1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 「リボ払い」が終わらない!借金が減らない理由と早く完済する方法
2020.04.22
915 views

「リボ払い」が終わらない!借金が減らない理由と早く完済する方法

リボ払いで毎月一定額を返済に充てているのに、「借金がまったく減っていない」という状況に焦っていませんか?リボ払いは金利が15%程度と高く設定されており、毎月一定額を返済していても完済するまでには多くの時間を要します。

では、どうすれば早くリボ払いによる返済を終わらせることができるのでしょうか。こちらの記事では、リボ払いによる返済はいつ終わるのか、1日でも早く完済するにはどうすればよいのかについて、わかりやすく解説していきます。

知っておきたいリボ払いの仕組みと
2つの返済方式

リボ払いは「リボルビング払い」の略称で、毎月の返済額を固定し、金利とともに返済していく仕組みです。分割払いが「回数」を決めて返済するのに対し、リボ払いの場合は「金額」を決めて返済していきます。月々の返済額が一定になるので、借入額が大きくても1回あたりの返済負担を軽減できるという特徴があります。

リボ払いによる返済方式には、「定額方式」「残高スライド方式」があります。

定額方式は、毎月一定額を支払い残高(使ったお金=借金分)の大きさに関係なく返済する方法です。もう一方の残高スライド方式では、支払い残高の大きさに応じて返済額が段階的に増減します。

<支払い額の例>

支払い
残高
~10万円 10~15万円
未満
15~20万円
未満
20万円〜
毎月の支払い額 5000円 1万円 2万円 支払い残高が10万円増えるごとに+5000円

借金にあたる支払い残高に対して毎月の支払い額が低く設定されていると、支払いが長引いて高い金利の分だけ借金が増えることになりかねません。

リボ払いの返済がなぜか終わらない理由

細かい支出をリボ払いで支払っている

普段の買い物やサブスク(サブスクリプション)と呼ばれる月額サービス、交通費などをリボ払い対応のクレジットカードやカードローンなどで支払っていると、気付かないうちに元金が増えてしまいます。

毎月の元金が増える原因がある以上、いつまで経ってもリボ払いによる返済は終わりません。こうした状況を変えたいなら、現金決済の割合を増やし、リボ払い対応のクレジットカードの使い方を見直すことが大切です。リボ払いを使い過ぎた場合は、できるだけ「まとめ払い」で月ごとに返済することを心がけると、元金の増加を防ぐことができます。

最低弁済額での支払いを続けても元金は減らない

カードローンやクレジットカード会社が規定した「最低弁済額(支払わなければならない最低限の返済額)」で支払いを続けている場合、元金はなかなか減っていきません。仮に100万円をリボで借りていて、金利18%、債権者の最低弁済額が3%に設定されていた場合、月3万円(100万円×3%)のみで支払いを続けると4年(48か月)もの返済期間が必要です。

少しでも返済期間を短くするには、収入を上げて他の支出を減らし、月々の返済に回す金額を増やす努力が必要です。「ボーナス月は一括で支払う額を増やす」などの工夫も手段の一つといえるでしょう。

リボ払いの返済を長期化させないための工夫とは?

リボ払いで借金を増やさないためには、手数料が膨らむ原因となる「返済の長期化」を避ける必要があります。

返済できるだけのお金があるなら「一括返済の活用」や「毎月の支払い金額を高く設定する」といった選択肢が有効です。しかし、それが難しい場合には金利の低い金融機関への「借り換え」を検討するのもよいでしょう。

例えば、残高100万円を返済する場合について考えてみましょう。 リボ払いで返済しようとする場合、返済総額は1,426,474円に膨らみます。(金利年18%、定額方式、支払い回数48回、月々30,000円の返済)

一方で、銀行系カードローンに全額を借り換えて分割払いで返済した場合、返済総額は1,335,900円(金利年15%、分割払い、支払い回数48回、月々約28,000円の返済)となります。

このように、借り換えによって返済総額が10万円近く減り、月々の返済額も抑えられます。

債務整理を活用して借金の減額や免責をはかる

収入が少なく毎月の最低弁済額の確保すら難しい場合、また利用限度額の上限まで元金の利用額が増えている場合は、「債務整理」も有効な選択肢の一つになり得ます。

親や兄弟といった信頼できる身内からの援助が得られず、他の金融機関への借り換えが困難でも、債務整理なら借金の返済額を減らしたり免除したりすることが可能です。

債務整理では、主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が選択肢になります。以下では、どういったケースでどの債務整理手続きが適しているのかをご説明します。

