1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 借金は滞納し続けるとどうなってしまう?
2020.02.05
1,835 views

借金は滞納し続けるとどうなってしまう?

貸金業者からの借金を滞納し続けると、いったいどうなってしまうのでしょう?

借金を滞納し続けた場合、最終的には給与や預金口座が差押えされてしまうことになるのですが、いきなり差押えされてしまうわけではありません。すべての手続きは法律に則って行われるため、手続きには順番が決められているのです。

借金は滞納し続けるとどうなってしまう?

では、借金を滞納し続けると、どのような手順にて差押えがされていくことになるのでしょうか。

貸金業者からの絶え間ない催促

借金の滞納が続くと、貸金業者から絶え間ない催促の電話や手紙が届くようになります。一般的には、毎日のように電話がかかってくることになり、この電話に出ないでいると、契約時に記載していた職場にまで電話がかかってくることもあります。

原則として、職場に催促の電話を入れることは禁止されています。

事前に職場への連絡を拒否していればかかってくることはまずありませんが、社名を名乗らずに電話をするなど、貸金業者はなんとか本人と直接話をしようと試みてきます。

裁判所からの通知が届いたら黄色信号

貸金業者からの電話に一切出ず、届いた郵便物にもリアクションをしないでいると、待ちきれなくなった貸金業者は、裁判所で「支払い督促」や「貸金請求訴訟」といった手続きを利用します。

すると、自分のもとには貸金業者からではなく、裁判所からの通知が届くことになります(詳しくは「支払い督促が届いたらどうすればいい?」)。

この段階まで来てしまうと黄色信号と言えるでしょう。

なにかしら対策をしておかなければ貸金業者に債務名義(判決などのことを意味する)を取得されてしまいます。債務名義を取得されてしまうと、貸金業者はいつでも給与や預金口座の差押えといった手続きに移行できてしまうのです。

差押えは債務名義の確定後

とはいっても、裁判所から呼び出しの通知が来ただけで差押えがされてしまうことはありません。裁判所から送られてきた通知には、呼び出し状といった形で期日(裁判の日程)が指定されています。

この期日に出頭し、支払い督促であれば「異議申立書」、貸金請求訴訟の場合は「答弁書」を提出することによって、即座に債務名義が取得されてしまうのを回避することができます。

ただし、それをしないでいると債務名義の確定後、差押えの手続きに入られてしまう可能性がより強くなってしまいます。債務名義(判決など)は、判決といった裁判所からの決定が言い渡された日から2週間をもって確定することになっています。

確定後はいつ差押えされてもおかしくはない

債務名義の確定後、貸金業者がすぐに差押え手続きへと移行するかどうかはケースバイケースですが、いつ差押えがされてもおかしくはない非常に危険な状況です。

一番良いのは、貸金業者に債務名義を取得されてしまう前に何かしらの対策を講じることですが、ここまで状況が悪くなってしまったとしても、専門家であれば貸金業者との交渉によって、差押えを回避することも可能です。早ければ早いだけ取り得る手段も増えるため、なるべく早めの相談を心がけるようにしてください。

関連する人気の記事