1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 借金返済が滞ってしまったらどうすべき?やっておくべき対策とは
2020.04.22
550 views

借金返済が滞ってしまったらどうすべき?やっておくべき対策とは

借金の返済が滞ってしまい悩んでいるが、どのように返済金を捻出すればよいかわからない――という方もいるでしょう。そんな場合はまず、借り入れ状況を正確に把握し、現実的な返済計画を考えることが重要です。一人で悩んでも埒(らち)が明かない場合は、第三者にアドバイスを仰ぐことで完済への道筋が見えてくるかもしれません。

こちらの記事では、借金の返済に困った人が行うべき対策や、適切な相談相手の選び方についてお話しします。借金返済が困難な場合に行う「債務整理」についてもご説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

【弁護士に依頼すると何が良いの?】

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!

借金を返済するための第一歩

借金総額を明らかにする

借金返済が滞ったら、まず借金の総額を正確に把握しましょう。
借金総額は、借り入れ先や以下の信用情報機関に問い合わせるとわかります。

  • 株式会社CIC(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用センター(KSC)

借り入れ先が多いほど現状から目を逸らしたくなりますが、借金の管理を曖昧にしないことが完済への一番の近道といえるでしょう。

返済金額と返済期日を計画する

借金がどれくらいあるか把握したら、そこから自身の収入や支出が避けられない生活費と照らし合わせて返済可能な金額を導き出しましょう。毎月の収入やボーナスなどから返済に回せそうな金額を見積もり、同時に給料などの入金後に返済期日が来るように計画を立てます。

計画を立てたら、今度は「立てた返済計画を問題なく実行できるのか」という視点で確認しましょう。「返済額を増やすと生活が大変」「回せるお金が少ないので数年ではとうてい完済できない」といった状況であれば、自力での問題解決は難しいかもしれません。

計画に沿って返済する

現在の収入の範囲で計画的に借金を返済できそうな場合は、返済に充てる資金に手を付けないよう確実に準備しておきましょう。

収入の中から返済分を抜くと生活が苦しくなる場合は、まず現状の支出に無駄がないかを細かく見直してください。もし毎月発生する固定費を削ることができれば、節約効果はかなり大きくなります。それにより、返済による家計への影響をある程度は抑えることができるでしょう。

返済が難しいときにやること

支出の見直しなどによって家計を改善しても、収入自体が少なければ依然として完済への道は険しいでしょう。また、本人や家族の病気などで急に収入が減れば、それまで問題なく返済していた場合でも返済が滞る恐れがあります。

以下では、そういった場合の対応策についてご説明します。

身内に相談する

借金問題を解決する手段のうち、もっとも早く、かつ手間がかからない方法は「身内への相談」です。

返済に困っている間にも、借金は加算された利息の分だけ増えていきます。それを阻止するためにも、「恥ずかしい」「バツが悪い」といった感情は忘れてすぐに信頼できる身内へ相談しましょう。

身内なら一時的に借金を肩代わりしてもらえたり、親身に相談に応じてもらえたりする可能性が高いといえます。

退職金で返済する

退職直後などでまとまったお金(退職金)がある場合は、その退職金で借金をまとめて返済することを検討しましょう。

借金を全額返済できればベストですが、返済できるのが借金の一部であっても、まとめて返済できれば元金が減ります。それにともない将来支払う予定の利息も大きく減るので、完済までのゴールが近づきます。

保険を解約する

生命保険などを解約して返戻金を返済に充てるのも手です。

「大病にかかったときに保険がないのは心配」と考える方もいますが、国の「高額療養費制度」などの利用によって治療費を抑えることが可能であり、保険を解約しても問題ないケースは少なくないでしょう。

むしろ、返済期間が長くなるほど利息が増えていく借金のほうが生活に及ぼす影響は大きいので、借金の返済を優先することをおすすめします。

収入を上げる

収入が十分でないために返済へ回すお金がないという場合は、収入を増やすという選択肢も検討しましょう。「完済まで」と期間を決めてもいいかもしれません。

本業とは別のアルバイトや業務委託などの副業で収入を増やす、またはもっと高収入が見込める会社に転職する、というのも一つの方法です。

増えた収入は借金返済に充て、一日でも早く完済を目指しましょう。

財産を手放す

財産を手放すことを検討したほうがいい場合もあります。

なかでも比較的手放すハードルが低いのが、自家用車です。とにかく返済を目指すのであれば、車を売るのは非常に有効な方法といえます。

車が必要な環境では不便を感じる場面もありますが、車中心の生活を見直すチャンスにもなります。職場や最寄り駅に徒歩や自転車で行けば良い運動になり、健康維持にも役立つでしょう。

