アイコン

クレカのリボ払いの仕組みとは?特徴とデメリット

島村 海利
監修者:弁護士法人・響 弁護士
島村 海利
  • 弁護士会所属:第二東京弁護士会 第52828
  • 出身地:高知県
  • 出身大学:香川大学法学部卒 九州大学法科大学院卒
  • 保有資格:弁護士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • コメント:人に対する温かいまなざしを持ち、ご依頼者の話をよく聞き、ご依頼者様に寄り添える弁護士になれるよう日々努めています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

クレジットカードのリボ払いとは?どんな仕組みなの?
リボ払いを使うべきかどうか、判断したい

クレジットカードを利用する際に「リボ払い」を使うべきか、迷うこともありますよね。

分割払いや一括払いについては理解していても、リボ払いはよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

「リボ払い」とは、利用金額にかかわらず、毎月の返済額が一定になる返済方式です。

上手に使えば便利な面もあるのですが、一方で手数料が高いため返済期間が延びる、返済総額が増えるというリスクもあります

そもそもリボ払いとはどんな仕組み・返済方法なのか?特徴とデメリットは?

リボ払いを使う、使わないをどう判断すればいいのについて わかりやすく解説します。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

リボ払いとはどういう仕組み?どうやって支払うの?

リボ払いとは、「リボルビング(=反復)払い」の略語です。

クレジットカードの利用金額・利用件数にかかわらず、あらかじめ設定した毎月一定の金額だけを返済していく支払い方法です。

リボ払いの特徴は?

  • 毎月の支払額を一定に抑えられるので、家計への負担を少なく返済ができる
  • 高額の買い物をした場合や複数回買い物をした場合でも、毎月の支払額が変わらず一定
  • クレジットカードのポイント還元などの特典が受けられる

リボ払いの返済方式には主に「定額方式」と「残高スライド方式」がありますが、どの方式を採用しているかはクレジットカード会社によって異なります。

これからそれぞれの返済方式の特徴について、詳しく解説していきます。

リボ払いの返済方式① 「定額方式」

「定額方式」とは、クレジットカードを使った金額や回数、利用残高にかかわらず、毎月の返済額を一定額とする方式です。

定額方式には「元利定額方式」と「元金定額方式」の2種類があります。

元利定額方式

元金と利息を足した金額を一定の金額で返済する方式。毎月の返済額は変動しない

〈元利定額方式(利用残高50万円 毎月1万円返済)の支払い例〉

元利定額方式の返済例

  • 毎月の返済額は1万円で変動しない
  • 初回の返済額の1万円の内訳は、元金3,750円、利息6,250円
    手数料(金利)の実質年率15.0%の場合)
  • 返済当初は利息の分の返済割合が高い、返済回数が増えるにつれて利息の割合が減り、元金の返済割合が増えていく

元金定額方式
毎月一定の元金の返済額に利息を追加した金額を返済する方式。元金部分のみが定額で、そこに利息を上乗せするため、毎月の返済額は変動する

〈元金定額方式(利用残高50万円 毎月元金1万円と利息返済)の支払い例〉

元金定額方式の支払い例

  • 初回返済金は、元金1万円と利息6,250円の合計16,250円
    (手数料(金利)の実質年率15.0%の場合)
  • 2回目の返済金は、元金1万円と利息5,125円の合計15,125円
  • 返済当初は毎月の返済額が高めだが、返済が進むにつれて利息分が減り毎月の返済額は徐々に減っていく

リボ払いの返済方式②「残高スライド方式」

「残高スライド方式」とは、利用残高に応じて毎月の返済額が増減する方式です。

利用残高に応じた毎月の返済額は、クレジットカード会社ごとに独自に決められていています。

「残高スライド方式」による毎月の返済額の例

  • 利用残高が10万円未満=5,000円
  • 利用残高が10万円以上~15万円未満=1万円
  • 利用残高が15万円以上~20万円未満=1万5,000円
  • 利用残高が20万円以上~50万円未満=2万円

〈残高スライド方式(利用残高が30万円の場合)の支払い例〉

残高スライド方式の支払い例

  • 当初は毎月2万円ずつ返済
  • 返済が進み利用残高が18万円になると、毎月の返済額は1万5,000円に
  • 利用残高が13万5,000円になると、毎月の返済額は1万円へ減額
  • 返済の途中に追加で買い物をして利用残高が増えると、毎月の返済額も増える

一般的には、定額方式の「元利定額方式」や「残高スライド方式」を採用しているクレジットカード会社が多いです。

クレジットカードのリボ払いにかかる金額は、いくら?

クレジットカードの1回払いや2回払いで買い物をしたときには手数料(金利)はかかりませんが、リボ払いを選択した場合は手数料(金利)がかかります

ではリボ払いを選択した場合、どれくらいの金額がかかるのでしょうか?
手数料(金利)や支払総額の面から具体的に見ていきましょう。

リボ払いには手数料(金利)がかかる

リボ払いの場合、月々の返済額に手数料(金利)が上乗せされます。
クレジットカードのリボ払いの手数料は、実質年率15.0%前後が一般的です。

〈主なクレジットカードの手数料〉
カードの名称 リボ払いの手数料(金利)の実質年率
楽天カード 15.0%
エポスカード 15.0%
三井住友VISAカード 15.0%
JCBカード 8.04~18.0%

利用残高50万円の場合、手数料額は約29万円

リボ払いの場合、支払回数や支払総額はどうなるのでしょうか? 

