アイコン

まだ若いうちに債務整理はしないほうがいい?

債務整理には、新たな借り入れができなくなってしまうというデメリット(詳しくは「ブラックリスト入りってどういうこと?」)があるため、若いうちの債務整理は避けられる傾向があります。

若いうちから債務整理をすることへの不安を感じている方も、中には多いのではないでしょうか。

まだ若いうちに債務整理はしないほうがいい?

若さゆえ、多重債務に対する認識が甘く、すでに返済が困難となっていることに気付かないことも多々あり、気付けば選択肢が自己破産しかなかったという場合もあります。

若いうちこそ債務整理を推奨

年齢を重ねるごとに、債務整理をしたことによる影響は多く受けてしまうことになります。若いうちに債務整理手続きを済ませることができれば、数年後には信用情報も回復し、マイホームを持つことだって可能となります。

しかし、多額の借金をいつまでも引きずることによって、そういった可能性はますます断たれていくことになるのです。債務整理なく返済しきれるに越したことはありませんが、自身がどういった状況に立たされているのかを理解できず、長期間に及ぶ返済を繰り返した結果、選択肢を狭める結果になってしまうことがあるのです。

若いうちはデメリットもそれほど感じない

債務整理をすることによる最大のデメリットともいえるのが、新たな借り入れができないという点です。

しかし、こちらは若いうちはそれほどデメリットとして感じないことがほとんどです。

というのも、年齢を重ねて家族や子どもができた後の方が、急な現金が必要になることは多く、またローンを組む機会も多々あるからです。どうしても自由に使える現金というものに制限が出てきてしまいます。

こういった時期に債務整理をしてしまうと、いくら返済への負担が軽くなるからといっても、その後の生活に不安を残してしまうことになります。

しかし、若いうちであれば、自身の収入の中から自由に使える現金も多く、新たな借り入れができないというデメリットをそれほど感じないものです。

若いうちの債務整理は恥ずかしいことではない

若いのに債務整理をするなんて恥ずかしいと考えるような風潮もあるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

むしろ、若いうちに自身のお金の管理を反省し、しっかりとその後の人生に活かしていくことのほうが重要となります。そのきっかけとなってくれるのが債務整理といえますので、決して恥ずかしいことではありません。

若いうちは不安も多く、なかなか債務整理への一歩を踏み出すことができません。しかし、まずは自身の置かれている状況をしっかりと認識するという意味でも、専門家への無料相談を利用してみることをおすすめします。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料
関連記事