おまとめローンの利用

複数の会社で借りているローン(借金)をまとめる「おまとめローン」(借り換え)を利用する方法もあります。ただし、おまとめローンにはいくつか問題点があります。

まず、おまとめローンも借金であるため、借り入れ先が1社にはなるものの借金が減るわけではなく、完済まで利息を払い続けなければなりません。
次に、新たな借り入れには年収の3分の1以上の借金を制限する「総量規制」が適用されるため、まとめた借金の額が規定を超える場合は審査に通らない可能性があります

支出を削って返済に回すお金を増やす

通信費を見直す

支出を削って返済にお金を回す場合、まず見直しを検討したいのが通信費です。

スマホ、インターネット回線、Wi-Fiなどは料金プランや契約内容を見直し、必要な機能・サービスだけ残すことで費用を抑えることができます。また格安スマホへの変更など、安いサービスへの乗り換えによっても月々の費用をさらに削減できるでしょう。

月額サービスを見直す

月額で支払う動画視聴サービスやマンガ読み放題などの有料コンテンツをすべて解約するのも手です。

月額の有料コンテンツは定額でお得に思えますが、フル活用できているケースは少ないでしょう。それらの支出は毎月の固定費となり、家計を圧迫する原因にもなります。

有料コンテンツをすべて解約すれば、その分の固定費を借金返済に回せます。

その他、「変動費」の見直しも有効

固定費である程度の支出をカットできる見通しが立ったら、今度は変動費を見直しましょう。「外食をやめて食費を節約する」「こまめにスイッチを切って光熱費を抑える」などすれば、浮いたお金を返済に充てられます。

なお、借金をギャンブルで返そうと考えている方は、ギャンブル依存症の可能性があります。ギャンブル依存症は、多重債務者の原因となるれっきとしたを病気(疾患)です。借金問題の根本的な解決のために、ぜひ治療を受けることをおすすめします。

家計相談はお金の専門家に相談可能

以上のように支出の見直しをしても自身で返済金額を捻出できそうにない場合は、ファイナンシャルプランナーなどに相談するのも一つの方法です。

そのようなお金の専門家に相談すれば、今後の借金返済やまだ見直せる支出について適切なアドバイスを受けられる可能性が高いでしょう。

どうしても返せないときは債務整理の検討を

収入を増やしたり支出を削ったりしても返済に十分なお金を回せない場合や、病気などで働けず収入が途絶えている場合は、自力で借金を返済することができません。そのようなときは、「債務整理」を検討しましょう。

債務整理は、借金返済が困難な場合に行う法的法的な手続きです。債務整理の相談は、法テラスや弁護士・司法書士の事務所、国民生活センターの相談窓口などで受け付けています。まずはそれらの窓口に事情を相談し、完済に向けて何が必要かを確認してください。

主な債務整理の特徴

以下では、主な債務整理の特徴について解説していきます。

  • 任意整理
  • 消費者金融やクレジットカードの借金など、借入額が100万円~300万円程度の場合に多く選ばれる手続きです。利息の支払いに追われ、元金が減っていない方に有効です

    通常は弁護士・司法書士が受任通知の発送や貸金業者との交渉などを行います。しかし、司法書士に依頼できるのは1件あたりの債務額が140万円以下の場合に限られることを覚えておきましょう。

    主なメリットは、「受任通知で督促が止まる」「将来利息のカットや借金の減額ができる」「元本の返済を計画的にすすめられる」の3点。
    一方で、「信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)に載り、5年間程度はクレジットカードなどを利用できないこと」がデメリットとなります。

  • 個人再生
  • 任意整理での借金返済が困難な場合に行う、裁判所での手続きです。住宅ローン特則を使って住宅ローン以外の借金の元本を最大10分の1(最低100万円)まで圧縮し、原則3年で返済していきます

    借金総額(利息制限法の引き直し計算後)が5,000万円以下であることや、再生計画に則った返済ができること(収入の証明が必要)が個人再生を行う条件。加えて、官報ブラックリストに載ること保証人が返済の義務を負うことになるなどがデメリットです。

