1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. 債務整理のQ&A
  4. 異時廃止とは?同時廃止となにが違うの?
2020.11.25
616 views

異時廃止とは?同時廃止となにが違うの?

「異時廃止」とは、破産手続の内容のひとつです。

一般的に自己破産を申立てた際は

  • 一定額以上の財産がある場合=「管財事件

  • 財産が少なく,借金した経緯に問題がない場合=「同時廃止
のどちらかの方法で処理されます。

自己破産手続きは、まず財産を精算して債権者へ配当する「破産手続」と、債務(借金)をなくす「免責手続」の2つの手続で構成されています。

「破産手続」において,配当できる財産がなければ,破産手続をする必要性がないため,申立てと同時に破産手続を終了させる「同時廃止」という処理がなされます。

これにより「免責手続」のみ進み、裁判所から「免責許可」が決定されれば、借金はゼロになります。

しかし「同時廃止」で処理されず「管財事件」として手続が進んだ場合でも、後に配当すべき財産がないことが判明した場合は、途中で手続きが終了することがあります。これを「異時廃止」と呼びます。

異時廃止になっても,免責手続後に免責許可が決定される点は,同時廃止と同じです。

あわせて読みたい「自己破産」に関する記事
  • 自由財産拡張手続きの基準と流れは?
  • 関連する人気の記事