どんなものが不貞の証拠になる?

どんなものが不貞の証拠になる?

相手の不貞行為を証明したい場合、一体どのような証拠を集めれば良いのでしょうか?

どの証拠にも言えることですが、第三者が見ても明確であることが証拠として必要な条件です。
不貞の事実を証明したいのであれば、第三者が見ても明らかに不貞行為があったとわかる証拠を集めるようにしましょう。

たとえば、浮気相手とベッドで寄り添っている写真や動画、肉体関係があったことを彷彿とさせるメールやチャット履歴、といった物的証拠が良い例として挙げられます。

その他にも状況証拠や目撃証拠など

上記のような物的証拠の他にも、ホテルの宿泊を示している領収書や伝票、(自身との性交がないにも関わらず)避妊具を購入しているレシートといった状況証拠も良いです。

また、第三者から浮気の目撃証言を得ることができれば、目撃証拠として有効になることもあります。

ただし、状況証拠の場合は、単独では明確に不貞の証拠とならない可能性もありますので、その日は出張と偽って家を出て行ったなどの、相手の嘘の発言などと合わさるとより効果をもたらします。

目撃証拠についても、いつ・どこで・誰と・どのような状況で、といったことを明確にすることによって、より信憑性のある目撃証拠にすることが可能です。

証拠集めの際に気を付けるべきこと

しかし、不貞の証拠を集めるというのは、そう簡単なことではありません。

相手に浮気を疑っていることを悟られてしまえば、より一層警戒されてしまいます。特に携帯電話の中身については、日頃から削除されてしまう可能性も強いため、浮気を疑っていることを悟られないように気を付けなければなりません。

また、証拠集めをする上で、相手の行動パターンを把握しておくことはとても重要ですが、尾行といった直接的な行動をする場合、見つかってしまった際のリスクが非常に大きいため、積極的な行動をするときは極力気を付けるようにしましょう。

証拠集めは興信所に依頼するという方法も

なお、証拠集めについては興信所探偵事務所に依頼する方法もあります。興信所というのは、明確な目的がある場合に限り、相手を尾行したり、写真を撮ったりといった調査を代行して行ってくれる事務所です。

しかし、調査費用は高額となりますし、まれにグレーな行為に手を染めている興信所もあるため、見極めには気を配らなければなりません。特に、公安委員会に対して業務の届け出が出されているかどうかは、必ずチェックをするようにしてください。

また、興信所などの利用に関してはトラブルが多いという実情もありますので、自身がトラブルに巻き込まれてしまったときは、必ず法律の専門家である弁護士に相談をするようにしてください。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

関連記事

【夫婦離婚の原因】婚姻を継続し難い重大な事由

夫婦関係が完全に破たんし、もはや回復する見込みがない場合「婚姻を継続し難い重大な事由」として、法…

【夫婦離婚の原因】生死不明と行方不明の違い

生死不明と行方不明では少しだけ意味が異なります。 生死不明とは、

配偶者が「強度の精神病」と診断されたら…離婚できる?

配偶者が強度の精神病になってしまった場合、これを理由に離婚を請求することが可能となっています。強…

悪意の破棄とは?離婚の理由にするための条件

悪意の遺棄とは、わかりやすく言えば、「ある事実を知っていながら放っておくこと…

不貞行為|離婚の原因になる際の条件

不貞行為とは、法律用語のひとつで婚姻している人が配偶者以外と肉体関係をもつことです。浮気や不倫に…