アイコン

リボ払い信用情報への影響。ローン審査で不利にならない方法

リボ払いで信用情報に傷がつくの?
リボ払いをしているとローンの審査に通りにくくなるの?

リボ払いは月々の支払いが小さくできるので便利な反面、「リボ地獄」と言われるように多額の負債を抱える人も少なくありません。

そのためか、リボ払いをすると信用情報やローンの審査に悪い影響を与えるというイメージがあるようです。

そこでこちらの記事では、
・リボ払いで信用情報に傷はつくのか
・リボ払いが審査に影響するケース
・審査を有利にするためにしておくべきこと
などについて解説します。

リボ払いしていることで信用情報に傷がつくことはない

リボ払いは、一括払いや分割払いなどと同じようにクレジットカードを利用したときの返済方法の一つです。

滞りなく返済している限りは、リボ払いで信用情報に傷がついたり、審査でマイナス査定されることはありません

信用情報の仕組みと審査の関係

信用情報とは、クレジットカードやローンなどをどれくらい利用しているかを記録しているものです。

新しくカードや住宅ローンなどの申込みをすると、金融業者は信用情報を参考にして、本人の返済能力を判断します。

クレジットカードを作るだけでも情報は登録されるので、登録されること自体には何も問題はなく、審査に影響することもありません

一方で、支払いの滞納などをすると、金融業者は加盟している信用情報機関に事故情報として登録し、信用情報に傷がつくことになります。

登録された事故情報は、信用情報機関に加盟している他の金融業者も閲覧できるので、クレジットカードや住宅ローンの申込みをしたくても、信用情報に傷があると審査で落とされる可能性が高くなります

リボ払い関連で登録される情報

リボ払いに関係のある信用情報には次のようなものがあります。

  • カードにリボ払い機能が付いているかどうか
  • 利用限度額
  • 実際の利用額
  • 毎月期日通りに返済しているか
  • 残りの返済総額

これらは滞納しているかどうかに関係なく登録される内容です。

金融業者はこの情報を基にして、住宅ローンや自動車ローンなどの審査を行います。

リボ払いが審査に影響するケース

リボ払いだけではただちに信用情報に傷がつくことはありませんが、次のような取引状況にある場合は審査に影響がでることがあります。

・リボ天
リボ天(リボ払い天井張り付き)とは、利用限度額いっぱいまで利用している状況が長く続いている状態のことです。

リボ払いの支払額を最低限度に抑えていると、利息の支払いばかりになり、いつまでも元金を減らせません。

リボ天になっている人は、現状ですでに返済が手いっぱいであると判断され、ローンの審査に影響することがあります

・滞納
月々の支払いを未払いや一部入金などにしていると、その通りの記録が信用情報に登録されます。

滞納を解消しないまま金融業者に申込をすると、審査に影響する可能性があります

リボ払い以外で信用情報の審査に影響することもある

クレジットカードの利用状況次第では、リボ払い以外にもローンの審査に影響することがあります。

審査ではどういったところを見られるのかを押さえておきましょう。

審査に影響しがちなカードの使い方

たとえ信用情報に傷がつくようなことではなくてもローンの審査に影響することがあります

次のようなカードの使い方をしている人は注意が必要です。

短期間に複数のカードを作成している

直近数ヵ月以内に数枚のクレジットカードを発行していると、
お金に困っているのではないか
といった疑いを持たれて審査に通りにくくなる可能性があります。

信用情報機関にはカード作成の申込みをしただけでも6ヵ月は情報が残るので、カードを作れなかったとしても後々の審査に影響することが考えられます。

クレジットカードでキャッシングしている

クレジットカードのキャッシング自体では審査に影響することはありません。

しかし、キャッシングの目的が生活費や他のカードの返済などであると、返済能力を疑われて審査で落とされるかもしれません

キャッシング機能付きのカードを持っている

多くのクレジットカードには元々キャッシング機能が付けられているので、それだけで審査に影響することはないでしょう。

ただし、過去にキャッシングを利用した経験があったり、キャッシングの利用限度額が高かったりすると、今後高額なキャッシングをして返済できなくなるリスクを疑われるかもしれません

リボ払いを含めた返済負担率にも注意

年収に対して年間いくら返済できるかを算出した割合を返済負担率と言います。

返済負担率の計算式
年間返済額÷年収×100=返済負担率(%)

