アイコン

VISAカードを債務整理したい!手続き後カード生活に困らないコツ

VISAカードの返済残高がかさんでしまうと、債務整理でなんとか解決できないかと考える人もいるでしょう。
中には、債務整理後にVISAカードを使えるかどうかが気になる人もいるかもしれません。

結論からお伝えすると、VISAカードは債務整理できますし、債務整理後にVISAカードの代替品を利用することもできます。

ただし債務整理するにしても、債務整理後にVISAカードに代わるカードを利用するにしても、気を付けていただきたいポイントがあります。
この記事では、そのようなVISAカードの債務整理、債務整理後のVISAカードについて詳しく解説していきますので、ぜひ内容をおさえましょう。

【弁護士に依頼するメリット】

  • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
  • 相談実績12万件以上!
  • 相談は何度でも無料

VISAカードの債務整理はできる

VISAカードは債務整理できますが、債務整理には条件があります。
VISAカードの特徴と合わせておさえておきましょう。

債務整理ができる条件

債務整理には主に任意整理、個人再生、自己破産があります。
返済が苦しくて完済を見込めない場合や、すでに滞納している場合などに選択される手続きです。

さらに細かな条件は各手続きによって異なりますが、VISAカードの債務整理には、将来利息のカットを見込める任意整理がおすすめです。

【任意整理の条件】

  • VISAカードの返済履歴がある
  • 任意整理後に3年~5年間の継続収入が見込める
  • 任意整理後に返済を続ける意思がある

VISAカードの特徴

VISAはクレジットカードの国際ブランドです。
国際ブランドとは、国や地域に共通して利用できるクレジットカードのブランドのことで、VISAカードはVISAマークが付いた加盟店で利用できます。
他の国際ブランドにはMastercardやJCBなどがあります。

国際ブランドは決済機能を提供する役割を行っていて、カード発行会社の役割は入会手続きや審査などの会員管理です。
債務整理をするときの対象会社はクレジットカード発行会社になるので、たとえば三井住友カードなら三井住友カード株式会社、楽天カードなら楽天カード株式会社が債務整理の相手先になります。

債務整理をすると利用中のカードが使えなくなる理由

VISAカードを債務整理すると、現在利用中のVISAカードを含むクレジットカードが債務整理後にも使えるかどうかは気になることでしょう。

任意整理の場合、手続きの対象に含めたVISAカードは強制解約となり、早ければ数日程度で使えなくなります。
また任意整理の対象に含めないクレジットカードについても、途上与信でいずれ使えなくなる可能性が高いです。

途上与信とは、クレジットカード会社が契約者の利用状況を定期的に確認することをいいますが、その際、クレジットカード会社は信用情報機関を参照します。

任意整理すると最低5年間は信用情報機関に事故情報が残ります。
クレジットカード会社は途上与信で事故情報を把握するので、契約者の信用力に問題があると判断すればカードは使用できなくなるのです。

また個人再生と自己破産の場合、すべての借入が手続きの対象となるため、VISAカードを含むすべてのクレジットカードが利用できません。
個人再生や自己破産の直前にクレジットカードを利用すると、返済する見込みがないのにカードを使ったと見なされ、個人再生や自己破産が認められないリスクがあります。
通常は弁護士のような専門家に個人再生、自己破産を依頼したタイミングで「今後カードは利用しないでください」と専門家に言われるでしょう。

新規のクレジットカード申込みに関しても、信用情報機関に事故情報が残っている間は発行できません。
事故情報が登録される期間は、先ほどご説明したように任意整理で約5年、個人再生と自己破産で最長10年なので、その期間の新規カード発行は難しいと言えます。

VISAカードを債務整理(任意整理)する前にしておくこと

VISAカードの債務整理に向いているのは任意整理ですが、任意整理を行う際はどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

カード払いの支払方法を変更する

VISAカードを任意整理すると、そのVISAカードは使用できなくなるので、水道光熱費や携帯電話料金などをカード払いにしている場合は支払方法を変更する必要があります。
支払方法を変更しなければ料金を払えずに滞納扱いとなりますし、遅延金が発生することもあるので注意しましょう。

カード払いから振込用紙での支払いや口座引き落としにすることで、支払いを継続できます。
ただし口座引き落としに変更する場合は、任意整理の対象に含めていない銀行の口座に変更する必要があります

たとえば銀行系のカードローンを任意整理の対象に含めると、その銀行口座は一定期間凍結されて利用できなくなる懸念があるので、任意整理の対象に含めていない銀行口座に変更しましょう。

カードの口座残高をゼロにする

三井住友VISAカードや三菱UFJカードのような銀行系のVISAカードを任意整理すると、その銀行で開設している口座も凍結される可能性があります。

たとえば、生活の基盤になる給料や預金を管理している重要な口座だと、凍結によってお金を下ろすことができずとても不便な状況となります。
そのような事態を避けるために、口座残高をゼロにしておくといいでしょう。

