1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 消費者金融の借金をうまく返したい!返済額や方法をわかりやすく解説
2020.05.22
1,156 views

消費者金融の借金をうまく返したい!返済額や方法をわかりやすく解説

消費者金融の借金返済方法や利息の計算について知りたい
もし、消費者金融の借金を返済できなかったらどうなるの?

急にまとまったお金が必要になったものの、「手持ちでは足りない」ということもあるでしょう。そんなとき、手軽にお金を借りられる消費者金融は便利な存在です。しかし消費者金融の適切な利用方法を知らないと、借金が大きく増えて返済困難な状態に陥るおそれもあります。

このような事態を防ぐために、消費者金融の返済プランや異なる利息の計算方法、5つの返済方法やそのメリット・デメリットについてご説明します。

また、返済が難しくなった場合の3つの選択肢についても詳しくお伝えします。

返済プランの種類

消費者金融における返済プランは、大きく分けて「一括返済」と「分割返済」の2種類があります。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。以下を理解していれば、消費者金融を効率的に利用でき、返済に困る状況を避けることも可能です。

一括返済

「一括返済」は、借入金額を数日から1ヶ月のうちにまとめて完済する方法です。この返済方法は、ほとんど利息を払わずに済むのが大きなメリットです。

借金は借入日の翌日から1日ごとに利息が発生し、借入期間が長くなるほど元本に加算される利息は増えていきます。しかし、短期間で一括返済すれば利息は少額しか発生しないため、返済額は「元本+少額の利息」で済みます

ただし、一括返済には「1回の返済負担が重くなる」というデメリットも。人によっては分割返済のほうが適している場合もあるでしょう。

分割返済

「分割返済」は、支払いを複数回に分けて借金を返済していく方法です。1回あたりの返済負担が小さくなる点がメリットといえます。

しかしその分だけ借入期間が長くなり、残った元本に対して毎日利息が加算されるので、合計の返済額が増えて返済が難しくなる場合もあります。そうならないために、すみやかに元本を返済し、利息の発生を最小限に抑える必要があるでしょう。

利息ってどのくらいかかるの?

ここまでお読みになり、「分割返済にするとどれだけ利息を払うことになるのか」と不安になった方もいるかもしれません。

そこで次は、利息の計算についての基本や、分割払いで返済していく場合の利息の計算方法について、具体的な数字を挙げながらご説明します。

利息の計算方法

利息の計算において基本となるのが年利(1年間で支払う利息の割合)です。利息はその年利をもとに計算します。

利息の計算式

借入残高×年利×借入日数÷365=利息額

通常、消費者金融の年利は利息制限法の上限金利である「100万円未満:年利18%/100万円以上:年利15%」に設定されています。

それに従い、仮に「10月16日に消費者金融で100万円を借り、11月16日に元金を全額返済した場合」で利息を計算してみましょう。

100万円×15%×31日÷365日=12,739円(返済額101万2,739円)

返済プランが「一括返済」であれば、以上の計算で利息額や返済額がわかります。

分割払いをした場合の利息の計算方法

分割払いの場合は、毎月借入残高(元本)をもとに算出された利息が発生する形となります。元本の完済まで利息が発生し続ける点が、一括払いと大きく異なります。

例えば「30万円を年利18%で借りて毎月10万円ずつ分割返済した場合」は、利息の総額が9,186円となります。下表をご覧ください。

返済回数返済金額元金利息残高
1 100,000円 95,561円 4,438円 204,438円
2 100,000円 96,975円 3,024円 107,463円
3 100,000円 98,410円 1,589円 9,053円
4 9,186円 9,052円 134円 0円
累計 300,000円 9,186円 9,186円

この例では、1ヶ月を30日、1年を365日としています。実際には借入日数を厳密に数えたうえで利息の計算が行われるため、実際の返済計画とは多少の誤差があります。

このように、分割払いでは毎月元本に応じた利息が発生し続けるので、一括払いよりも返済額が増えてしまいます。したがって、可能であればできるだけ早く元本を返済し、将来的に発生する利息を抑えたほうがよいでしょう。

返済金額の支払い方法

消費者金融の返済プランや利息が発生する仕組みについて、ご理解いただけたでしょうか。続いては、消費者金融へ借金をどうやって返すのかをご説明します。

インターネットで返済

インターネットバンキング利用者におすすめなのが、パソコンやスマートフォン、携帯電話から返済を行う「インターネット返済」です。ご自身の銀行口座から、いつでも消費者金融の口座に短時間で返済できて便利です。

