どこからが不貞行為に該当するの?

どこからが不貞行為?

不貞行為は、離婚裁判での判断基準になる「法定離婚原因」に該当する行為で、夫婦にとっては非常に重大な問題です。

そもそも不貞行為とは法律用語の1つで、一般的な不倫や浮気とは少し考え方が異なります。では、どこからが不貞行為に該当するといえるのでしょうか?

プラトニックな関係であれば不貞行為とはいえない

たとえば、出会い系サイトで女性と知り合った、といった場合はどうでしょう?

価値観は人それぞれですので、人によっては浮気や不倫と判断することもあるでしょう。しかし、法的な不貞行為に該当しているとはいえません。

また、出会い系サイトで女性と知り合った後、メール交換をした、一緒に食事へ行った、キスをした、といった行為があっても、まだ不貞行為には該当していません。

あくまでもプラトニックな(肉体関係がない)関係であれば、不貞行為とされることはないのです。

不貞行為と断定されるのは肉体関係があった場合

上記のような関係ならまだしも、その後、一線を越え、肉体関係にまで発展してしまった場合、こちらはまさに不貞行為があったと断定される瞬間です。

一般的な認識である浮気や不倫は、どうしても個人の価値観が伴うものとなっています。しかし法的には、不貞行為の基準を夫婦以外の者との肉体関係と定めています。

一度の不貞行為だけでは離婚が認められないことも

ただし、裁判では一度の不貞行為だけでは離婚が認められないケースが多いです。
相手が離婚に同意するのであれば、問題が生じることはありませんが、相手が離婚に同意せず調停や裁判まで発展してしまった場合、一時的な感情だけで安易に離婚を判断すべきではないと裁判所から判断されてしまうケースがほとんどです。

なぜなら離婚は当事者だけでなく周囲の人間にも少なからず影響を与えることになり、裁判所には冷静な判断が求められるからです。

どうしても離婚をしたい場合は・・・?

そこで、どうしても離婚をしたいのであれば、「婚姻関係を継続し難い重大な事由がある」として、離婚を求めることも可能です。

不貞をされた心の傷はたやすく癒えるものではないでしょう。
婚姻関係を継続できないと感じた場合は、他にも選択肢が残されているので、ぜひ覚えておいてくださいね。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

関連記事

【夫婦離婚の原因】婚姻を継続し難い重大な事由

夫婦関係が完全に破たんし、もはや回復する見込みがない場合「婚姻を継続し難い重大な事由」として、法…

【夫婦離婚の原因】生死不明と行方不明の違い

生死不明と行方不明では少しだけ意味が異なります。 生死不明とは、

配偶者が「強度の精神病」と診断されたら…離婚できる?

配偶者が強度の精神病になってしまった場合、これを理由に離婚を請求することが可能となっています。強…

悪意の破棄とは?離婚の理由にするための条件

悪意の遺棄とは、わかりやすく言えば、「ある事実を知っていながら放っておくこと…

不貞行為|離婚の原因になる際の条件

不貞行為とは、法律用語のひとつで婚姻している人が配偶者以外と肉体関係をもつことです。浮気や不倫に…