子どもには離婚をどう説明すれば良い?

子どもに離婚をどう説明

夫婦というのは、離婚をしてしまえばそれ以上の関わり合いを持つことはありませんが、親子の場合はそういうわけにはいきません。いくら夫婦が離婚をしたからといっても、親子関係が切れることはないのです。

離婚をする以上、もう夫婦が一緒に暮らすこともないのですから、その事実を子どもに伝えないわけにはいきません。かといって、あまりうやむやにしてしまっても、後から事実を知ったときに心の傷を与えかねません。

では、子どもには離婚をどう説明するのが良いのでしょう?

理解ができる年齢になるまでは待つのも手

子どもといっても年齢によって感じ方や受け入れ方は様々です。
また、離婚の事実を早く伝えなければならないわけでもないため、離婚についてある程度は理解ができる年齢になるまで待つのは、一つの手と言えるでしょう。それまでは、仕事の都合で遠くへ行っているなど、多少あいまいな回答でも良いと言えます。

とはいえ、幼稚園から小学校低学年にもなれば離婚という言葉については、聞いたことがあってもおかしくはありません。よって、子どもから「離婚したの?」と聞かれた場合は、正直にその事実を伝えることを心がけましょう。

親としての威厳を損なう発言は避けること

子どもへの伝え方としては、相手が浮気をした、相手の借金が原因だった、といったように、親としての威厳を損なうような発言は、たとえ事実であっても避けた方が良いでしょう。

冒頭でも説明したように、親子関係は簡単に切れるものではありません。
自身と子どもだけでなく、相手と子どもの関係性もあるのだということをよく考えて発言をするようにしてください。

また、離婚の原因はなんであれ、子どもからすれば親が離婚をするというのは多大なストレスの原因です。子どもに離婚の事実を伝えるのであれば、その伝え方にも十分に気を付けましょう。

定期的な面会交流を実施する

なお、たとえ離婚の事実を伝えていなかったとしても、子どもと離れて暮らす親との定期的な面会交流を実施するように努力するのも大切なことです。子どもにとっては、それだけでも精神的な負担が軽減されることになると言えるでしょう。

とはいえ、すでに離婚をした夫婦が面会交流についての取り決めをするのは容易ではありません。どうしても面会交流についてスムーズな取り決めができない場合は、家庭裁判所の調停手続きや、弁護士といった法律の専門家に相談をし、面会交流についての詳しい取り決めを作成していくのが良いでしょう。

関連記事

ひとり親家庭のための主な支援制度一覧

ひとり親家庭が利用できる支援制度には、ひとり親家庭を対象とするものと、収入の低い方を対象とするも…

子どもが連れ去られた場合は?

子どもが突然、別居中の相手に連れ去られてしまった場合、子どもの引き渡しに緊急を要するかそうでない…

親権者が教育などを怠っている場合は?

離婚時に子どもの親権を指定したのは良いが、その後、親権者が教育や監護といった義務を怠っている場合…

親権と監護権を分離すると?

通常、子どもの親は、父母ともに親権者として子の法律行為を代理し、身上を監護しなければなりません。…

父親が親権を取るにはどうすれば良い?

父親が親権を取るのは簡単なことではありません。 どうしても母親有利となってしまうのが現状…