アイコン

クレジットカードの任意整理はできる?完済後に使う方法

島村 海利
監修者:弁護士法人・響 弁護士
島村 海利
  • 弁護士会所属:第二東京弁護士会 第52828
  • 出身地:高知県
  • 出身大学:香川大学法学部卒 九州大学法科大学院卒
  • 保有資格:弁護士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • コメント:人に対する温かいまなざしを持ち、ご依頼者の話をよく聞き、ご依頼者様に寄り添える弁護士になれるよう日々努めています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

クレジットカードのショッピング利用分は任意整理できるの?
任意整理した後も、クレジットカードは使えるの?

任意整理なら、クレジットカードの利用額は、ショッピングで利用した分もキャッシング利用した分でも、手続きが可能なケースがあります。

任意整理には「将来利息をカットできる可能性がある」「債務額を3~5年間で分割返済ができる」といったメリットがあります。

一方で「クレジットカードで買った商品を引き揚げられる場合もある」「事故情報が登録されてクレジットカードが使えなくなる(いわゆるブラック状態)」といったデメリットもあります。

任意整理をした後は、およそ5年程度で新たにクレジットカードを作ることができます

クレジットカードの任意整理のやり方や注意点について、わかりやすく解説していきます。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

クレジットカードの利用額は任意整理できる?

クレジットカードを利用してできた残高(借金)は、任意整理できる可能性があります。

任意整理」とは、借金の減額を図る債務整理の一つです。

債務整理とは、クレジットカードやローンなどの完済を目指すために、借入れ額を減額・免除できる合法的手段の総称です。

その中でも「任意整理」は、債務整理の中でも裁判所など公的機関を通さずに、債務者(借りた側)が債権者(貸した側)と直接交渉し合意することによって借金の減額を図るというものです。

クレジットカードの利用額を任意整理をするメリットについて解説しましょう。

クレジットカードの利用金額は「立替」もしくは「借金」

一般的にクレジットカードでのショッピングの「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」については、利用者が支払能力に見合った買い物をしていることを前提とした支払方法とみなされるので、買い物代金の「立替払い」として扱われます。

●1回払い 利用金額をまとめて一括で支払うこと。手数料はかからない

●2回払い 利用金額を2回に分けて支払うこと。基本的に手数料はかからない

●ボーナス払い 利用金額を夏や冬のボーナス時に支払うこと。一般的に手数料はかからないが、ボーナス2回払いの場合は手数料がかかる。
クレジットカードの加盟店によっては取り扱っていない場合もある

しかし、クレジットカードで「リボ払い」や「分割払い」を利用している場合は、利用者が支払能力以上の買い物をしたとみなされるため「借金」といえます。

●リボ払い 月々の一定額を支払っていく返済方式。毎月手数料がかかる

●分割払い 利用金額を指定した回数に分けて支払う返済方式。毎月手数料がかかる

クレジットカードの「キャッシング」についてもお金を借りることになるので「借金」にあたります。

●キャッシング クレジットカードで現金を借りられる機能。ATMなどで借りられる。返済方法は「1回払い」や「リボ払い」がある。1回払いでもリボ払いでも手数料がかかる

任意整理は借金を解決する方法ですが、クレジットカードの場合「リボ払い・分割払い=借金」の分だけでなく、買い物代金の「立替払い」分についても解決できる可能性があります。

ショッピング利用分もキャッシング利用分も、任意整理はできる

多くのクレジットカードには大きく分けて、買い物で利用する「ショッピング」の機能と、現金が借りられる「キャッシング」の機能があります。

ショッピング利用分でもキャッシング利用分でも、ともに任意整理ができる可能性があります。

ただ、多くのクレジットカード会社では、ショッピング利用分とキャッシング利用分とを別々に切り離して、任意整理を行うことはできません。

例えば「ショッピングはそのまま利用を続けたいけど、キャッシングのみ任意整理したい」といったことはできません。

任意整理をした場合は、ショッピングもキャッシングも同時に使えなくなります

クレジットカードを任意整理する3つのメリット

クレジットカード利用分を任意整理することには、主に以下の3つのメリットがあります。

-メリット1-
「将来利息」をカットできる可能性がある

債務者(借りた側)が債権者(貸した側)と直接交渉し合意することで、任意整理の和解がなされた後から完済までにかかってくる「将来利息」をカットできる可能性があります。

