アイコン

プロミスでお金を借りたけど、過払い金があるかもという人へ

過去にプロミスからお金を借りていたことがある人は、プロミスに対して過払い金返還請求ができる可能性があります。
最近、テレビCMなどでも過払い金返還請求について宣伝しているので、気になっている人も多いでしょう。

実際、どのようなケースでプロミスに過払い金返還請求ができるのかが問題です。また、プロミスに過払い金返還請求をしたらどのような対応をされるのか、どのくらいお金が返ってくるのかも知っておきたいところです。

そこで今回は、プロミスに対して過払い金返還請求をする方法について説明します。

弁護士に依頼すると何が良いの?

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!

プロミスで借金をした場合、過払い金が発生するのか

過払い金返還請求をするための条件

過払い金とはどのようなものなのか

プロミスで借金をすると、過払い金が発生することがあるのでしょうか。また、どのような条件がそろっていたら過払い金返還請求ができるのでしょうか。 過払い金とは、払い過ぎた利息のことです。

貸金業者が取ってもよい利息は、利息制限法という法律によって上限が定められています。
しかし、過去には利息制限法を超過する利率で利息を取っても法律で罰則を科す規定がありませんでした。
そこで、消費者金融などでは利息制限法を超過する利率で利息を取っていた会社もありました。

ところが、その後に判例が積み重ねられて、そのような高額な利息の支払いは不要だということになりました。
この判例を受けて、過去に利息制限法を超過する利率で消費者金融などに支払いをしていた人は、払い過ぎた利息を取り戻せるようになったのです。これが過払い金の正体です。

過払い金が発生するための条件

過払い金が発生するための条件として、次のようなものが挙げられます。

過払い金が発生するための条件

  • 利息制限法を超過した利率で取引をしていた
  • ある程度長期にわたって消費者金融に返済を続けていた
  • 時効が成立していない

なお、過払い金返還請求には時効があるので、時効が成立していないという点には注意が必要です。 これらの条件を満たした場合には過払い金が発生していて、実際に過払い金返還請求をすることができる可能性が高いです。

プロミスで過払い金返還請求をするための条件

プロミスの場合でも、過払い金が発生している可能性がある

プロミスの場合にも、上記の条件は変わりません。

ほかの消費者金融などと同様、プロミスでも過去に利息制限法を超える利率で貸付をしていた時代があったので、そのころに利用していた人は過払い金が発生している可能性があります。

過払い返還請求をする場合、借金返済中でも完済後(解約後)でも、手続きをすることができます。
ただし、返済中に過払い金返還請求をするためには、前述のように一定以上の期間、取引を継続していた必要があります。

プロミスが利息制限法を超過する取引をやめたのは「2007年12月」

プロミスに対して過払い金返還請求をするためには、利息制限法を超過する利率で貸付をしていた時代にプロミスを利用していたという事実が必要です。

2006年1月13日、最高裁判所が利息制限法を超過する利率での返済が不要と判断したことを受けて利息制限法の改正が進められ、2010年6月には、利息制限法を超過する利率での利息の支払いを無効とする改正利息制限法が施行されました。

同時に、利息制限法を超過する利率で貸付をすることが出資法によって罰せられるようになったのです。 この改正を受けて、多くの消費者金融が、2008年ごろには利息制限法を超過する取引をやめるようになりました。

プロミスでは2007年12月から利息制限法を超過する取引をやめています。

そのため、過払い金返還請求をするには、それ以前にプロミスを利用していたという事実が必要です。

利息制限法の改正とプロミスの利率変更のタイミング

ここで注意すべきは、利息制限法が改正されたタイミングとプロミスが利率を変更したタイミングが一致していないという点です。

改正利息制限法が施行されたのは2010年6月なのに対し、プロミスが利息制限法を超過する利率での取引を停止したのは2007年12月です。

そのため、利息制限法の施行前であっても、2007年12月から2010年6月までの間に取引をしていただけでは、必ずしもプロミスに過払い金返還請求をすることができません。

