離婚後も今の家に住み続けることは可能?

離婚後も今の家に住みたい

特に女性の方に多いと言えますが、現在、離婚を検討していて、収入や子どもの学校のことなどを考慮すると、今の家に住み続けたいといった希望をお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。

では、離婚後も今の家に住み続けることは可能なのでしょうか?
こちらに関しては、夫婦間の話し合いによるとしか言えません。

たとえば、今の家が持ち家であるのであれば、財産分与の問題となり、自身がそのまま今の家に住み続けたいのであれば、登記簿上の所有権を相手から自身に移転してもらうように交渉する必要があると言えます。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

夫婦の事情に合わせた交渉が必要

住宅ローンが残っているのであれば、残った住宅ローンの一部、または全額を自身が負担するなどして、所有権を移してもらうように交渉するという方法もあります。

とはいえ、財産分与の内容については、そもそもの離婚原因にもよっても有利不利が異なりますし、子どもがいるのであればどちらが(今の家で)養育するのかといったように、夫婦それぞれの事情に合わせた交渉が必要になると言えるでしょう。

なお、こういった財産分与、親権、養育費といった問題は、離婚後の自身の生活が苦しくなることがないよう、慎重に話し合いを進めていく必要があります。
住宅だけにこだわっていると、他の部分がおろそかにもなりかねないため、離婚問題全体を見渡しながら話し合いを進めることも忘れないように心がけてください。

賃貸住宅の場合は賃借名義人の変更を

持ち家ではなく、賃貸住宅であった場合、賃借名義人が相手になっているのであれば、自身に変更してもらうように貸主に通知をし、承諾を得る必要があります。
賃借名義人でもないのに、そのまま居座ることは法的にも問題がありますので、そういったことはしないようにしてください。

なお、通知を出した際、貸主から
「新しい契約をすることと変わりないため、再度の敷金を支払ってください」
などと言われた場合は注意が必要です。

確かに契約名義が新しく変わることにはなりますが、実質的には利用状況が変わるわけではなく、また、リフォームが必要になるわけでもないため、改めて敷金の支払いをしなければならない法的な義務は発生しないと言えます。

もちろん現実には最初の契約内容にもよりますが、再度の敷金の支払いについては、交渉の余地が十分にあることを覚えておくようにしてください。

住み続けることができなさそうな場合は・・・?

様々な事情から、今の家に住み続けることができそうにない場合は、新しい住居を探さなければなりません。

ここで注目したいのが、居住先によっては、離婚後の収入不足をサポートするために低金利での貸し付けを制度化している市区町村があります。もし、離婚後の収入面で不安が残る場合は、お近くの市区町村役場の窓口に相談してみるのも良いと言えるでしょう。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

関連記事

離婚すると学資保険はどうなる?

離婚すると子どものためにしていた学資保険はどうなってしまうのでしょうか? 学資保険は、一…

相手の名前だけで現住所を調べる方法は?調べられない時の対処法も

離婚後、養育費や慰謝料の支払いが滞ったという理由で相手と連絡を取ろうとしても、電話は通じず、引っ…

再婚禁止期間ってなに?

女性には離婚後、半年間は再婚ができないという再婚禁止期間が定められ、女性は離婚をした後、他の男性…

離婚後に受給できる公的給付は?

子どもがいる場合、離婚後の金銭問題というのは必ず付きまとうものです。子どもを養育していくだ…

離婚後にしなければならない公的手続きは?

離婚を成立させるだけでも精神的・肉体的な負担は相当なものですが、離婚後にもしなければならない面倒…