〈任意整理で将来利息がカットできる可能性がある〉

将来利息がカットできる可能性がある

上の図のように、毎月3万円返済すると返済回数は44回(3年8ヶ月)、支払総額は約130万円(利息総額は約30万円)となります。

任意整理をすると、約30万円もの将来利息がカットされる可能性があるのです。

-メリット2-
債務額を3~5年間で分割返済できる

返済スケジュールを組み直して、債務額(元金)を一般的に3年もしくは最長5年程度で分割返済できる可能性があります。

クレジットカードで一括払いだったものを、債務額によっては分割払いにすることも可能になります。

-メリット3-
キャッシング利用分は、過払い金が発生する場合もある

クレジットカードのキャッシング利用分には過払い金が発生する場合があります。

キャッシングを利用していた場合は、過払い金が発生していないか調べましょう。

過払い金があるなら、過払い金返還請求をすれば現金が戻ってくる場合があります。

過払い金が発生するのは「貸金契約」の金利を制限する「利息制限法」という法律で、貸金の金利に上限が定められているからです。

上限を超えた金利を払っていた場合に、過払い金が発生する場合があるのです。

「貸金契約」とは「金銭消費貸借契約」ともいいますが、債務者(借りた側)が将来一定の利息を付けて返還することを約束し、債権者(貸した側)から金銭を借り入れる契約のことです。

なお、クレジットカードのショッピング利用分には過払い金は発生しません

ショッピングは貸金契約ではなく「立替払い契約」だと考えられているためです。

任意整理した後にクレジットカードは使える?

契約しているクレジットカードを任意整理した後はそのクレジットカードは解約され、使用できなくなります。

任意整理をした場合、クレジットカードの利用においてどのような影響をもたらすのか解説します。

任意整理した後、クレジットカードは解約される

任意整理をした後は、任意整理の対象となっているクレジットカードは強制的に解約され、使用できなくなります。

任意整理の対象になっていないクレジットカードであっても、各クレジットカード会社はカード所有者の返済能力を確かめるため「信用情報」を定期的にチェックしています。

その際に、後で述べる「事故情報」が確認されたら、クレジットカードが利用停止になる可能性があります。

なお「信用情報」とは、クレジットカードやローンなどの申し込みや契約に関する情報(本人を識別するための情報、申込内容や契約内容、支払状況、借入残高など)をいいます。

任意整理をすることで生じる3つのデメリット

任意整理をすると、クレジットカードの利用において3つのデメリットがあります。一つずつ解説しましょう。

-デメリット1-
クレジットカードで買った商品を引き揚げられる場合もある

クレジットカードのショッピング利用分を任意整理すると、購入した商品を引き揚げられる場合があります

商品を引き揚げるかどうかの判断はクレジットカード会社が行いますが、例えば自動車など、換金価値の高い商品は引き揚げられる可能性が高いです。

-デメリット2-貯めてきたポイントがなくなる

任意整理をすると、これまでクレジットカードで貯めていたポイントが全て失効となり、なくなってしまいます。

失効したポイントは、使うことはできません。

-デメリット3-
事故情報が登録され「ブラック状態」になる

任意整理をすると、信用情報機関(信用情報を取り扱う機関)に債務者(借りた側)の「事故情報」登録されます。事故情報は「異動情報」ともいいます。

事故情報が登録された状態は、ブラック状態(いわゆるブラックリストに載る)と呼ばれます。

ブラック状態になると完済してから5年程度はクレジットカード会社の審査は通らないので、新たにクレジットカードを作ることができません

任意整理をした後にクレジットカードを作るには?

任意整理後は事故情報が登録されて、ブラック状態になります。

このブラック状態が解除されないと、新規でクレジットカードを作ることはできません。

任意整理後にクレジットカードを作る際の注意点を紹介します。

完済後5年程度で、クレジットカードを新規契約できる

任意整理した後、信用情報から事故情報が消去されれば、クレジットカード発行の申し込みをして、新規でクレジットカードを作ることができます。

事故情報が消去されるのは、任意整理の完済後おおむね5年程度といわれています。

ただし、5年程度という期間はあくまで目安で、場合によっては5年よりも長くなることもあります。

クレジットカード発行の申し込み前には、信用情報の確認を

クレジットカードを申し込む前には、自分の信用情報を確認するのがよいでしょう。

ブラック状態だとクレジットカード会社の審査に通らないからです。

信用情報機関に問い合わせれば、自分の信用情報がどうなっているか確認できます。

また事故情報が残っている状況で、クレジットカード会社にクレジットカード発行の申し込みをして審査落ちした場合、その事実が他のクレジットカード会社にも知られてしまいます。

