相手が離婚調停でウソばかり言う場合は?

相手が離婚調停で嘘ばかり言う場合は?

調停で相手がウソの発言ばかり繰り返す場合、どのように対応するのがよいのでしょう。いつの間にか調停委員が相手のウソを信じ、こちらが悪いかのように進行してしまったとしたら…?

裁判官や調停委員は家庭内で起きたことを知りはしませんので、実際に相手の口のうまさに釣られてウソを信じてしまうこともあるのです。

こういった場合、いちいち弁明してもらちが明かない可能性があるため、相手のウソと真実との食い違いが指摘できるタイミングを待つ方がよいでしょう。

調停でのウソは偽証罪にならない?

日本の刑法には「偽証罪」というものがあります。
刑事裁判で証人が発言する際、偽証はしないと宣誓させられ、それにもかかわらずウソの発言をした場合は、偽証罪に問われるのです。

その他にも、民事裁判では宣誓した当事者がウソの発言をした場合、10万円以下の過料を支払わなければならないという定めがあります。

しかし、これらはすべて裁判での話であり、調停はこの限りではありません。
調停ではいくらウソをついても何かしらの罪に問われたり、罰則を受けたりといったことはありません。つまり、調停ではウソをつくこと自体に何も問題はないということです。

調停はウソをつけばよいものではない

しかし、たとえ相手の口がうまく、巧妙にウソをついてきたとしても、調停は発言のうまさだけが重要になるわけではありません。

確かに調停は話し合いの場ではありますが、発言を裏付ける証拠の提出も可能となっています。つまり、相手の発言がウソであると示す証拠を提出できれば、相手に対する心証は格段に悪くなります。

調停が相手側のペースで進んでしまうと焦りも出てきますが、全てのウソに反論するだけでなく、確実な証拠を提出できるタイミングをうかがうのがよいでしょう。

調停をあえて不成立にするのも可能

とはいえ、証拠を出すタイミングもなく、ウソを裁判官や調停委員がそのまま信用してしまった場合、あえて調停を不成立にするのも可能です。ウソをつき続ける相手と調停で話し合いを続ける必要はありません。

いくら相手がウソによってうまく調停を進行していたとしても、最終的に合意にさえ至らなければ調停はすべて不成立になります。そして、次は調停ではなく裁判によって争うのがよいでしょう。

裁判では自由に発言できる調停とは違い、主張とそれを裏付ける証拠が重要視されます。また、上記のような過料を支払う規定もあるため、ウソの発言をいつまでも続けるのは無謀です。

調停でウソをつき続ける相手とは、裁判で争った方がよいでしょう。

関連記事

離婚調停申立に必要なものは?

調停離婚を成立させるためには、家庭裁判所にて「…

調停離婚のメリット・デメリットは?

調停離婚をするとなれば、家庭裁判所での手続きが必須となります。協議離婚に比べると、面倒な手…

公正証書の作成にかかる手数料は?

協議離婚では、離婚条件といった離婚に関することはすべて書面にしてまとめ、離婚協議書を作成し、双方…

裁判離婚にかかる費用は?

裁判離婚をするのであれば、どうしても費用がかかってしまいます。裁判所を利用する以上、無料と…

調停や裁判の期日は変更できる?

調停や裁判などで、裁判所まで自ら足を運ばなければならない日を