利用残高に応じた支払回数や支払総額を、具体的にシミュレーションしてみました。

〈利用残高ごとの支払回数と支払総額〉
利用残高 支払回数 支払総額 うち手数料額
10万円 17回 107,497円 7,497円
20万円 24回 231,576円 31,576円
30万円 38回 378,331円 78,331円
50万円 79回 789,501円 289,501円

※月々の支払金額:1万円、元利定額方式、手数料率(実質年率):15.0%の場合

上の表のように、利用残高が10万円の場合の手数料額は約7,500円程度ですが、利用残高が50万円になった場合には、約29万円も手数料額がかかるのです。

リボ払いの場合、利用残高に応じて支払回数が多くなり、支払総額も増えるのです。

知っておきたいリボ払いのデメリット3つ

これまでリボ払いの仕組みや特徴について解説してきましたが、リボ払いのデメリットは何でしょうか?

次に挙げる3つのデメリットについて理解した上で、クレジットカードを賢く利用しましょう。

-デメリット1- 返済期間が延びる

リボ払いでは毎月一定の金額を返済し続けるので、元金が減りづらく、返済期間が延び、返済回数も増えがちです。
返済が長期化することによって、返済回数が把握しづらくなるケースもあります。

-デメリット2- 返済総額が増える

上の「利用残高別で見る、リボ払いの支払回数と支払総額」の表を見てのとおりですが、リボ払いの場合、返済期間が長期化することによって、手数料が膨らみやすくなり、返済総額がかさんでいきます

-デメリット3- いつまでも返済が終わらないことも

リボ払いの場合、前述のとおり毎月の返済額が一定のまま固定されていて、返済回数も多いため、完済まで時間がかかります。

完済しないうちに、追加で買い物などリボ払いを利用すると、さらに返済回数・返済総額が増え、返済がいつまで経っても終わらないということにもなりかねません。

リボ払いを利用するためにはどうすればいい?4種類の方法

デメリットを理解した上でリボ払いを利用するには、どのような方法があるのでしょうか?

4種類の方法を解説しますので、それぞれの特徴を把握した上で、リボ払いの利用方法を検討してみるとよいでしょう。

-利用方法1- 利用時選択型(店頭リボ払い)

リボ払いを取り扱うお店の店頭で、クレジットカードで買い物をする際に、都度リボ払いを指定する方法です。
クレジットカード利用時に、支払い方法を「リボ払いでお願いします」とお店に伝えます。

-利用方法2- 事前登録型リボ払い

事前に自分で毎月の支払金額(指定金額)を決めておき、指定金額を超えた分は翌月以降にリボ払いで支払う方法です。
クレジットカードを使う都度、リボ払いの指定をしなくても、自動的にリボ払いとなります

-利用方法3- リボ専用カード

リボ専用カードとは、買い物した分が自動的にリボ払いとなる専用のカードです。
クレジットカードで決済をした分を、あらかじめ決めた支払金額で返済していきます。

リボ専用カードは、手数料(金利)の実質年率が通常のクレジットカードのリボ払いより低いものもありますが、リボ払い以外の支払方法は選べないので注意が必要です。

-利用方法4- 利用後変更型(あとからリボ払い)

クレジットカード利用後に、リボ払いに変更する方法です。

クレジットカードにて1回払い・2回払い・ボーナス払いで買い物をした後に、インターネットや電話でカード会社に申し出ることで、リボ払いに変更できます。

クレジットカードのリボ払いを早く終わらせる返済方法がある

返済が長期化しやすいリボ払いですが、実は早く支払いを終わらせる返済方法があります。

一括返済」と「繰り上げ返済」の2種類ですが、それらの特徴・仕組みについて紹介します。

-返済方法1- 一括返済をする

一括返済」とは、クレジットカードの利用残高を全額一度に返すことです。

リボ払いの一括返済のメリット

  • 一括返済をすると元金がなくなるので、それ以降手数料は支払わなくて済む
  • それによって支払う金額の総額を少なくすることができる

ボーナスが入って余裕ができたり、利用残高の全額が支払える分のまとまった資金が手元にあるなら、一括返済を検討してみるとよいでしょう。

-返済方法2- 繰り上げ返済をする

クレジットカードにおける「繰り上げ返済」とは、カード会社が指定した引き落とし日より前に支払うことをいいます。手数料の負担を削減できます。

リボ払いの繰り上げ返済のメリット

  • 決められた毎月の返済額よりも多い金額を引き落とし日より前に支払うことで、利用残高(元金)の一部を減らすことができる
  • 繰り上げ返済をすることで利用残高(元金)が減るため、支払う手数料(金利)の利息総額が少なくなる

返済の長期化を避けたいのであれば、資金を貯めて、定期的に繰り上げ返済を行うのがよいでしょう。

しかし、リボ払いの繰り上げ返済は、あくまでも月々の返済額の支払いを維持した状態で行うもの。

繰り上げ返済でいつもより多くの額を返済したからといって、月々の返済ができなくなったら本末転倒なので、返済は焦らずゆとりを持って行うようにしましょう。

【まとめ】リボ払いの仕組みを理解して、リスクを避けて使おう

これまで説明してきたように、リボ払いは、上手に使えば便利な面がありますが、リスクもあります

リボ払いの仕組みとデメリットもしっかり理解した上で「使う」「使わない」を判断しましょう。

どうしても返済が苦しくて支払いができない状況になった場合は、弁護士や司法書士に依頼して「債務整理」という方法で解決する選択肢もあります。

必要なときは一度検討してはいかがでしょうか。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
関連記事