プロミスに過払い金返還請求ができるのは、2007年12月以前から取引をしていた人なので、その点は覚えておきましょう。

返還される過払い金の計算

プロミスに過払い金返還請求をする場合、具体的な過払い金の計算をどのように行うかも問題になります。

過払い金返還請求をする場合には、プロミスから取引履歴を取り寄せる必要があります。このときに取り寄せるのは、契約当初から現在にいたるまでのすべての取引履歴です。
そして、その取引履歴について利息制限法に基づく引き直し計算をします。

利息制限法に基づく引き直し計算をする場合には、すべての入金と出金の記録を入力して、利息制限法を適用した利率によって計算し直す必要があります

利息制限法に基づく引き直し計算をすると、例えば2002年から2007年まで5年間プロミスと取引していた場合などには、数十万円の過払い金が発生していたりすることがあります。

現在も借金を返済中の場合、請求できる過払い金の金額が減る

現在も借金を返済中という場合には、まずは払い過ぎた利息を基に返済をしなければならないので、請求できる過払い金の金額が減ります。

例えば、同じように2002年からプロミスを利用していた場合でも、借金残高が数十万円残っていたら、請求できる過払い金は数万円程度になってしまう可能性もあります。

プロミスの過払い金回収率(返還率)はどの程度か

引き直し計算をした金額の100%が返ってくるとは限らない

過払い金の回収率(返還率)

プロミスに過払い金返還請求をする場合、必ずしも引き直し計算をした金額の100%が返ってくるとは限りません。 発生した過払い金の額に対して、実際に返ってくる割合のことを過払い金の回収率(返還率)と言います。

プロミスの過払い金の回収率(返還率)

プロミスの場合、過払い金の回収率はどのくらいなのでしょうか。

プロミスは大手の消費者金融であり、三井住友銀行グループの傘下に入っていることもあって、比較的に高いといわれているようです。

プロミスから過払い金を返還してもらうまでの流れ

過払い金返還請求の手続きの流れ

プロミスに対して取引履歴の開示を請求する

プロミスに過払い金返還請求をする場合、具体的にはどのような流れになって、どのくらい期間がかかるのでしょうか。 まずは、プロミスから過払い金を返してもらうまでの手続きの流れを説明します。

過払い金返還請求をする場合、まずはプロミスに対して取引履歴の開示を請求します。するとだいたい2週間くらいの間にプロミスから取引履歴が送られてきます。
そして、取引履歴をベースに利息制限法に基づく引き直し計算をします。

そして、過払い金が発生しているかどうかや、発生している過払い金の額が明らかになります。

プロミスへ過払い金返還請求書を送付

過払い金が発生していたらプロミスに対して過払い金返還請求書を送ります。すると、これを受けたプロミスが、過払い金の返還の可否や金額について連絡を入れてきます。

プロミスからの連絡があったら、提示された条件を受け入れるかどうかを決めたうえで返答をします。

このようにプロミスと交渉を重ね、過払い金の返還金額や返還方法(時期や支払方法)について双方が合意したら、過払い金返還についての合意書を作成します。
合意書を作成し、和解が成立したら、その内容に従ってプロミスから過払い金の返還を受けることができます。なお、実際に返金が行われるのは、合意後になります。

返還される過払い金は、弁護士や司法書士に依頼しているのであればその事務所の口座に振り込まれます。そして、弁護士費用や司法書士費用を精算したうえで残りを依頼者が受け取ることになります。

過払い金返還請求をするなら、弁護士や司法書士に相談をするのも選択肢の一つ

過払い金返還請求は専門家に依頼をしたほうがスムーズ?

