1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 債務整理のQ&A
  4. 自己破産における管財事件とは?どういう場合に適用されるの?
2020.11.25
237 views

自己破産における管財事件とは?どういう場合に適用されるの?

「管財事件」とは、自己破産手続の一つです。
自己破産には主に「管財事件」と「同時廃止」の2種類の手続きがあります。

一定額以上の財産(20万円以上)を持っている場合の自己破産は通常、管財事件として扱われます。
裁判所から選ばれた破産管財人が、債務者(自己破産する人)の財産を換金して債権者へ公平に分配します。
通常の場合,費用は「予納金」として50万円以上がかかります。

しかし弁護士が申立てをして,破産管財人の業務が限定された場合は,「少額管財事件」として扱われます。
予納金は20万円程度に抑えられます。(別途弁護士費用がかかります)
手続にかかる期間も、管財事件より短くなる場合が多いようです。

「少額管財事件」として手続をするためには、弁護士に依頼することが必要になります

関連する人気の記事