ただし自分で振り込む形となるため、うっかり返済を忘れるリスクも高くなります。

消費者金融・提携ATMで返済

消費者金融のATMに入金する方法もあります。しかしこの方法は、周囲に消費者金融を利用している事実を知られる可能性があるでしょう。

このリスクを避けたい場合、自社ATMではなく提携ATMを使って入金する方法もあります。ただし、提携ATMだと数百円の手数料が発生するケースが多くあります。

店頭窓口で返済

消費者金融の窓口でも返済を受け付けています。返済計画を見直したい場合などに、窓口の担当者に相談できるメリットがあります。

ただし、窓口の受付時間は平日18時までのケースが多いため、返済できる時間が限られる点がネックになるでしょう。

自動引落しで返済

最も払い忘れのリスクを抑えられるのが、銀行口座からの自動引き落としです。登録した口座から毎月自動で返済されるため、ATMに行ったり自分で振込手続きを行ったりする必要がありません。

一方、残高不足で引き落としができない場合は遅延損害金が発生します。口座の残高は事前に確認しておきましょう。

銀行振込みで返済

消費者金融が指定する銀行口座に振り込む方法もあります。この場合も、通常は振込手数料が数百円かかります。

指定口座がある銀行支店で振り込めば手数料が無料となる場合もありますが、最近はそのケースでも手数料を有料としている銀行が増えています。

もしも返済ができなくなったらどうすればいいの?

最後に、消費者金融の借金がふくらみ、返済が困難になってしまったときの解決方法をお伝えします。

消費者金融に連絡する

返済が難しくなったら、まずは速やかに消費者金融に連絡しましょう。期日までに返済できないと事前にわかった場合や返済が遅れた場合は、できるだけ早く消費者金融のコールセンターに連絡しなければなりません。

個々のケースにもよりますが、事前に連絡すれば返済期日を遅らせてもらえる可能性もあります。

おまとめローンを利用する

複数の消費者金融から借金をしている場合は、「おまとめローン」という選択肢があります。おまとめローンは「借り換え」ともいい、複数の貸金業者からの借り入れを1社にまとめる方法です。

おまとめローンのメリットは、毎月の返済日の管理が容易になることと、月々の返済額が減ること。また、利息制限法の上限金利は100万円未満で18%、100万円以上で15%のため、合計額が100万円を超える場合はおまとめローンにすると金利が下がります。

デメリットは、月々の返済額が減ると返済期間が長くなり、金利が下がっても支払う利息が増える可能性が高いこと。また、おまとめローンには審査があり、それに通らなければそもそも借金をまとめることができません。

おまとめローンの利用にあたっては、以上のメリット・デメリットをふまえてよく検討しましょう。

債務整理をする

支払い期限の延長やおまとめローンの利用では根本的に借金問題を解決できないこともあります。その場合は、「債務整理」を検討しましょう。

債務整理は借金の減額・免除を目指す法的な手続きのことで、以下の3種類あります。

  • 任意整理
  • 消費者金融との直接交渉によって、将来的に発生する利息のカットや元金の減額を図る方法です。3種類ある債務整理のうち唯一「裁判所を通さない手続き」で、周囲に借金の事実を知られるリスクが低い点がメリットといえます。

    その一方、信用情報機関に事故情報が登録されてブラックリストに載り、5年間はクレジットカードやローンが利用・契約できなくなります。また、個人再生や自己破産に比べて借金の減額幅が小さいのもデメリットです。

  • 個人再生
  • 裁判所への申し立てを通して、借金を5分の1程度(最大10分の1)まで減額できる方法です。借金の元本が多い場合の選択肢で、「一定の収入がある」「住宅ローン以外の借金が5,000万円未満」といった条件を満たす必要があります。

    持ち家を残した状態で借金を大幅に圧縮できますが、国が発行している「官報」に情報が載ること、5~10年はクレジットカードやローンを利用できないことなどがデメリットです。

  • 自己破産
  • 裁判所での手続きを通して、借金(債務)をゼロにできる方法です。借金額が大きく、自力で返済できる力がない場合の選択肢といえます。

    減額幅は最も大きい反面、家や車などの高額財産を失う、最大10年間はクレジットカードやローンが利用できない、「官報」に情報が載る、特定の資格や就業が停止されるといったデメリットもあります。

    債務整理によって消費者金融の借金をなんとかしたいなら、まずは弁護士事務所・司法書士事務所に相談し、自分に適した解決方法についてアドバイスを受けてみましょう。メールや電話での相談を無料で行っている事務所も多くあります。そのような機会を使って不安を解消するのも手です。

    まとめ

    審査が簡単で時間をかけずにお金を借りられる便利な消費者金融。その一方で、返済期間が長くなるほど支払う利息の総額は増え、総額が増えるほど返済は難しくなります。返済困難な状況にならないよう、できるだけ早期に元本を返すことを心がけてください。

    もし消費者金融の借金がふくらんで自力で返済できなくなったら、一人で悩んだりそのまま放置したりせず、弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが賢明です。経験豊富な専門家なら、あなたの生活や借金の状況に適した解決方法を考えてくれるでしょう。

    関連する人気の記事