浮気されたら浮気し返しても良い?

浮気されたら浮気し返しても良い?

相手に浮気をされてしまったとなれば、悲しい気持ち、辛い気持ち、悔しい気持ち、さまざまな負の感情がわき出てくるものです。そこで感情的になり、「浮気し返してやりたい!」といった考えに至る方がいるかもしれません。

しかし、いくら相手を反省させたいからといっても、浮気されたから浮気し返すといった報復行為は、法律上は認められていません。 自身が不利にもなりかねないため、絶対に行わないようにしましょう。

浮気し返すと自らが有責配偶者になることも・・・

相手が浮気発覚後に反省し、夫婦関係の修復に努力していたにも関わらず、自身が浮気し返すことによって、離婚裁判で自らが有責配偶者(離婚原因を作った者のこと)になってしまう危険性があります。

また法律上、婚姻関係にあるものは夫婦以外の者と肉体関係に及んではならないという「貞操義務」があります。相手が不貞という貞操義務違反をしたからといって、自身は不貞行為に及んでもいいというわけではありません。

いざ離婚となった際に、相手に対して慰謝料などを請求できなくなってしまう可能性が強くなってしまいます

自身がどうしたいのかをよく考える

なお、相手に浮気をされたからといって、そこで夫婦関係が終わってしまうわけではありません。その証拠に、一度きりの不貞行為であれば、裁判上、離婚が認められないケースが多いのです(詳しくは「どこからが不貞行為に該当するの?」)。

大切なのは、浮気発覚後の相手と向き合い、自身がどうしたいと感じたかに尽きます。相手が不貞行為を反省し、もう一度夫婦関係を修復していきたいと努力しているのであれば、その気持ちを汲んであげるのも良い選択になるでしょう。

それでも許せない場合は?

離婚についてはともかく、相手がいくら反省していたとしても、どうしても許せないといった場合は、慰謝料請求という選択肢もあります。

自らが受けた精神的ダメージは、お金に換算して補ってもらおうという方法です。

慰謝料については夫婦間で話し合いをし、妥当な金額(詳しくは「離婚せずに慰謝料請求できる?」)を決めるようにしましょう。

なお、ここで得た慰謝料については、自身の特有財産(詳しくは「財産分与」)として自由に使うことができますので、これがきっかけとなり気が晴れたという方も実際には多くいらっしゃいます。

また、相手に慰謝料を請求せず、浮気相手に慰謝料を請求することも可能です。不貞行為は共同不法行為、つまり配偶者と不倫相手が共同で行なった違反行為です。両者に責任があるため、慰謝料の請求は両者あるいは片方、どちらでも可能です。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

関連記事

【夫婦離婚の原因】婚姻を継続し難い重大な事由

夫婦関係が完全に破たんし、もはや回復する見込みがない場合「婚姻を継続し難い重大な事由」として、法…

【夫婦離婚の原因】生死不明と行方不明の違い

生死不明と行方不明では少しだけ意味が異なります。 生死不明とは、

配偶者が「強度の精神病」と診断されたら…離婚できる?

配偶者が強度の精神病になってしまった場合、これを理由に離婚を請求することが可能となっています。強…

悪意の破棄とは?離婚の理由にするための条件

悪意の遺棄とは、わかりやすく言えば、「ある事実を知っていながら放っておくこと…

不貞行為|離婚の原因になる際の条件

不貞行為とは、法律用語のひとつで婚姻している人が配偶者以外と肉体関係をもつことです。浮気や不倫に…