弁護士紹介

西新宿オフィス

弁護士 船戸 久史

第二東京弁護士会 第60975号

個人や社会の幸福に役立ちたい。 法律という学問が好きだから。

メッセージ

ロジックとリアリティ。あえて「二兎」を追っていく

私は、弁護士になる前に業種も規模もさまざまな企業の法務部で働いていました。その経験を活かし、弁護士としては一般民事・刑事弁護のような伝統的な分野に加え、IT・AIのような最先端の企業法務まで幅広く対応してきました。当時から培ってきた知識や経験、人脈は弁護士として働く上での強みになっています。

また、この企業勤務の経験から、社会人としては基本的なことですが、報・連・相の徹底を心がけています。常に複数の案件を抱えている弁護士にとっては「数ある事件の中の一つ」かもしれませんが、依頼者にとっては「人生に一度あるかないかの重大事」です。依頼者に安心していただけるよう、メモ帳やカレンダーをチェックしながら案件の進捗や相談などを密にやりとりしています。

法律は実学でもあるので、依頼者の問題解決に取り組むときには、論理的正当性だけでなく現実的妥当性にも配慮しています。そういったバランス感覚が強く求められるところが法律という学問の面白さでもありますね。「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがありますが、私はあえて「二兎」を追うことで、高い次元でバランスのとれた解決方法を探っていきたいと考えています。

社会活動や法学教育にも励んでいきたい

現在は弁護士としてさまざまな団体に加盟し、自分が興味のある環境問題やエンターテインメントに貢献できる社会活動にも励んでいます。また、弁護士としての活動とは別に、予備校講師として司法試験・予備試験を目指す生徒への講義やテキストの執筆など、事務所の外でも精力的に活動を行っています。

所属している団体のメンバーや法律事務所で働くパラリーガルの中には、働きながら弁護士を目指す若者もたくさんいます。私自身、働きながら司法試験の勉強を続けてきたので、今後はその経験で得たノウハウなどを後輩に伝える側になりたいと思っています。

以前、趣味に充てていた時間はこうした社会活動や生徒さんへの指導の時間になりました。正直休む暇はないですが、充実感があります。今後は、こうした、社会活動や法学教育などを行うことによって、より多くの方の幸福や後輩の育成にも役立てていきたいと考えています。

プロフィール

西新宿オフィス

弁護士 船戸 久史

出身地
愛媛県
出身大学
中央大学法学部
大宮法科大学院
資格
弁護士・行政書士・宅地建物取引士・ビジネス実務法務検定1級・ビジネスコンプライアンス検定上級
参加団体
  • 日本環境法律家連盟(JELF)
  • 弁護士知財ネット
  • エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク
趣味・特技
読書・執筆活動・映画鑑賞・音楽鑑賞・時計集め
好きな言葉
『正義なき力は暴力なり、力なき正義は無力なり』

活動実績

書籍・寄稿

  • 環境法講義テキスト執筆

講演会

  • アガルートアカデミー司法試験・予備試験 環境法講師

弁護士法人・響のメディア実績は、こちらからご覧いただけます。

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談