アイコン

異時廃止とは?同時廃止となにが違うの?

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

「異時廃止」とは、破産手続の内容のひとつです。

一般的に自己破産を申立てた際は

  • 一定額以上の財産がある場合=「管財事件

  • 財産が少なく,借金した経緯に問題がない場合=「同時廃止
のどちらかの方法で処理されます。

自己破産手続きは、まず財産を精算して債権者へ配当する「破産手続」と、債務(借金)をなくす「免責手続」の2つの手続で構成されています。

「破産手続」において,配当できる財産がなければ,破産手続をする必要性がないため,申立てと同時に破産手続を終了させる「同時廃止」という処理がなされます。

これにより「免責手続」のみ進み、裁判所から「免責許可」が決定されれば、借金はゼロになります。

しかし「同時廃止」で処理されず「管財事件」として手続が進んだ場合でも、後に配当すべき財産がないことが判明した場合は、途中で手続きが終了することがあります。これを「異時廃止」と呼びます。

異時廃止になっても,免責手続後に免責許可が決定される点は,同時廃止と同じです。

あわせて読みたい「自己破産」に関する記事
  • 自由財産拡張手続きの基準と流れは?
  • 関連記事