一般的に、返済負担率30~40%ほどが無理なく返済し続けられる目安とされていて、住宅ローンなどの審査での判断基準になります。

もしリボ払いの返済が残っていれば、住宅ローンと合わせた返済額で返済負担率を計算されます。

【年収400万円の人が3000万円の住宅ローンを20年で完済したい場合の返済負担率】
(3000万円÷20年)÷400万円×100=37.5%

【リボ払いの返済が200万円残っていて、3000万円の住宅ローンと合わせた場合の返済負担率】
(3200万円÷20年)÷400万円×100=40.0%

リボ払いの支払が残っていると、住宅ローンに上乗せして計算されるので返済負担率は高くなります。

リボ払いの返済残高がさらに大きくなると返済負担率も上がるので、審査が不利になってしまいます

リボ払いやカードで審査に不利にならないために

新たにローンを組みたいと考えている人は、審査を有利に進めなければなりません。

ここでは、リボ払いをしている人が審査を通すためのポイントを解説します。

リボ払いの支払い残高は完済する

リボ払いの返済が残っている場合は完済しておきましょう。

リボ払いは、月々の返済にプラスして繰上げ返済することができます。
完済したら発行される完済証明書(発行の申請が必要な場合もあります)を提示すると、ローンの審査に通りやすくなることがあります

完済が難しいときは返済方法を工夫する

完済が難しければ、返済方法を工夫して少しでも減額しておくといいでしょう。

ボーナスなどの臨時収入があったときに繰り上げ返済をしたり、月々の返済額を増額したりすると、リボ払いの完済がぐっと早まります

使っていないカードは解約する

使っていないカードは解約し、保有するカードを少なくしましょう。

カードをたくさん持っているということは、それだけ利用限度額やキャッシング枠が大きいということです。

今は使っていないとしても、審査する側から見れば、申込者が急な出費でつい使ってしまうリスクを抱えている状態を意味しています

できるだけ多く頭金を用意する

できるだけ頭金を用意しておくことも重要なポイントです。

頭金をたくさん支払うことで、返済負担率を小さくすることができます

年収400万円の人が、600万円の頭金を用意して3000万円の住宅ローンを20年で完済する場合の返済負担率は、
(3000万円ー600万円)÷20年÷400万円×100=30%

住宅の頭金は、購入価格の2割以上が望ましいと言われています。

多ければ多いほど返済負担率は低くなり、審査に通りやすくなるでしょう

信用情報が心配なときは開示請求で確認を

自分が気付かないところで信用情報に傷がついていたというケースも考えられなくはありません。

信用情報が心配な人は、信用情報機関に開示請求をして確認してみましょう。

開示請求は本人であれば可能

信用情報の開示請求は本人であれば誰にでも可能で、パソコンやスマホ、郵送、窓口などによって信用情報機関に申請できます。

信用情報機関は次の3つがあり、開示請求の方法は各機関のサイトで確認可能です。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
株式会社日本信用情報機構(JICC)
一般社団法人 全国銀行協会

事故情報は一定期間で回復する

過去に長期滞納などをして事故情報が残っている場合、ローンの審査が通りにくくなってしまいます。

もし事故情報が残っていても、一定期間が経過すると信用情報は回復し、その後の審査に影響することはありません

事故情報の種類と登録期間は次の通りです。

  • 申込情報:照会日より6ヵ月
  • 長期延滞:延滞解消から5年
  • 代位弁済:5年
  • 任意整理:5年
  • 個人再生・自己破産:5~10年

上記期間はあくまでも目安です。
この期間を経過すれば必ず削除されているとは限らないので、情報開示請求をして自分で確認しておく必要があります

もし情報が誤っていれば訂正してもらうことはできますが、事故情報を削除してもらうことは基本的にできません。

あくまでも登録期間が過ぎるのを待つしかないので、それまでの期間はリボ払いの完済やローンの頭金を用意するなどして、ローンを組むための準備をしておくようにしましょう。

まとめ

リボ払いはクレジットカードの返済方法の一つであり、リボ払いが原因で信用情報に傷がついたり、ローンの審査に影響が出たりすることはありません

ただし、リボ払いの残高が大きいと返済負担率が大きくなるため、ローンの審査に通りにくくなる可能性があります

審査を有利に進めるために、次のような対策をしておくことをおすすめします。

  • リボ払いの支払い残高は完済する
  • 完済が難しいときは返済方法を工夫する
  • 使っていないカードは解約する
  • できるだけ多く頭金を用意する

リボ払いをしていても住宅ローンや自動車ローンの審査に通ることは可能です。今のうちにできる対策は進めておくようにしましょう。

関連記事