1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. アイフルの返済ができないときの対処法と借金の根本的な解決策とは
2020.07.17
9,164 views

アイフルの返済ができないときの対処法と借金の根本的な解決策とは

アイフルの返済が苦しい
アイフルの返済を今月は滞納しそう。。。

アイフルから借金をして、返済するのが苦しい時、状況を変える対処法はいくつか考えられます。

2ヵ月以上返済の見通しが立たない場合は、そのまま放置すると深刻なリスクに直面しかねません

そこで、状況に合わせて自分でできる対処法をお伝えするとともに、返済せず放置していた場合のリスクや、専門家の力を借りた解決策などについてご説明します。

【弁護士に依頼すると何が良いの?】

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!

今月だけ返済できない場合

「今月だけ、アイフルの返済が苦しい」という場合、まず大事なことはアイフルに電話をするということです。

アイフルに電話をする

滞納しそうだということがわかったら、なるべく早く、できれば返済期限前にアイフルに電話をし、次の2点を伝えましょう。

  • 滞納の理由
  • 返済できる期日
  • 問い合わせ窓口の電話番号
    0120-109-437 平日9時~18時

    アイフルに連絡をしないまま滞納すると、督促の電話がかかってきてしまいます。
    連絡を入れないと、アイフルにとっての心証も悪くなり、今後の対応が厳しくなるなど悪影響が考えられます。
    できるだけ早く、こちらから連絡をするようにしましょう。

    返済を滞らせないためのポイント

    返済に行き詰まらなくするために、次のことに気を付けてください。

  • 収入が入ったら、まずは返済にお金を回す
  • 日頃の生活は、収入から返済分の金額を引いた差額分だけを使う
  • 返済日や返済額を変更して早めに完済できるように調整する
  • 不要な買い物を控える、公共料金プランを見直すなど、支出を抑える
  • などの生活・支払方法の工夫をしてみましょう。

    他にも、次のようなシステムを活用するという方法もあります。

    aiメールサービス

    aiメールサービスは、会員向けの無料のサービスで、メールで次のようなお知らせをしてくれます。

  • 返済期日3日前にお知らせ
  • 限度額変更の申し込み
  • 提出書類などのお知らせ
  • メールから会員ページにログインすると返済金額の確認もできるので、お金の管理に役立ちます。

    約定日制のみ期日の変更が可能

    アイフルの返済は、毎月の返済日を自分で決める「約定日制」の返済と、予め決まっている35日のサイクルで返済する「サイクル制」の返済があります。

    約定日制の返済の場合は返済日を変更できますので、一時的に返済が厳しい場合は、期日を変更して乗り切ることも考えられます。

    アイフルはWebで約定日を変更することも可能です。

    なお、サイクル制の返済は、返済期日の前であればいつでも返済が可能なので、返済期日の変更はできません。

    1ヵ月以上返済できない場合

    1ヵ月以上の延滞になりそうな場合にも、アイフルに電話で連絡をしたほうが良いことは、1ヵ月だけ返済できない場合と同じです。

    ただし、ただ連絡をするのではなく、その後の返済の見通しを立てる必要もあり、次のような方法が考えられます。

    返済額の減額相談

    アイフルに今後の返済について相談すると、減額相談に乗ってもらえることがあります。
    相談者の状況によっては、次のような方法を取ることも可能です。

  • 返済が苦しい期間のみ、返済額を月々の利息額まで減らす
  • 月々の返済額を減らして、返済期間を長くする
  • 家族や友人に相談

    返済が苦しい間、家族や友人に助けてもらう方法もあります。
    ただし、借金を借金して返済するということには変わりませんので、根本的な解決にならないことや、トラブルになりやすいことは留意しておいてください。

    おまとめローンの利用

    おまとめローンで借金を一本化した方が返済しやすい場合もあります。

  • アイフルを含めて、複数の業者から借金をしている
  • あわせて借入額が100万円以上になっている
  • 会社員で定収がある
  • といった場合は、金利の低いおまとめローンを利用し、月々の返済額を減らすことで、少ない負担で返済を継続できる可能性があります。

    ただし、おまとめローンには、次のような注意点もあります。

  • 審査があるので必ず利用できるとは限らない
  • 金利が高い場合、長い目で見ると負担が減らせない
  • 借入額があまりにも大きすぎて、たとえ定収があっても収支のバランスが取れないなど審査に通りにくい状況では、利用できない可能性が高いです。

    また、おまとめローンでも金利が18%近くといった高い金利のものを選び、月々の返済額を減らしてしまうと、返済は長期化する上、返済総額も増えてしまいます。

    アイフルの返済が行き詰まったら専門家に相談を

    それでもなかなか返済のめどが立たない場合、収入などの状況に合わせて借金を解決できる方法として債務整理を検討してみると良いでしょう。

    借金を根本から解決できる債務整理とは

    債務整理は、借金を減らす合法的な手続きです。
    手続きによっては借金の免除が認められることもあり、主な手続きに、任意整理・個人再生・自己破産の3つがあります。