過払い金返還請求の手続きは複雑で専門的

過払い金返還請求をする場合、自分で手続きをするよりも弁護士や司法書士に依頼したほうがスムーズなことが多いです。 過払い金返還請求の手続きは、複雑で専門的であり、手間もかかります。

この点、弁護士や司法書士に依頼をすれば、そのような面倒な手続きは代行してくれます

専門知識のない人がプロミスと交渉を行うのは難しい

プロミスとの交渉も、自分で行うのは難しいかもしれません。 しかし、弁護士や司法書士に依頼をすると、費用はかかっても取り戻せる金額が大きくなる可能性があります。

弁護士や司法書士に過払い金返還請求を依頼したときにかかる費用

過払い金返還請求を弁護士や司法書士に依頼すると、どの程度の費用がかかるのかが気になる人も多いはず。

過払い金返還請求をする場合の主な弁護士費用や司法書士費用には、相談料、着手金、報酬金、過払金回収報酬、実費があります。

過払い金返還請求でかかる弁護士・司法書士費用

・相談料
・着手金
・報酬金
・過払金回収報酬
・実費

実費とは、過払い金返還請求の手続きそのものにかかる費用であり、弁護士や司法書士に依頼をしなくても必要になるお金です。

具体的には郵便費用などであり、過払い金返還請求の場合には数千円もあれば問題ありません。 着手金とは、弁護士や司法書士に手続きを依頼した際に当初かかる費用のことです。過払い金返還請求をする場合の着手金の相場は、1社について2~4万円ほどとなっています。

ただし、過払い金返還請求の着手金を無料にしている弁護士事務所や司法書士事務所もあります。 過払い金返還請求を弁護士や司法書士に依頼すると、ほとんどの場合に過払い金報酬金がかかります。

過払い金報酬金とは、回収できた過払い金の額に応じてかかってくる弁護士費用のことです。

通常は、回収できた過払い金の15~20%ほどが相場となります。 例えば100万円の過払い金を回収できた場合、20%の過払い金報酬金を設定している事務所であれば、20万円が弁護士や司法書士の報酬となり、依頼者の手元には残り80万円が返金されます。

プロミスから過払い金が返ってくるまでの期間

手続きを開始してから3カ月ほどで過払い金が返ってくる

プロミスに対して過払い金返還請求をした場合、どのくらいの期間で過払い金が返ってくるのでしょうか。
この点、プロミスでは比較的短い期間で過払い金が返ってくるといわれています

このように、プロミスはとても交渉をしやすいといわれており、和解が成立したら、すぐに合意書を作成します。 ただし、合意書を作成したとしても、その後すぐに過払い金が返ってくるわけではありません。プロミス実際は手続きを開始してから3カ月(90日)〜半年くらいかかることが多いです。

過払い金は、弁護士や司法書士事務所の口座に振り込まれます。

そのため、振り込まれると弁護士や司法書士から連絡があることが普通です。
過払い金を受け取るためには、送金先の口座を指定するか、弁護士事務所や司法書士事務所に直接受け取りに行くのがいいでしょう。

プロミスの過払い金返還請求が時効になる期間

過払い金返還請求は消滅時効の完成前に

どのようなケースでも過払い金返還請求ができるわけではありません。

プロミスに過払い金返還請求するには、消滅時効が完成していない必要があります。 過払い金返還請求権の時効期間は10年なので、プロミスに対する過払い金が発生していても、10年以上の長期にわたって請求しないと請求権がなくなってしまうおそれがあるのです。

このことは、過払い金返還請求のテレビCMなどで特に強調されています。
返還請求権の消滅時効は10年だと言っても、そのカウントがいつからなのかが問題になります。

これを時効の起算点と言います。 過払い金返還請求権の消滅時効の起算点については、過去に消費者金融側と消費者側で大きな対立があったものの、現在は最高裁判例に基づいて、統一された運用が行われています。

具体的には、借金の完済後(取引の終了後)10年で、過払い金請求権が消滅すると考えられています。
過去に消費者金融側は、過払い金が発生したらその都度時効が進行するという個別進行説を主張していました。

しかし、この主張は最高裁によって退けられ、現在では時効の起算点は取引が終了したとき(最後に借金を返済して完済した日)とする取引終了時説が採用されています。

弁護士に依頼すると何が良いの?

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!