アイコン

アコムでお金を借りたけど、過払い金があるかもという人へ

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール


過払い金の広告をよく見聞きする方もいるかと思いますが、どのような人に過払い金は発生しているのでしょう?

この記事では、アコムでお金を借りている場合に、「過払い金が発生するのか?」「どのように計算して請求するのか?」解説していきます。

【弁護士に依頼するメリット】

  • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
  • 相談実績12万件以上!
  • 相談は何度でも無料

アコムで借金をした場合、過払い金が発生するのか

過払い金とは、簡単に言うと払いすぎた利息のことをいいます。
金利は法律によってその上限が決められていますが、その上限を超えて支払われた部分は、法律の原因なしに受け取ったお金(法律上は不当利得といいます)となり、この不当利得は支払者に返還しなければなりません。

この不当利得返還請求のことを「過払い金返還請求」といいます。

さて、本題のアコムについてですが、アコムも利息制限法を超える利息を取っていた時期があるため、以前からアコムで取引がある方や、以前取引をしていたが完済しているという方は過払い金が発生している可能性もあります。

アコムに払い過ぎた利息は、返還される可能性があるのか

まず、基本的に過払い金が返還される条件からみてみましょう。

過払い金が返還される一番の条件は、過払い金が発生しているかということです。
過払い金が発生していれば、返還されます。
しかし、この過払い金の発生という条件ですが、利息に関する法律がかかわってくるため、注意が必要です。

また、過払い金の発生条件をみたしていれば、解約後や完済後でも返還請求ができます。ただし、解約後の請求は、時効に気を付ける必要があります。

アコムにしろ、他の金融機関にしろ、この返還条件は全く変わりませんが、返還についての対応は異なります。

アコムでは金利がいつ、どのように変更されたのか

過払い金の発生条件の一つとして、利息制限法を超えた利息を支払っていたということが挙げられます。

なぜ利息制限法を超える利息を払っていたのかというと、2010年以前の貸金業法には、「みなし弁済」という規定がありました。
この「みなし弁済」とは、貸金業者は貸金業法の規定をみたしている場合、出資法を超えない範囲であれば、利息制限法を超える利息を受け取っても良いというものでした。

現在は貸金業法が改正され、「みなし弁済」の規定が無くなったため、利息制限法を超える利率での貸し付けはされていません。
そのため、過払い金が発生している可能性があるのは、2010年以前から取引をしている場合になります。

しかし、アコムの場合は、他の金融会社と違い、2006年には、利息制限法内の利率に変更していました。アコムで過払い金が発生している可能性がある方は、2006年以前から取引をしている方といえます

返還される過払い金の計算は、どのように行われるのか

ここでは、過払い金の計算方法についてわかりやすく説明します。

たとえば、50万円の借金(元金)に対して貸金業者に25%の利率で返済したとしましょう。

利息制限法の定める上限は18%ですから、25%−18%=7%分の利息金が過払い金として請求できることになります。

計算式に当てはめて実際に計算してみましょう。

計算式 元金×年利÷365(うるう年366)×借入日数=利息
利率が25%の場合の1ヶ月あたりの利息額 50万円×25%÷365日×30日=約10,274円
利率が18%の場合の1ヶ月あたりの利息額 50万円×18%÷365日×30日=約7,397円

ですので、1ヶ月分の返済で約2,877円(約10,274円−約7,397円)の過払い金が発生している計算になります。

アコムの過払い金回収率(返還率)はどの程度か

過払い金の額が確認出来たら、いよいよ返還請求ですが、必ずしもすぐに満額返済されることはないことを理解しておいてください。

そのため、過払い金の返還請求をすると、アコム側から、和解案が提示される場合があります。
請求金額の60%~80%の金額で約4ヶ月後の返金の和解案を提示される事が多いです。

この和解案を承諾すると、過払い金が返還されますが、承諾出来ない場合は、訴訟手続きとなっていきます。

アコムでは、どれくらい過払い金返還請求が行われているのか

アコムが過払い金全額を返還せずに、なぜ和解案を提示するかというと、アコムの経営上の事情があります。

アコムは年間どのくらい過払い返還請求を受けているのかと言うことですが、件数としては、7万件前後、過払い金の返還額は600億円弱といわれています。

アコムから過払い金を返還してもらうまでの流れと期間

過払い金の算定方法、返還請求の概要を説明してきましたが、ここでは、具体的にどのように請求をして返還してもらうのか、解説していきます。

アコムから過払い金を返還してもらうまでの流れ

アコムから過払い金を返還してもらうまでの流れは下記のとおりです。

  1. 取引履歴の開示請求
    過払い金の返還請求では、契約当初からの取引履歴を開示してもらうことが重要になります。
  2. 利息制限法利率での引き直し計算
    開示してもらった取引履歴をもとに、利息制限法の利率で引き直し計算をします。
  3. 和解交渉
    過払い金の額が確定したら、アコムに返還請求をします。
    その後、アコムから和解案が提示されますので、そちらを基に交渉をしていきます。
  4. 和解成立
    上記の和解交渉で和解が成立すると、和解案に基づいた返還がされます。
    なお、和解が成立しない場合は、提訴して請求する手続きに変更します。

※提訴した場合も、裁判所内で和解交渉が行われます。ただし和解が成立しなければ判決となります。判決の場合は判決内容通りに直ちに返還されます。

過払い金返還請求をするなら、専門家に相談するのも一つの手段

過払い金返還請求は本人でも出来ますが、弁護士や司法書士に依頼することも手段の一つです。
なぜなら、過払い金返還請求には法的な問題があるからです。

アコムから過払い金を返還してもらうまでの期間

アコムから過払い金を返還してもらうまでの期間については、実際に返還請求をしてみないとわかりません。

また、提訴した場合も裁判にかかる期日も異なるため一概にどのくらいで解決するかとは言えません。

アコムの過払い返還請求が時効になるのはいつか

最後に、過払い金には請求できる期間があることを知っておいてください。
不当利得返還請求権は10年で時効がくるため消滅します。
現在取引を継続中の方は問題ありませんが、以前解約をしたり、完済時期がある場合には注意してください。

【弁護士に依頼するメリット】

  • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
  • 相談実績12万件以上!
  • 相談は何度でも無料