1. ホーム
  2. 任意整理
  3. 任意整理の将来利息カットってなに?
2020.02.06
3,130 views

任意整理の将来利息カットってなに?

任意整理のメリットとしてよく挙げられている、「将来利息のカット」という言葉。
これだけを聞いてもあまりメリットがあるように感じない方も多いのではないでしょうか?

「元本がカットされるならともかく、利息だけカットされても・・・」

しかし、思っている以上に利息のカットというのは最終的な返済額に大きな差が出てきます。将来利息のカットというのは、任意整理において欠かせない要素の1つといっても過言ではありません。

借金返済では元金を減らすことが何よりも重要です!

利息の支払いは想像以上に辛い

普段から意識されている方は少ないかもしれませんが、借入金における利息の支払いというのは、気付いていないだけで、実は想像以上に辛いものです。

貸金業者からお金を借りるのであれば、利息は当然支払うもの。

貸金業者も利息から利益を得ているのですから、仕組みとして違和感を覚えることはありません。
1ヶ月の支払いの中だけでみれば、利息は大した金額になってはいないことがほとんどです。

しかし、返済期間が長ければ長いほど、借入元金が大きくなれば大きくなるほど、利息というのは馬鹿にできない金額になってきてしまうものです。特にクレジットカードの「リボ払い」を利用されている方は、利息の支払いの辛さを感じている方が多いかもしれません。

将来利息カットのすごいところ

「将来利息のカット」という言葉だけを聞いてもあまりピンとくるものがありませんが、任意整理の交渉において、将来利息のカットは非常に重要といえます。

ここでいう将来利息というのは、現在毎月のように支払っている利息のことをいいます。

これが丸々なかったことになり、支払っている返済額をすべて元金に充てられるとしたらどうでしょう。返済が楽になるのではありませんか?

任意整理をすることによって、借入元金のみを返済していれば、それで完済扱いにしてもらうことができるのです。つまり、1ヶ月の返済額を減らしても、完済までの期間は今までどおりになり、逆に返済額を減らさないのであれば、完済までの期間は短くなるということです。

遅延損害金のカットも忘れてはいけません

任意整理では、交渉によって遅延損害金もカットすることができます。

原則として、専門家が任意整理に介入してからは遅延損害金が加算されるようなことはありませんが、介入前に返済が滞っていた場合、貸金業者には遅延損害金を請求されることになります。

遅延損害金は、通常の借入利率(15~20%)よりも高い利率(21.9~29.2%)で請求されることになりますので、長い期間返済が滞っていると、元金以上に膨れ上がっていることもめずらしくはありません。こちらも将来利息と同様、交渉によってカットすることが可能です。

ただし、何年も期間が空いているとなると、中には遅延損害金のカットを渋る貸金業者もいますので、ここは交渉力の見せどころといえます。

関連する人気の記事