後から生死不明でないことがわかったら?

後から生死不明でないことがわかったら?

配偶者が3年以上の生死不明となっていたところ、後から生死不明でないことがわかった場合は、すでに離婚が成立していたか否かによって取り扱いが異なることになります。

すでに裁判所に離婚の訴えを提起し、離婚の判決が確定していた場合は、たとえ後から生死不明でないことがわかったとしても、離婚を取り消すことはできないことになっています。

ただし、判決が確定する前であれば、相手が控訴をする(再度の審理を申し出ること)か、自らが訴えを取り下げることによって、離婚請求をなかったことにすることも可能です。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

たとえ離婚が成立しても再婚は可能

離婚成立後に生死不明でないことがわかった場合、上記のように離婚を取り消すことはできませんが、再婚をすることは可能となっています。

3年の生死不明が原因となって、致し方なく離婚をすることになったが、自身も相手も再度の婚姻関係を望むのであれば、再婚という形で夫婦関係を取り戻すことも可能です。たとえいったんは離婚が成立してしまったとしても、また以前通りの関係に戻ることも可能と言えるでしょう。

失踪宣告を利用していた場合

また、3年以上の生死不明ではなく、失踪宣告(詳しくは「3年以上の生死不明」)の制度を利用していた場合は、別の取り扱いがされることになっています。

そもそも離婚というのは生き別れを指していますが、失踪宣告の場合は死に別れとして取り扱われるため、後から失踪者の生存が確認されることによって失踪宣告は取り消され、はじめから死亡していなかったことになります。もちろん婚姻関係もそのまま有効なものとなります。

ただし、相手が生存していることを知らずに、他の人と結婚をしていた場合は、前の婚姻関係が元通りになることはありません。つまり、離婚は成立してしまいます。

不在期間の清算で揉めてしまうことも

上記のようなことから、一度はあきらめていた婚姻生活がもとに戻ったとしても、相手が不在であった期間の婚姻費用について揉めてしまうこともあります。待たされていた側は、その間の生活費を自らまかない続けてきたのです。

こういった場合、夫婦間の話し合いで解決するのが良いですが、それが難しい場合は裁判所の調停手続きを利用するという選択肢もあります。

調停手続きであれば、調停委員が知恵を貸してくれるためスムーズな話し合いも可能です。もちろん、弁護士といった専門家に相談するのも良いでしょう。専門的なアドバイスがきっかけとなって解決へと至るケースは、現実にもよく見受けられます。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

関連記事

自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?

自らが不倫といった離婚原因を作ってしまった場合、不利な離婚になってしまうのは仕方がないと考えてい…

相手が同性愛者だと知った場合に離婚はできるか?

結婚当初はパートナーが同性愛者であることを知らず、数年経ってから知った場合、これを理由に離婚はで…

モラハラを理由に離婚はできるか?

モラハラとは、正式にはモラル・ハラスメント

親の介護を拒む相手と離婚はできるか?

夫の母が病気により身体が不自由になり、生活するためには介護が必要になってしまいました。 …

宗教を強要する相手と離婚はできるか?

日本国憲法では基本的人権のひとつとして、「信教の自由」を認めています。 …