    任意整理は業者との交渉で進め、個人再生・自己破産は、裁判所で進める手続きです。 これらの手続きを専門家に依頼すると、煩雑な手続きを代行してくれるだけでなく、次のようなメリットが得られます。

    専門家に依頼するメリット

  • 精神的にも負担の大きい督促を止めることができる
  • 手続きの間は、借金の返済も止まる
  • 特に任意整理の場合には、家族にバレないように手続きを進めることも可能
  • 最適な手続きを提案してくれる結果、借金が減らしやすくなる
  • それぞれの手続きについて見ていきましょう。

    任意整理

    個別の借金について、業者との交渉で金利や遅延損害金をカットして借金の総額を減らすことができます。
    返済期間を延長することにより月々の返済額を減らせる点や、個別の借金を選んで整理できる点も特徴的です。

    裁判所で行う手続きではなく、交渉を中心とする手続きですので、比較的短期間に借金問題を解決できます。

    個人再生

    裁判所で行う手続きで、債務の額を5分の1からおおよそ10分の1にまで減額できます。

    すべての借金を対象に行う手続きである点は、個別の借金を整理する任意整理とは異なります。
    「住宅ローン特例」という法律の規定が適用される場合は、持ち家に住み続けながら借金問題を解決できます。

    自己破産

    借金が多額で見収入のめどが立たないなど、返済が見込めない場合に、借金の額を最終的にゼロにできる手続きです。
    個人再生と同様裁判所で行う手続きで、すべての借金を対象に行います。

    裁判所に認められれば借金がゼロにまで減らせる反面、最低限の生活費以外は没収されて、債権者に分配されます。

    返済できないときに受けるペナルティ

    借金の返済ができず、滞納をしたまま放っておくと、次のようなペナルティが生じます。

    滞納の流れとペナルティ

    滞納は、時間の経過とともに事態がより深刻化します。

    滞納から1日
    アイフルカードで新規の借り入れができなくなるほか、遅延損害金(年率20%)が発生します。

    滞納から約2週間
    督促の電話が入るようになります。

    滞納から約3~4週間
    督促状が自宅に届くようになります。

    滞納から約1ヵ月
    アイフルカードの限度額が引き下げられます。

    滞納から約2ヵ月
    残額の一括請求が行われ、強制解約となります。

    滞納から3ヵ月目
    ブラックリスト入りします。

    滞納から3ヵ月以降
    訴訟や支払督促といった法的手続を進められ、最終的には預金や給与が差し押さえられる危険性があります。

    ペナルティで生じる不利益

    滞納のペナルティにより具体的に生じる不利益は、以下の通りです。

    遅延損害金の発生

    遅延損害金は、年20%と高率です。
    滞納の翌日から発生するので、放っておくと日々増えていき、その結果、返済総額が増えてしまいます。

    ブラックリスト入り

    ブラックリスト入りとは、信用情報機関に事故情報が登録されることを意味します。

    アイフルの場合、消費者金融系のJICCという信用情報機関に加盟していますので、滞納の情報はJICCに登録されます。

    他の銀行等の金融機関・クレジットカード会社などは、新規の取引やカード発行前の審査の際には、JICCなどの信用情報機関の登録情報を確認するのですが、事故情報があると審査には通りません事故情報があれば、アイフル以外の金融業者との取引もできなくなります

    滞納に関しておさえておきたい注意点

    アイフルの債権回収は、アイフルからのほか、AG債権回収(旧アストライ債権回収)からもなされることがありますので、知らない業者だと思ってそのまま放置するというのは滞納のリスクが増しますので注意しましょう。

    他方で、債権回収をかたった詐欺もありますので、真偽の確認は専門家に判断してもらってください。

    以下のような連絡が来たり不審な点があれば、詐欺の可能性があります。

  • 個人名の口座に振り込むよう連絡してくる
  • 心当たりのなり金額を振り込むよう指示してくる
  • 借金と関係ない代金について書かれている
  • SMSで連絡してくる
  • 自分がアイフルに借金があり、AG債権回収から連絡があったときは、アイフルの会員向け窓口に連絡をして確認してみましょう。

    まとめ

    アイフルの借金が返済できない場合は、滞納の期間がどれくらいになりそうかで対処するようにしましょう。
    滞納を放っておくと、括請求や差し押さえなど、時間とともにリスクが大きくなります

    返済のめどが立たない場合は債務整理が有効です。
    専門家に頼むと、督促や手続き中の返済を止めてくれるほか、状況に応じてダメージを抑えた手続きを選べます。

    専門家が行う債務整理は、返済の負担を少なくしながら生活再建を図れるメリットが大きいので、アイフルの返済で悩んでいるときには、まずは無料相談を利用するなどして専門家の知恵を借りてみてはいかがでしょうか。

    【弁護士に依頼すると何が良いの?】

    • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
    • 面倒な手続きを一任できる!
    • 相談依頼実績12万件以上!

    関連する人気の記事