アイコン

楽天カードの返済は債務整理できる?気になる対応と手続き後の注意点

楽天カードの利用が重なって返済がつらくなると、その返済が債務整理できるかどうかが気になりますよね。
債務整理自体よくわからず、手続きするとどうなるかが不安な人もいるでしょう。

楽天カードを債務整理することは可能ですが、手続きに伴って知っておいた方がいいことがいくつかあります。

そこで、債務整理をする際の注意点や手続き後にクレジットカードを作成するポイントも含めて、この記事で詳しくご説明していきます。
楽天カードの債務整理を考えていましたら、ぜひこれからお話しする内容をおさえておきましょう。

楽天カードは債務整理できる

楽天カードの支払いが難しいときの解決方法に、債務整理という選択肢があります。

債務整理とは、法律に則った方法で借金問題を解決する手続きで、主に任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。
任意整理と個人再生は借金を減らす手続き、自己破産は借金の返済義務が免除される手続きです。

債務整理が可能な支払いには、借金だけでなくカード払いも含まれますので、楽天カードのようなクレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠も対象になります。

キャッシングやショッピングで楽天カードを使いすぎて返済が大変
楽天カードの返済を滞納しそうで困っている
楽天カードの支払いがきつくて生活が苦しい

このような事態に陥っているときは、債務整理を検討するといいでしょう。
債務整理の中で、楽天カードの返済問題の解決に向いているのは任意整理です。

任意整理のメリットとデメリット

楽天カードの返済解決には任意整理が向いていますが、手続きをするかどうか判断するためにも、まずは任意整理のメリットとデメリットについておさえておきましょう。

任意整理のメリット

任意整理には次のようなメリットがあります。

  • 利息、手数料、遅延損害金をカットできる
  • 裁判所に申し立てることなく進められる
  • 家族や職場にバレづらい
  • 対象となる整理先を選べる
  • 任意整理の基本的な効果は、利息、手数料、遅延損害金のカットです。

    楽天カードのキャッシングには利息がかかりますし、ショッピングには手数料がかかります。
    また、返済を滞納すれば遅延損害金が発生します。

    楽天カードの返済が重くのしかかってくる原因の一つは、利息や遅延損害金です。
    任意整理を行うことで、利息、手数料、遅延損害金のカットが見込めるので、その後の支払いはすべて元本にあてられ、完済までの道筋を描きやすくなります。

    また個人再生と自己破産は裁判所に申し立てる手続きですが、任意整理は裁判所に申し立てず金融業者と直接交渉するので、スピーディーに進みます
    手続きが早く完了する分、家族や職場に債務整理がバレる機会を減らすことができるでしょう。

    任意整理は対象の金融業者を選べます。
    楽天カードを任意整理の対象に含め、保証人が付いている借入は対象から外して返済を続ける、といった方法で総返済額を減らして、トータルで支払い負担を抑えることができるのです。

    任意整理のデメリット

    任意整理にはメリットがある一方で、次のようなデメリットもあります。

  • ブラックリスト状態となり、カード生活に不便が生じる
  • 交渉の成立や和解条件は相手次第
  • キャッシング枠とクレジット枠はわけられない
  • 任意整理に限らず債務整理をすると、信用情報に傷が付いてブラックリスト状態となりますので、約5年間は、クレジットカードを作成したり、各種ローンを組むことができません。
    ブラックリスト状態とは、クレジットカード会社や消費者金融、銀行が加盟している信用情報機関に事故情報が登録されることをいいます。

    任意整理は裁判所を通さず強制力がない手続きなので、交渉の成立や和解条件は任意整理の交渉をする金融業者次第と言えます。
    ただし楽天カードの交渉先である楽天カード株式会社は、このあとにもご説明するとおり、基本的に任意整理に対して協力的です。

    任意整理は金融業者ごとに手続きをすることになるので、楽天カードのキャッシングとショッピングの枠をわけて一方だけ整理することはできません。
    たとえばキャッシングのみ任意整理してショッピングは手続きをしない、という選択はできないということです。

    任意整理した場合の楽天カードの対応

    楽天カードの任意整理を行うと、カード会社はどのような対応をしてくるのでしょうか。

    楽天カード株式会社の任意整理への姿勢として、よく言われている和解基準は次のとおりです。

  • 将来利息の全額カット
  • 残った元本は5年または6年の分割払い
  • 任意整理によって将来利息のカットを見込めますが、遅延損害金のカットは難しいケースもあるようです。
    分割払いの期間は3年間とする金融業者もある中、楽天カードの場合は、利息カットされた元本の分割払いは5年間(60回)、または6年間(72回)という条件で和解できたという事例が見られました。

    ただ、こうした和解基準は金融業者の経営事情などで変わってくることも考えられます。
    任意整理の交渉を有利に進めるには、そうした変化も踏まえたうえで専門的な法律知識と経験が求められます。
    弁護士のような専門家に相談することで、任意整理の効果を最大限に得ることができるでしょう。

