リボ払いのほうが分割払いよりも、手数料の実質年率が高い傾向にあることがわかります。

なお、1回払い・2回払いの場合では、手数料はかかりません。

-デメリット2-
利用残高が減りにくい

リボ払いにすると、特に返済当初は、毎月の返済額に占める手数料の割合が高く、元金の割合が低いため、利用残高(元金)がなかなか減りづらい傾向にあります。

リボ払いだと毎月一定額を返済するだけで済んでいるため、リボ払いで複数回の買い物をしたり、高額な買い物をしたりしていると、利用残高がいくらなのか把握しづらいケースもあります。

リボ払いで複数の買い物を続けた場合、利用残高がどうなるのか、下の図で例を見てみましょう。

〈リボ払いだと利用残高は減りにくい〉
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
12万円利用 6万円追加利用 3万円追加利用
返済額 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
利用残高 111,475 102,891 94,156 145,893 137,746 160,065 152,098 143,968
支払い継続・・・

※毎月の返済額1万円、元金定額方式、手数料(実質年率)15.0%で計算

リボ払いの返済途中に家電12万円、旅行費用6万円、化粧品3万円と相次いでクレジットカードで買い物を続けると、せっかく返済で減らした利用残高が再び増えてしまい、利用残高がなかなか減りづらくなるのです。

-デメリット3-
返済期間が延びがちになり、支払総額が増える

毎月の返済額を一定額に抑えられるのがリボ払いのメリットですが、反面、毎月きちんと返済していても元金がなかなか減っていきません。

結果として返済期間(回数)が延びて、手数料額がかさんでいき、支払総額もふくれ上がります

下の表は、リボ払いと分割払いの場合で、支払回数(期間)と支払総額でどれだけ差があるのか、比較してみたものです。

〈支払回数・支払総額の比較〉
支払回数(期間) 支払総額 うち手数料額
リボ払い 60回(5年) 413,706円 113,706円
分割払い 24回(2年) 348,553円 48,553円
その差は? 36回(3年) 65,153円

※利用残高30万円、手数料率(実質年率)15.0%の場合
※リボ払い:毎月の返済額5,000円(手数料を除く)、元金定額方式の場合
※分割払い:24回払いの場合

リボ払いの場合、支払回数(期間)は60回(5年)、支払総額は約41万円なのに対し、分割払いの場合は、支払回数(期間)は24回(2年)、支払総額は約35万円でした。

利用残高が同じ30万円でしたが、リボ払いのほうが分割払いよりも、支払回数(期間)は36回(3年)も、支払総額は約6万5,000円も多い結果となりました。

リボ払いを解除するとどうなる?注意点は?

クレジットカード会社にリボ払いの解除の手続を行えば、リボ払いをやめることができます。

ただ、リボ払いをやめたからといって、利用残高が残っている限り、返済を続けなければならない状況には変わりありません。

リボ払いを解除する方法や解除の際の注意点について、解説します。

クレジットカード会社に手続すれば、リボ払いは解除できる

リボ払いの利用は自分自身の判断でやめることができます

リボ払いのデメリットやデメリットを理解した上で、「返済負担が重いリボ払いをやめたい」と思ったら、リボ払いの解除の手続を行うとよいでしょう。

リボ払いを解除するには、クレジットカード会社に解除の手続を行う必要があります。

クレジットカード会社により異なりますが、解除の手続の方法は3つの方法があります。

  • 会員専用のWebサイト
  • 電話
  • 会員専用のWebサイトと電話の両方

リボ払いを解除する際の注意点は?

リボ払いを解除できたとしても、それで問題が解決するわけではありません。リボ払いを解除しても注意すべき点がいくつかあります。

リボ払いをやめる際の注意点について解説していきます。

リボ払いの利用残高が残っていたら、返済は続く

リボ払いを解除したときに残った利用残高は、そのままリボ払いで返済を続けなければいけません

下の図は、利用残高が50万円から半分の約25万円まで減らしたときに、リボ払いを解除した後の返済シミュレーションを試算したものです。

〈リボ払い解除後の返済継続シミュレーション(利用残高50万円の場合)〉
回数 毎月の返済額 返済後の
利用残高
1 10,000 496,250
2 10,000 492,453
3 10,000 488,608
49 10,000 248,559 リボ払いを解除
50 10,000 241,665 しかし返済は今まで通り続く
51 10,000 234,685
77 10,000 19,145
78 10,000 8,229
79 9,501 0 支払総額299.501円

※毎月の返済額1万円、元利定額方式、手数料:実質年率15.0%の場合

上の図のように、リボ払いが完済するまで、返済回数(期間)は30回(2年6ヶ月)、支払総額は約30万円もかかる結果になりました。

リボ払いを解除しても、継続して返済を続けなければいけません。

「あとからリボ」に変更した利用残高は、リボ払い以外の支払方法に変更できない

「あとからリボ」とは、クレジットカードで「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」で買い物をした後になって、リボ払いに変更できるサービスです。

「あとからリボ」に変更した分の利用残高は、他の支払方法(1回払い・2回払い・ボーナス払い・分割払いなど)に変更できず、そのままリボ払いを続けなければならない点に注意が必要です。

リボ払いの利用残高をゼロにしたいなら「一括返済」を検討しよう

利用残高の全額が支払えるまとまったお金が手元にできた場合は、「一括返済」をして完済する方法も検討しましょう。

一括返済をすれば、利用残高はゼロとなり、それ以降の手数料の支払いは不要となるため、支払総額も軽減できます。

【まとめ】リボ払いは便利な面もある一方、生活に悪影響を与える場合も

クレジットカードのリボ払いには「毎月の支払額を無理のない額に抑えられるので、家計の負担が軽くなる」「ポイント還元やプレゼントなどの優遇特典が受けられるケースが多い」といったメリットがあります。

一方で、リボ払いには「利用残高が減りにくい」「返済期間が延びがちになり、支払総額が増える」といったデメリットも抱えています

リボ払いは生活を便利にする一方で、デメリットもあり、生活に悪影響を与える場合もあることを理解しておきましょう。

リボ払いをやめるなら、解除の手続が可能です。

しかしリボ払いを解除できたとしても「リボ払いの利用残高が残っていたら返済は続く」「あとからリボに変更すると、リボ払い以外の支払方法に変更できない」という点には注意が必要です。

リボ払いを使う場合は、以上の点を理解した上で賢く使いこなしましょう。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
関連記事