アイコン

任意整理すると保証人はどうなる?リスクとその回避策

島村 海利
監修者:弁護士法人・響 弁護士
島村 海利
  • 弁護士会所属:第二東京弁護士会 第52828
  • 出身地:高知県
  • 出身大学:香川大学法学部卒 九州大学法科大学院卒
  • 保有資格:弁護士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • コメント:人に対する温かいまなざしを持ち、ご依頼者の話をよく聞き、ご依頼者様に寄り添える弁護士になれるよう日々努めています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

保証人がついている状態で任意整理するとどうなるの?
任意整理で保証人に迷惑はかけたくない...

保証人付きの借金を任意整理すると、保証人に影響が生じます。
ただし保証人への影響は避けることも可能です

では、保証人にできるだけ迷惑をかけずに借金を整理するには、どうしたらいいのでしょうか。

そこでこの記事では、任意整理による保証人への影響と、保証人が受けるダメージをできるだけ抑えるための対処法について詳しく解説します。

【弁護士に依頼するメリット】

  • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
  • 相談実績12万件以上!
  • 相談は何度でも無料

任意整理をすると保証人には請求が行く

保証人付きの借金を任意整理すると、その後、任意整理をした金融機関からの請求が保証人に行きます。
その場合の保証人への請求は一括請求が基本なので、保証人には重い負担を強いることになります。

そもそも任意整理とは、借金した本人に対して効果を得られるものなので、その効力は保証人にまでは及びません

一方、保証人とは、借金をした本人が返済できないときの返済義務を保証していますので、借金をした本人が返済できなくなったら、まずは保証人に請求されるのです。

保証人に請求が来た場合は無視することができませんので、何らかの方法で対処する必要が出てくるでしょう。

保証人と連帯保証人の役割

そもそも保証人付きの借金を任意整理すると、なぜ保証人が負担を受けなければならないのでしょうか。
保証人の役割を把握することで理解しやすくなりますので、ここで確認しておきましょう。

保証人と連帯保証人の違い

保証人には、通常の保証人と、連帯保証人があります。
その違いを知るには、次の3つの権利をおさえておく必要があります。

  • 催告の抗弁権
    金融機関のような債権者が保証人に返済の請求をしてきた場合、「まずは借金した本人に請求を行ってください」と主張できる権利です。

  • 検索の抗弁権
    金融機関のような債権者が保証人に返済の請求をしてきた場合、「まずは借金した本人の財産を差し押さえてください」と主張できる権利です。

  • 分別の利益
    複数の保証人がいる場合、保証人の数に応じて平等に借金を負担する権利です。
    たとえば借金した本人の借金総額が300万円あり、保証人は3人の場合、1人当たり300万円÷3=100万円の負担になる、ということです。
  • 保証人と連帯保証人の違いとして、保証人には催告の抗弁権、検索の抗弁権、分別の利益のすべてがありますが、連帯保証人には3つの権利がすべてありません
    そのため金融機関から連帯保証人に請求が届いた場合は、無条件に支払いに応じる義務があります。

    ただし連帯保証人だけでなく、保証人の場合も、借金した本人が支払えなくなれば請求が行きますから、決して保証人の責任が軽いというわけではありません

    保証人や連帯保証人が必要な理由

    お金を融資することも金融機関の仕事ですから、回収できないとビジネスになりません。
    高額な融資だと回収できないときにダメージが大きいので、回収が見込める担保として、保証人が付いていると安心して融資できるのです。

    一方で、住宅や車などの高額な物を、一括払いで購入することは難しいです。
    しかし生活に必要な買い物でもあります。
    そのようなとき、金融機関に支払いを約束してくれる保証人がいれば、必要な融資を受けることができます。

    保証人がいることで、金融機関も、債務者も、安心して融資や買い物ができますので、経済や生活をなり立たせるために必要な役割を担っているとも言えるでしょう

    保証人が必要になる主な融資としては、
    ・住宅ローン
    ・自動車ローン
    ・未成年のクレジットカード
    ・奨学金

    などがあります。

    任意整理しても保証人に請求が行かずにすむ方法

    保証人付きの借金を任意整理すると保証人に請求が行きますが、保証人にできるだけ迷惑をかけずに任意整理する方法があります。

    保証人が付いていない借金だけを任意整理する

    保証人が付いていない借金だけ任意整理することで、保証人への影響を防ぐことができます。

    たとえば保証人が付いていない消費者金融とクレジットカードだけ任意整理する、保証人が付いている銀行からの高額な借入は任意整理しない、という選択を行えば、任意整理をしても保証人に請求が行くことはありません。