任意整理をしたという事故情報が消去されても、その先クレジットカードが作りにくくなるのです。

信用情報機関には、主に以下の3社があります。

●株式会社シー・アイ・シー(CIC)
●株式会社日本信用情報機構(JICC)
●全国銀行個人情報センター(KSC)

〈各機関の信用情報の取得方法〉
信用情報機関名 CIC JICC KSC
主な系統 信販会社・クレジット会社系 消費者金融会社系 銀行・銀行系カード会社系
取得方法 インターネット(PC・スマホ)
郵送・窓口
スマホ・郵送・窓口 郵送のみ
結果が届く日数 インターネット・窓口:即時
郵送:請求から10日程度
1週間〜10日程度 1週間〜10日程度
手数料 インターネット・郵送:1,000円
窓口:500円
インターネット・郵送:1,000円
窓口:500円
1,000円

信用情報機関に確認して事故情報が消去されていれば、クレジットカード発行の申し込みを検討してもよいでしょう。

複数のクレジットカード会社に同時に申し込まない

任意整理後にクレジットカードを作るとき、複数のクレジットカード会社に同時に申し込みをするのは避けたほうがよいです。

クレジットカード会社が審査を行う際に「複数のクレジットカードを持つことで、再び借金問題を抱えるリスクが高くなる」と判断され、審査に落ちる可能性が高くなります。

クレジットカードを新規で申し込むと「申込情報」が信用情報に登録されます。

複数のクレジットカード会社に同時に申し込みをしていることがわかると、クレジットカード会社の審査は厳しくなる場合もあります。

どうしてもクレジットカードを利用したい場合は、自分が本当に利用したい1枚に絞って申し込むのがよいでしょう。

クレジットカードの任意整理をするなら弁護士・司法書士へ相談を

クレジットカードでの返済がどうしても難しい状況になったときは、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼し、任意整理で解決することを検討してみましょう。

弁護士や司法書士への相談することで、任意整理を行う方法をはじめ、その他の選択肢について知ることができます。

弁護士・司法書士に相談するメリットを紹介します。

任意整理のリスクや過払い金について確認できる

弁護士や司法書士に相談すると、任意整理の仕組みやリスクなどについて説明が受けられます。

クレジットカードでキャッシングを利用した場合は過払い金が発生していることもあるので、過払い金の有無や、その金額を調べることもできます。

任意整理以外の「債務整理」の方法を知ることができる

借金の解決には、任意整理のほかにも「個人再生」と「自己破産」といった債務整理の方法があります。

弁護士・司法書士に相談し、自分の借金の状況を把握した上で、どの債務整理の手続きをとればよいか判断するとよいでしょう。

「個人再生」借金を5分の1〜10分の1程度に減額

「個人再生」は、債務者(借りた側)に返済不能のおそれがあることを裁判所に申立て、再生計画の認可決定を受けることで、債務を減額してもらう解決方法です。

個人再生をすると、借金が債務額に応じて5分の1~10分の1程度に減額できる可能性があります。

残った債務額を原則3年間(最長5年間)で分割して返済する手続きを取ることになります。

個人再生の場合、住宅ローンが残っている自宅については「住宅ローン特則(住宅資金特別条項)」を利用することで、マイホームを手放すことなく借金を整理できます

「自己破産」全ての債務の支払義務が免除に

自己破産は、裁判所を通じて、全ての債務の支払義務を免除(免責といいます)してもらう手続きです。

ただし、債務者(借りた側)は保有している資産を清算しなければならず、基本的にマイホームや自動車なども処分されて、債権者(貸した側)への返済に充てられます。

【まとめ】クレジットカードが使えなくなる心配よりも、任意整理で借金問題を解決するのが先決

クレジットカードの任意整理には「将来利息をカットできる可能性がある」「債務額を3~5年間で分割返済ができる」といったメリットがあります。

一方で「クレジットカードで買った商品を引き揚げられる場合もある」「事故情報が登録されブラック状態になる」といったデメリットもあります。

しかし任意整理の完済後、おおむね5年程度経てば、注意すべき点はありますが、再度クレジットカードを作ることができます。

もし借金の返済が困難な状況であれば、新たにクレジットカードを作る心配をするよりも、借金問題を解決するのが先決です。

クレジットカードが使えなくなることが心配で任意整理をためらっているなら、まずは任意整理を前向きに検討しましょう。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料