1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 債務整理をすると家族カードも持てないの?
2020.02.05
3,800 views

債務整理をすると家族カードも持てないの?

債務整理をすることによって、数年間はクレジットカードの所有が難しくなってしまいます(詳しくは「債務整理をした情報は何年で消えるの?」)。

債務整理をすると家族カードも持てないの?

これは、債務整理手続きをすれば、必ず付きまとってくるデメリットなのでどうしようもありません。

では、クレジットカードではなく、家族カードの場合はどうでしょう?
クレジットカードと同様、所有することすらできないのでしょうか?気になるところです。

今回は、債務整理と家族カードの関係について説明します。

家族カードの所有自体は可能

過去に債務整理をした経験がある方の場合、クレジットカードと同様、自分自身が契約者となって家族カードを作成することは、当然ながらできません。

しかし、自身の家族が作成した家族カードであれば、所有をすること自体は可能となっています。

そもそも家族カードというのは、もともとの契約者の信用情報で作成されることになっているので、家族カードの所有者の信用情報は、基本的には審査に影響を与えることはありません。

よって、過去に債務整理をした経験があった方であっても、家族カードであれば所有はもちろん、使用することも可能となっているのです。

債務整理の対象となっていたカード会社に注意

ただし、家族カードの審査について1点だけ注意点があります。

それは、過去に債務整理の対象となっていたカード会社から家族カードを作成する場合です。

この場合、カード会社によっては債務整理手続きがあったことを社内のブラックリストに残していることがあり、たとえ家族カードであっても所有が認められないことがあります。

こちらは、あくまでもカード会社側の内部的な事情ですが、もし審査に通らないことがあれば、このような事情が原因となっている可能性があります。

こうした懸念があるため、家族カードを所有させたい人物が過去に債務整理の対象となっていたカード会社だけは、なるべく避けるようにしたほうが無難です。

家族カードの使用管理は契約者がしっかりと

なお、家族カードは、契約者以外が使用することが可能ですが、最終的な支払い義務はもともとの契約者に生じます。もし、支払いが滞ってしまうようなことがあれば、今度は契約者本人の信用情報に傷がついてしまうことになります。

こうしたことからも、家族カードの使用管理は必ず契約者が行うようにしましょう。

特に、過去に債務整理の経験がある方の場合は、カード使用に躊躇がないこともあります。所有者が使いすぎることがないように、契約者がしっかりと目を配る必要があります。そこにさえ気を付けていれば、クレジットカードを作成できない不便さをカバーすることできます。

関連する人気の記事