  • 自己破産
  • 借金の額が大き過ぎる場合に行う債務整理で、収入がなくても選択できる唯一の手続きです。
    裁判所に申し立てを行い、借金の返済義務を免除してもらいます。ただし、浪費やギャンブルなどの「免責不許可事由」に該当する場合は手続きできません。

    デメリットは個人再生とほぼ同じですが、一部を除く財産が差し押さえられ、手続きが終わるまで特定の仕事への就業や資格が制限される点は個人再生と異なります。

    以上を理解したうえで、自身の状況に合った債務整理方法を選びましょう。

新たな借金だけは作らないようにしよう

借金の返済が滞ったとき、焦って新たな借金を作るのはぜひとも避けたいところです。借金を借金で返す多重債務状態に陥ると、ますますそこから抜け出せなくなります。また、限度額の影響で新規の借り入れができない事態も想定されます。

そうなった際に闇金(闇金融)や個人間融資、給与ファクタリングなどに手を出すと、さらに債務が増えたりいらぬトラブルを招いたりしてしまいます。そのような状態に陥る前に債務整理を検討し、弁護士を頼るのも有効な手といえるでしょう。

借金返済の計画を効率よく進める方法

最後に、債務整理をしなくても自力で借金を返済できる方に向け、効率よく借金を返済する方法について見ていきます。効率的に借金を返済するカギは、「可能な限り元金を減らし、今後の利息を増やさないこと」です。

高金利の借り入れ先を見直す

増え続ける借金を減らすには、将来発生する利息を減らすことが重要です。そのための手段として、高金利の借り入れ先を見直し、借り換えを行って低金利の借り入れ先へ契約をまとめるのが効果的といえます。

たとえば借入額が100万円の場合、年利18%の消費者金融から年利12%の銀行系ローンに借り換えると、それだけで年間6万円の利息を削減できます。

複数社への返済は金利の高い順番で返す

将来利息を減らす手段は他にもあります。複数の会社から借金している場合は、金利の高い契約から早めに返していくのも手です。

金利が高いと借金(利息)が増えるペースも速いので、返済期間が長くなれば雪だるま式に借金が増えてしまいます。そのため、金利が高い借金は月々の返済額の増額や繰り上げ返済などを行い、将来利息の増加を抑えることに努めましょう。

ボーナスは繰り上げ返済に回す

同じく将来利息を減らす方法として、ボーナスを繰り上げ返済に回す方法があります。

ボーナスを繰り上げ返済に回せば、借金の元金を効率的に減らせます。それによって元金にかかる利息も当然減るので、結果的に借金総額を減らすのに役立ちます。

もし金銭的に余裕があるなら、ボーナスのほとんどを繰り上げ返済へ回すことを考えましょう。そうすれば早期での完済も夢ではありません。

貯金しておく

借金返済にあたって、一つ注意したいことがあります。

冠婚葬祭や病気・事故による入院など、予期せぬタイミングで多額のお金が必要になる場合があります。それを考えずに収入の大半を返済に回してしまうと、いざというときに使えるお金がなくなり、新たな借り入れを余儀なくされる場合もあります。

それを避けるために、最低でも数十万円は貯蓄として確保しておきたいところです。そのお金が貯まるまでは、最低弁済額での返済もありだと考えましょう。

現金で決済する

借金の返済中は、原則的に現金決済を心がけましょう。

クレジットカードはお金を払っている実感に乏しく、何かと使い過ぎてしまいがち。また、リボ払いの場合は安易なカード利用で残高が増えてしまい、せっかく立てた返済計画が崩れやすくなります。

それを防ぐ意味でも支払いは現金デビットカード現金チャージ式のスマホ決済などを利用しましょう。また、現在クレジットカード払いにしている支出も一度すべて見直し、可能な限り現金決済に変えることをおすすめします。

まとめ

借金返済が滞った場合はまず支出の見直しを図り、返済に回せるお金を捻出してみましょう。また、ある程度余力がある状態なら、貯蓄を確保しながらボーナスや退職金などを繰り上げ返済などに充てるとより効率的に完済を目指せます。

しかし、どう頑張っても返済に回せるお金を捻出できない場合は、法律の専門家である弁護士を頼るのも選択肢の一つです。合法的に利息や借金額を減らせる債務整理を弁護士に相談することで、借金問題解決の糸口が見えてくるかもしれません。

借金の返済に困ったら、弁護士への相談を検討してみてはいかがでしょうか。

【弁護士に依頼すると何が良いの?】

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!

関連する人気の記事