    楽天カードを債務整理(任意整理)する流れ

    楽天カードを任意整理すると、手続きは次のように進みます。

  • 専門家へ相談
  • 弁護士や司法書士のような専門家に電話、メール、対面で相談します。

  • 専門家に任意整理を依頼
  • 相談内容に納得できれば任意整理を正式に依頼します。
    専門家に任意整理を依頼してから和解するまで、返済は一旦ストップします。

  • 受任通知の送付(督促のストップ)
  • 専門家の事務所から楽天カード株式会社に受任通知が送付されます。
    受任通知とは、専門家が債務整理の依頼を受けたことを、相手方(金融業者)に伝えるための文書です。
    楽天カードの返済を滞納して督促を受けていても、受任通知が楽天カード株式会社に届き次第、督促はストップします。

  • 交渉、和解
  • 専門家が楽天カード株式会社と任意整理の交渉を行います。
    将来利息のカットや分割回数といった条件がまとまれば、専門家が和解書を作成して和解します。

  • 支払いの再開
  • 任意整理による和解後、本人の返済が再開されます。
    完済までの分割払い期間は3年~6年です。

    専門家への相談から和解成立まで、6ヵ月程度かかるのが通常です。

    楽天カードの債務整理後にカードを作るときの注意点

    債務整理をするとブラックリスト状態となりますが、任意整理で約5年が経過して事故情報が削除されれば、クレジットカードの審査は通常どおり行われます。
    そこで、債務整理後に今まで通りカード生活を送るための注意点についてご説明します。

    安定した収入の生活を確立しておく

    新規でクレジットカードを作成する際の審査には、職業や年収といった条件がありますので、事故情報が削除されるまでに安定した生活を確立しておくことが大切です。
    たとえば雇用形態はアルバイトよりも正社員のほうが審査で評価されやすいですし、同じ正社員でも、年収が高いほうが評価されるでしょう。

    収入面や社会的立場で信用を得やすいと、クレジットカードの審査にマイナスになることはないと考えられます。

    キャッシング枠を設定しない

    クレジットカードのキャッシング枠は借金に該当しますので、立て替え払いのショッピング枠よりも、一般的にキャッシングのほうが審査のハードルは高くなります。

    そのためキャッシング枠を設定せず、ショッピング枠のみでクレジットカードに申し込むほうが審査には通りやすいでしょう。

    クレジットヒストリーを作る

    キャッシングの限度額が高めのクレジットカードを作る前には、クレヒス(クレジットヒストリー)を築いておくことがポイントです。
    クレヒスとは、クレジットカードやカードローンなどの利用履歴をいいますが、信用情報機関の事故情報が削除されると共にクレヒスも削除されます。

    クレヒスがまっさらなほうが審査に通りやすいのでは? と思われるかもしれませんが、たとえば30代以降の社会人で全くクレヒスが付いていない場合、逆にカード会社に不自然な印象を与えかねず、その結果、カード審査に落ちることがあるのです。

    そのためクレヒスの蓄積は大切なのですが、まずは比較的低額な支払いを毎月コツコツと行うといいでしょう
    たとえばショッピング枠のみのクレジットカードを作成し、公共料金や携帯電話料金をカード払いにすることでクレヒスを築くことができます。

    申し込みブラックをしない

    申し込みブラックとは、短期間にクレジットカードやカードローンなど複数の金融商品に申し込むことをいいます。

    クレジットカード会社は、申込者の情報を信用情報機関で参照できますし、その情報の中には、他社への金融商品の申し込み記録も含まれます。
    そのため、短期間のうちに何社ものカードやローンに申し込んでいれば、クレジットカード会社からは「お金に困っているのでは?」「返済能力があるのか疑わしい」と疑念を持たれて警戒されるのです。

    債務整理後は楽天カードの作成はほぼ不可能

    楽天カードを債務整理後、再び楽天カードを作成することはほぼできません。
    一般的に金融業者は、債務整理した顧客情報を社内に残してしっかりと管理しているからです。
    このことを社内ブラックといいます。

    任意整理の場合、信用情報機関の事故情報は約5年で消えますが、社内ブラックの事故情報は消えず、社内に残ります。

    楽天カードを債務整理すれば、楽天カード株式会社に社内ブラックの情報が残っていると考えられますので、債務整理後に楽天カードの審査をクリアすることは難しいでしょう。

    新規にクレジットカードを作りたいときは、信用情報機関の事故情報が削除された後、楽天カード以外のクレジットカード会社に申し込むことを考えてください。

    まとめ

    楽天カードは債務整理できます。
    まず検討していただきたいのは任意整理です。
    楽天カード株式会社は任意整理に協力的なので、柔軟な姿勢のうちに任意整理の交渉を行えば、利息カットと返済期間の見直しに応じてもらいやすいでしょう。

    任意整理のメリットとして、利息をカットできる、家族にバレづらいなどがありますが、そのような効果を最大限に得るためにも、弁護士などの専門家を頼ってみてはどうでしょうか。

    事故情報が削除されれば、楽天カード以外のカードの審査は通常通り受けられるようになるので、それまでに安定した生活を確立できるように過ごし方に気を付けましょう。