うつ病の相手と離婚はできる?

うつ病の相手と離婚はできる?

妻がうつ病になってしまい、その様子を見ているのに疲れてしまった・・・
パートナーのうつ病を理由に離婚することはできるのでしょうか?

まずは当事者同士で離婚について話し合いをする必要があります。ここで離婚について双方の合意があれば、協議離婚が成立することになります。

しかし、パートナーが離婚に合意しなかった場合、調停や裁判といった手続きへと移行することになります。

では、パートナーがうつ病になってしまった場合、それを理由に調停や裁判にて離婚をすることはできるのでしょうか?

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

調停にて合意になれば離婚は成立するが・・・

協議によって離婚がまとまらなかった場合、次は調停離婚へと移行します。

話し合いの場を裁判所の調停手続きへと移すことになり、ここで相手が離婚について合意してくれれば調停離婚が成立することになります。しかし、ここでも相手が離婚に合意しないとなれば調停は不成立となり、当然ながら離婚することはできません。

また、裁判所の調停手続きでは、うつ病の治療に協力すべきといったように、夫婦関係を継続するよう促されるケースが多いです

調停で離婚が成立しないとなれば、次は、「回復の見込みのない強度の精神病」であることなどを理由に、裁判を起こすしか離婚の方法は残されていません。

うつ病だけが理由では離婚は難しい

そもそも、うつ病になってしまった原因がパートナーだけにあるとはいえないため、単にうつ病だけを理由に離婚をするのは難しいです。

しかし、その他に特別な事情があれば、裁判で離婚が認められる可能性もあります。強度の精神病は離婚事由のひとつです。

たとえば、パートナーがうつ病になってから、2~3年程度の治療に協力したにも関わらず、回復する見込みがまるでないといったような場合など、努力をしたにも関わらず改善が見られなかったといった場合であれば、離婚が認められる可能性は高くなります。

しかし、なんら治療に協力するわけでもなく、パートナーのうつ病だけを理由に離婚請求をしたとしても、裁判所が離婚を認めてくれる可能性は極めて低いです。

離婚後の生活についても重要

ほかにも、うつ病となってしまったパートナーが離婚後に生活を送っていくことができるのかについても、裁判では重要視されます。

パートナーのうつ病を理由に離婚するのであれば、治療に2~3年程度の協力をしたにも関わらず、回復していく見込みがなく、さらに離婚後の相手の生活費についてある程度の補償ができる、といったような条件を満たしていれば、裁判所が離婚を認める可能性も高くなります。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

関連記事

自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?

自らが不倫といった離婚原因を作ってしまった場合、不利な離婚になってしまうのは仕方がないと考えてい…

相手が同性愛者だと知った場合に離婚はできるか?

結婚当初はパートナーが同性愛者であることを知らず、数年経ってから知った場合、これを理由に離婚はで…

モラハラを理由に離婚はできるか?

モラハラとは、正式にはモラル・ハラスメント

親の介護を拒む相手と離婚はできるか?

夫の母が病気により身体が不自由になり、生活するためには介護が必要になってしまいました。 …

宗教を強要する相手と離婚はできるか?

日本国憲法では基本的人権のひとつとして、「信教の自由」を認めています。 …