1. ホーム
  2. 任意整理
  3. 任意整理で借金の元金を減額することはできる?
2020.02.06
2,964 views

任意整理で借金の元金を減額することはできる?

任意整理という手続きは、借金に対する遅延損害金や将来利息といったものをカットすることができるため、最終的な返済額をかなり減らすことが可能となっています(詳しくは「任意整理とは?」)。

任意整理で借金の元金を減額することはできる?

また、これらはどちらも債権者との交渉によるものなので、
「交渉次第では元金を減額することができるのでは?」
という考えにいたっても不思議なことではありません。

結論としては、「任意整理で借金の元金を減額することは可能」です。

しかし、貸金業者側はなかなか応じない

貸金業者の立場から見れば、遅延損害金や利息といったものは、貸金業者側の直接的な利益になり、そこから経営が成り立っています。

これをカットするだけであれば、貸したお金自体はそのまま返ってくることになるため、純粋には損失になりません。こうしたことから、債務者の任意整理時、多少利益が減る分には・・・と貸金業者側もしぶしぶ了解してくれます。

しかし、返済が元金を割ってしまうとなると、それはそのまま損失につながることになります。損失になるとなれば、貸金業者側も簡単に応じるわけがありません。

自己破産の可能性を見せる

貸金業者側が元金の減額に応じることはほとんどありませんが、一切応じてくれないわけではありません。どういった場合に応じるかというと、「自己破産の可能性」がある場合です。

自己破産されてしまうと、貸金業者側は貸し付けていたお金のすべてが損失になります。自己破産されるくらいであれば、元金を減額してでも返済してもらいたいと感じるのは当然のことです。

つまり、任意整理において元金の減額交渉をする場合、債務者の支払い事情が大変苦しい状況であることを理解してもらわなければなりません。しかし、交渉時にいくら本人がそのように伝えても、貸金業者側もそれを軽々と信じるようなことはありません。

専門家の交渉力で元金の減額も

本人からの主張だけでは、貸金業者側もなかなか信じようとはしませんし、元金の減額に応じてくれることはほとんどありません。

しかし、自己破産の可能性について専門家の口から出たものだとしたらどうでしょう。貸金業者側は、本当に自己破産されてしまうのでは?と考えるようになります。これによって、元金の減額交渉がうまくいったという事例は多く見受けられます。

なかなか難しい交渉になりますが、自己破産か任意整理かの瀬戸際といった場合は、専門家の交渉力によって、減額が成功する可能性もあります。

関連する人気の記事