将来利息をカットできる任意整理

現在の収入から逆算してリボ払いの元金を3~5年で返済できるなら、「任意整理」を選択するのが一般的です。任意整理とは、債権者と交渉して将来的に発生する利息をカットし、月々の返済負担を軽減する手続きのことです。

ただし、任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます(ブラックリスト入り)。そうなると、一定期間はクレジットカードの作成や新たな借り入れができなくなります。

任意整理費用の確保が難しそうな場合

任意整理を弁護士などの専門家に依頼する場合は、着手金や報酬金などが必要になります。もし費用が用意できないなら、クレジットカウンセリング協会(JCCO)に問い合わせてみましょう。面談での相談対応や債権者との交渉などを無料で行ってくれます。

なお、弁護士事務所によっては費用の分割払いや後払いに対応しているところもあります。費用面について気になることがある場合は、無料相談などの機会を使って話を聞いてみましょう。

他社からも借り入れがある場合

借金をしている貸金業者が1社だけにとどまらず、複数のリボ払いで借金を重ねている場合、任意整理で分割返済を行っても完済を実現するのは困難です。そういったケースでは、任意整理よりも借金の減額幅が大きい「個人再生」や「自己破産」が有効な選択肢といえます

個人再生の概要と特徴

100万円を超えるような債務を抱えている方で、かつ一定の収入がある場合は、元金の大幅な圧縮が期待できる個人再生が適していると考えられます。個人再生をすれば、借金の元金を10分の1程度まで減らすことも可能です

住宅ローンが残っている状態でも、住宅ローン特則(住宅資金特別条項)を利用して返済を継続すれば、家を手放すことなく多額の借金を減額することが期待できます。

自己破産の概要と特徴

借金の総額が個人再生による圧縮後も分割払いできないほど大きいケース、または返済に充てられる一定の収入がないというケースでは、自己破産を選択するのが現実的といえるでしょう。自己破産なら、リボ払いによって作ってしまった借金の返済義務を免除できます

ただし、自己破産をすれば自動車や住宅などの高額財産を処分しなければならなくなってしまいます。免責許可決定が法的に確定すれば借金の支払いが免除される一方で、破産手続中は一部の職業に就くことを制限されたり持ち家を失ったりすることがあるため、メリットもデメリットも大きい法的手続きといえるのです。

最適な方法で「リボ払いによる借金の完済」を目指しましょう

リボ払いによる返済がなかなか終わらないと焦っているなら、一気に返すか、毎月の返済に回す金額を少しでも増やす努力が必要です。それが難しいなら、借り換えによって金利と元金を減らす方法を考えましょう。毎月の最低弁済額の確保すら難しい状況なら、債務整理による解決を検討すべきかもしれません。

債務整理は、法律に基づいて借金を減額または免除できる正当な手続きです。お客様にとってどの方法がベストな選択となるのかは借金の状況によって異なります。「リボ払いによる借金の完済」を目指すうえで不明点や気になることがある場合は、弁護士などの専門家へ相談してみましょう。

関連する人気の記事

  • 相談中の心得
    相談中の心得
    「相談前の準備」も整ったところで、専門家へ相談に行く当日が来ました。 法律の専門家と聞くだけで、どうしてもお堅いイメージもありますし、ついつい緊張してしまうところではありますが、相談中の心…
  • 携帯電話の名義貸しで友人の借金を請求された
    携帯電話の名義貸しで友人の借金を請求された
    ■相談に対する回答 結論から言えば、名義人が自身である限り請求を逃れることはできません。 たとえ名義貸しであっても、請求している債権者からすれば単に名義人に請求しているにすぎず、他人に名義…
  • 過払い金請求したいが、貸金業者が破産手続き中
    過払い金請求したいが、貸金業者が破産手続き中
    相談に対する回答 確かに、20年ほど前からの借入であれば過払い金が発生している可能性は高いです。しかし、請求先の貸金業者がすでに破産手続きに入っているとのことですね。 一見、過払い請求は諦…