別居後の不貞行為は離婚原因になる?

別居後の不貞行為は離婚原因になる?

妻と別居することになり、このまま離婚する予定だし、
「今なら浮気や不倫をしても大丈夫ではないだろうか?」

こういった疑問を持っている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、別居中であれば浮気や不倫といった不貞行為に至ったとしても、相手に知られる危険性は低いです。

しかし、そもそもの別居理由によっては、別居後の不貞行為自体が離婚原因になってしまう可能性があるのです。そうなると、自身が慰謝料請求をされる側にもなりかねませんので、十分に注意する必要があります。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

重要なのは夫婦関係破たんの有無

夫婦関係が完全に破たんし、別居にまでいたった場合であれば、別居後に不貞行為をしたとしても離婚原因になり得ることはありません。すでに夫婦関係が破たんしているのであれば、たとえ他の誰かと交際をしていたとしても、裁判所に不貞行為と受け取られることはないのです。

しかし、夫婦関係が完全に破たんしているとは言えない場合、こうはいきません。
たとえば、自身は完全に夫婦関係が破たんしていると思いこんでいても、それは一方的なものであり、相手はまだやり直せると考えていた場合は、夫婦関係が破たんしているとは言えません。

よって、この状況で別居時に不貞行為をしたとなれば、不貞行為が問題になるのは確実です。

不貞行為が裁判所に認められてしまうと・・・

なお、不貞行為が裁判所に認められてしまうと、自身から離婚請求をしたとしても退けられてしまうことになります。というのも、不貞行為は立派な有責行為(一方に責任がある行為)であり、裁判所は原則として、有責配偶者からの離婚請求は認めていません。

つまり、別居後、このまま離婚する予定と考えていたところ、相手はそもそも離婚をする気がなかったとなれば、自身からの離婚請求自体が認められなくなってしまうのです。

また、事情によっては不貞行為に及んでいた相手にまで慰謝料請求をされてしまう危険性があるため、たとえ別居後であっても不貞行為が完全に安全と言い切ることはできないのです。

別居前にはよく話し合いをしましょう

上記のことからも、別居前にはよく夫婦間で話し合いするようにしてください。
この別居にはどういった意味があるのかを確認し合うことが何よりも重要です。

たとえば、
「単に距離を置いてお互いの関係を見つめなおすための別居なのか?」
それとも、
「もう夫婦としてはやっていけないとお互いに認識した上での別居なのか?」
といったことです。

こちらさえ明確になっていれば、別居後の不貞行為がどういった意味を持つことになるのか、事前に確認することができます。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

関連記事

自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?

自らが不倫といった離婚原因を作ってしまった場合、不利な離婚になってしまうのは仕方がないと考えてい…

相手が同性愛者だと知った場合に離婚はできるか?

結婚当初はパートナーが同性愛者であることを知らず、数年経ってから知った場合、これを理由に離婚はで…

モラハラを理由に離婚はできるか?

モラハラとは、正式にはモラル・ハラスメント

親の介護を拒む相手と離婚はできるか?

夫の母が病気により身体が不自由になり、生活するためには介護が必要になってしまいました。 …

宗教を強要する相手と離婚はできるか?

日本国憲法では基本的人権のひとつとして、「信教の自由」を認めています。 …