債務整理してもVISAカードを利用する方法

VISAカードを債務整理すると、信用情報機関に登録された事故情報によって一定期間カードを作成できないとご説明しましたが、VISAカードを使い慣れていた人にとって、カードがない生活は困ってしまうでしょう。
では、債務整理後にカードを使う生活は送れるのでしょうか。

VISAデビットカードを使うことはできる

債務整理してもVISAデビットカードであれば発行できます。

VISAデビットカードとは、VISA提携先の店舗やネットショッピングで利用できる審査不要のカードです。

VISAデビットカードでショッピングすると、利用した金額が、VISAデビットカード発行時に登録した銀行口座から即引き落とされます。
VISAクレジットカードのようにカード会社が立て替える必要はないため、入会時の審査が不要なのです。

VISAクレジットカードよりも使える場所は多少減ってしまいますが、債務整理後もクレジットカードを使うように買い物ができるという大きなメリットがあります

デビットカードとクレジットカードの違い

カードを使って買い物ができる点はデビットカードもクレジットカードも似ていますが、それぞれ次のような違いがあります。

デビットカード クレジットカード
入会審査 基本的に不要 必要
年齢制限 原則15歳以上 原則18歳以上
発行会社 主に銀行 主にカード会社
限度額 指定の銀行口座の残高 カード会社の規定による
決済方法 指定口座から即引き落とし 後日、指定された方法で支払い

VISAクレジットカードの利用までに最低5年はかかる

債務整理すると信用情報機関に事故情報が登録されます。
任意整理の場合は最低5年間は事故情報が残るので、その間はVISAクレジットカードの発行ができません。

クレジットカード会社は審査時に信用情報機関を参照します。
新規のカードの申込み者に事故情報があれば、クレジットカード会社は信用情報に問題があると判断して審査には通らないのです。

一方で、VISAデビットカードであれば審査不要で発行できますので、事故情報の削除を待たなくてもVISAクレジットカードの代替品として利用できます

デビットカードには注意点もある

債務整理をした直後でもVISAデビットカードは作れますが、VISAデビットカードの次のような注意点もおさえておきましょう。

  • 分割払いやリボ払いができない
  • 審査付きのデビットカードがある
  • クレヒス(クレジットヒストリー)が付かない
  • VISAデビットカードは利用金額がすぐに指定口座から引き落とされる仕組みなので、クレジットカードのように分割払いやリボ払いはできません。

    またVISAデビットカードは基本的に審査不要で発行できますが、立て替えサービスが付いているデビットカードには審査があります
    その場合はクレジットカードと同様に、任意整理から最低5年以上経たなければ審査には通りません。

    カードやローンの返済履歴をクレヒスといいますが、VISAデビットカードは借入れに該当しないため、クレヒスはつきません。
    クレヒスがなければ過去の返済実績も残らないため、クレジットカードやローンの審査に通りづらいことがあります

    債務整理後に利用できるその他のカードや支払方法

    VISAデビットカードがあれば、債務整理後に買い物などでカードを使えない不便を感じにくくなると思いますが、他にも債務整理後に利用できる決済方法があるのでご紹介します。

  • 家族カード
  • クレジットカードの主契約者である会員の信用に基づき、生計を同じくする家族に対して発行されるカードです。
    たとえば夫がクレジットカードの会員になっていれば、妻が債務整理してカードを作れない状態でも、夫の信用次第で家族カードを発行できます。

  • プリペイドカード
  • 事前に現金をチャージすることで利用できる前払い式のカードです。
    あらかじめチャージした金額内で買い物が可能です。

  • スマホ決済
  • 現金の代わりにスマホを読み取り機にかざしたり、専用アプリをインストールして利用できる決済方法です。

    このように、債務整理後も利用できる決済方法はデビットカード以外にもあります。
    債務整理して現在のVISAクレジットカードを利用できなくなっても、いくつかの選択肢があると考えれば、債務整理後の生活にも大きくは困らないのではないでしょうか。

    まとめ

    債務整理に必要な条件をクリアしていれば、VISAカードの債務整理は可能です。
    VISAカードの債務整理に向いているのは利息カットが見込める任意整理です。

    債務整理すると利用中のVISAカードは使えなくなりますが、任意整理の場合で約5年が経過すれば、通常の審査を受けられるようになります。

    信用情報機関から事故情報が削除される前でも、VISAデビットカードは発行できます。
    VISAデビットカードは入会時の審査が不要なので、債務整理の直後でもクレジットカードと同様に使えて便利です。

    VISAカードの返済でお困りのときは、債務整理後の決済方法やカード生活を必要以上に心配せずに債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

    【弁護士に依頼するメリット】

    • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
    • 相談実績12万件以上!
    • 相談は何度でも無料