    ただし、返済が最もつらい借金を、保証人が付いているからという理由で任意整理しないとなれば、借金した本人はその後も苦しい返済を続けることになります
    その場合、借金問題の解決という任意整理本来の目的が果たせなくなるので、保証人付きの借金を任意整理の対象に含めるかどうかは慎重に判断する必要があるでしょう。

    保証人と連名で任意整理をする

    保証人付きの借金を任意整理するという方法が避けられない場合、借金した本人と保証人が連名で任意整理を行い、任意整理後の支払いを本人が続ければ、保証人への請求を防ぐことができます。

    ただし、任意整理で和解したとおりの返済を続ける必要がありますし、もし借金した本人が和解契約を守れない場合は、連名で任意整理した保証人に請求が行く可能性があります

    通常2回程度の支払いの遅れは問題ありませんが、それ以上滞納が続くと任意整理による和解契約を守れなかったことになり、金融業者からは支払いの意思がないと見なされます。
    そうなると、金融業者から保証人が請求を受ける可能性が高くなるのでくれぐれもご注意ください

    保証人が任意整理するとブラックリストは避けられない

    連名で任意整理することで保証人に請求は行きませんが、本人は返済を続ける必要があります。
    とは言っても、連名で任意整理する保証人とってのデメリットが気になるのではないでしょうか。
    ここでは、保証人に起こりうる影響について解説します。

    ブラックリスト入りで生じるデメリット

    任意整理すると信用情報機関に事故情報が登録されて約5年はブラックリスト入りします。
    保証人と連名で任意整理する場合、借金した本人だけでなく保証人もブラックリスト状態になりますので、本人および保証人は次のような影響を受けます。

    ・クレジットカードを作成できない
    ・住宅ローンや自動車ローンのような各種ローンを組めない
    ・消費者金融からの借入ができない
    ・携帯電話の本体分割購入ができない
    ・賃貸物件の審査に通らない可能性がある

    ブラックリストの影響を受けずに生活するには、事故情報の回復を待つ、支払方法を工夫するなどして、ブラックリスト入りの期間を乗り越える必要があります。

    ブラックリスト入りしたら保証人にはなれない

    任意整理でブラックリスト入りすると、クレジットカードやローンを組めないだけでなく、約5年間は保証人になることができません。
    金融機関から借入を行う本人だけでなく、保証人に関しても返済力の調査が行われるからです。

    事故情報が削除されないと、任意整理した本人が保証人になることはできません。 ただし、子供の奨学金の保証人のように、もう一方の親がブラックリスト入りしていなければそちらを保証人にしたり、機関保証という保証人が必要ない制度を利用して、ブラックリスト状態の不便を解消できる場合もあります。

    なお、任意整理する前に他の借入の保証人になっている場合も、ブラックリスト状態になると保証人から外される可能性があるので覚えておきましょう。

    まとめ

    保証人付きの借金を任意整理すると、任意整理を行った金融機関からの請求が保証人に行くのでご注意ください。

    保証人には、厳密には保証人と連帯保証人の2種類があり、連帯保証人には催告の抗弁権、検索の抗弁権、分別の利益がありません
    とは言っても、通常の保証人も責任が軽いわけではなく、借金した本人が支払えなくなれば請求を受けます。

    任意整理をしても保証人には請求が行かないようにするには、保証人が付いている借金を任意整理の対象から外す、保証人と連名で任意整理を考える、という方法があります。

    保証人と連名で任意整理すれば、保証人にも任意任意整理をしたリスクが伴うので、慎重に考える必要があります
    保証人の負担軽減も踏まえながら、ご自身の借金を解決できる方法を検討していくようにしましょう。

    【弁護士に依頼するメリット】

    • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
    • 相談実績12万件以上!
    • 相談は何度でも無料