1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 連帯保証人がいる場合はどうすればいいの?
2020.02.05
3,656 views

連帯保証人がいる場合はどうすればいいの?

債務整理を検討する際、連帯保証人がいるかどうかというのは非常に重要な事項です。

取られる手続きの種類によっては、連帯保証人に一括請求が直接いくことになります。対応の仕方を間違えれば、人間関係の悪化にも繋がりかねません。

連帯保証人がいる場合、まずは任意整理で解決できるか検討してみましょう。

今回は、連帯保証人がいる場合について、それぞれの手続き別に詳しく説明します。

任意整理の場合

連帯保証人がいる場合の手続きとして、もっとも迷惑をかけずにすむ手続きが任意整理です。というのも、任意整理という手続きは、どの債権者と債務の削減について交渉するか、を自身の判断で選ぶことができます。

つまり、連帯保証人がついてしまっている借入に関しては今までどおりの返済をし、その他の借入先について、任意整理による交渉をしていくことができるのです。

特定調停の場合

特定調停においても任意整理と同様、連帯保証人がついている借入を対象外として手続きを取ることができます。連帯保証の債権者に対して、債務整理をする通知さえいかなければ、連帯保証人に迷惑がかかるようなことはありません。

しかし、支払いについては現状どおりになってしまいますので、どうしても返済が苦しいような場合は、以下の個人再生もしくは自己破産の手続きを取る他ありません。

個人再生の場合

個人再生という手続きは、裁判を介することによって債務の圧縮を目的としています。

しかし、連帯保証人がついている借入がある場合、再生手続きの申立がされた段階で、連帯保証人に対して一括請求がいってしまう可能性があります。債権者次第なところがありますので、一概にはいえませんが、手続きを取る以上、連帯保証人に対して一括請求がいってしまう可能性は必ず考えなければなりません。

個人再生の場合、特定の債権者だけを手続きの対象から外すことができませんので、連帯保証人に対しては、しっかりとした事前説明が必要です。

手続き後の支払いについては、圧縮された債務は本人が、それ以外の債務について連帯保証人が支払うといった形式を取られるのが一般的です。

自己破産の場合

自己破産の場合も、個人再生と同様、特定の債権者を手続きの対象から外すことができません。

手続きの目的である、免責の決定が出てしまえば、自身の支払い義務はなくなりますが、連帯保証人が保証していた分については、連帯保証人が支払わなければならないことになります。

債務整理の中で、もっとも連帯保証人に迷惑をかけてしまう手続きで、場合によっては連帯保証人も自己破産しなければならない自体も想定されます。

自己破産をするのであれば、連帯保証人に事前説明を必ず行うようにし、現在の状況についての理解を求めておくことが、最低限必要な礼儀といえます。

関連する人気の記事