騙されてした結婚・離婚も有効?

結婚詐欺

結婚する前は初婚といっていたのに実はバツイチだった・・・
借金を理由に一時的な離婚を迫られたが実は借金は嘘だった・・・
このように、騙されて結婚や離婚をしてしまった場合であっても、結婚や離婚は有効となってしまうのでしょうか?

上記のような発言は、言ってしまえば詐欺といっても過言ではありません。
よって、こういった詐欺的な発言や行為がきっかけとなってした結婚や離婚は、後から取り消すことが可能とされています。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

相手の行為が詐欺・強迫に当たるかがポイント

最初に結婚について見ていきましょう。
民法を見てみると、詐欺や強迫による婚姻は取り消すことができるとしています(民法741条1項)。
つまり、相手の発言や行為が詐欺的であった、または強迫によるものであった場合は、婚姻を取り消すことができるということです。

冒頭の例で言えば、自身が結婚を検討する上で初婚であることを重視していたにも関わらず、相手がそれを知った上でバツイチである事実を隠していた、となればまさに詐欺が成立すると言えるでしょう。
つまり、後からでも結婚を取り消すことができます。

ただし、結婚を取り消したいのであれば、詐欺とわかってから3ヶ月以内に行わなければならないため注意しましょう。取り消しをする場合の手続きは、離婚請求ではなく、婚姻の取り消し請求を家庭裁判所で行うことになります。

離婚時にも準用されることになる

上記の民法の条文というのは、離婚時にも準用(別の事柄についても適用)することができるとしています(民法764条)。よって、相手の発言や行為が詐欺的であったり、強迫によるものであったとなれば、離婚も取り消すことが可能ということです。 

冒頭の例で言えば、借金からの請求から免れるために一時的な離婚が必要であるかのように発言したにも関わらず、それは離婚するための嘘の口実であった、となれば当然ながら詐欺が成立すると言えます。よって、離婚は取り消すことができると言えます。 

ただし、こちらも結婚の場合と同様、詐欺と分ってから3ヶ月以内に取り消し請求をしなければならないため注意しましょう。
また、こちらも家庭裁判所で離婚の無効を申し立てなければなりません。

戸籍上の取り扱いに要注意

上記のように、詐欺による結婚や離婚については無効にすることが可能と説明しました。ただし、どちらの場合であっても、家庭裁判所での取り消しの手続きが必要になります。

なぜかというと、たとえ詐欺であっても一度受理された婚姻届や離婚届というのは、そのまま戸籍上にも反映されるからです。

しかし、市区町村役場では、詐欺による受理であったとしても、すぐには取り消しを反映してくれません。家庭裁判所からの取り消しを認める決定が出されない限り、戸籍上も無効を反映させられないことになっています。

よって、どうしても家庭裁判所での手続きが必要になってしまうというわけです。

関連記事

離婚慰謝料には税金が課せられる例外的なケースも!4つのケースと…

離婚の慰謝料は100万円を超えることも珍しくありません。 このような多額のお金を受け取ると

離婚問題100の疑問

離婚相談の現場では皆様からさまざまな質問をお受けしています。相談者の方が悩まれていること、置かれて…

請求された慰謝料の相談を弁護士にする前に!弁護士選びのポイント…

「突然届いた不倫慰謝料の請求。どう対処していい?」「弁護士に相談すれ…

慰謝料が払えない場合は減額や分割払いを利用する

「とても支払いきれない慰謝料を請求されている」という場合では、まず話…

離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?

すぐにでも離婚をしたいが、財産分与や慰謝料といった離婚以外の問題解決が長期化してしまいそうな場合…