弁護士が教える借金問題の解決法|借金返済の相談所

借金問題における
各専門家の役割

借金問題について相談できる法律の専門家には、弁護士と司法書士がいます。しかし、どちらも対応できる業務範囲がまったく同じというわけではありません。ここでは、借金問題における各専門家の役割についてご紹介したいと思います。自身の状況に重ね合わせ、どちらに相談すべきかを検討してみましょう。

  • No.1
    弁護士にのみ与えられた権利

    弁護士は依頼者本人の代わりに法律行為を行うことができる、「代理権」というものを持っています。
    代理人(依頼者)にかかる責任を負うためには、高度な専門知識が求められるため、法律資格の中でも最も難しいとされている「司法試験」に合格しなければなりません。代理権は弁護士にのみ許された権利です。

    この代理権を行使することによって、弁護士はありとあらゆる法律行為を本人の代わりに行うことができます。もちろん債務整理についてもすべての範囲で対応可能となっています。

  • No.2
    司法書士にも簡裁代理権がある

    司法書士は弁護士とは違って基本的に代理人になることができません。ただし、簡易裁判所管轄の訴訟事件であれば代理人になることが許されています。これは司法書士の中でも、「認定司法書士」の資格を持っている場合に許される権利です。

    認定司法書士は、簡易裁判所管轄の上限である140万円以下の請求額であれば、本人に代わって代理人になることができます。140万円以下の過払い金請求であれば、司法書士は相談者の代わりに法廷に立つことができるというわけです。

  • No.3
    司法書士は任意整理の交渉権を持っている

    司法書士も弁護士と同じように任意整理の交渉を本人に代わってすることができます。ただし、こちらも経済的利益が140万円以下の場合に限ります。経済的利益というのは、実際に本人の手元に入ってくる金額のことをいいます。

    この条件さえ守っていれば、任意整理における和解契約書の作成といったことまで、弁護士と同様に業務を行うことが可能となっています。

  • No.4
    司法書士は任意整理の交渉権を持っている

    司法書士は地方裁判所が管轄となっている、自己破産や個人再生の申立代理人になることができません。

    つまり、この2つの手続きを自分の代わりにやってもらいたい場合は弁護士への相談を検討することになります。とはいえ、司法書士であっても書類作成のサポートをしてもらうことができますし、実際に裁判所へ行くときは同行してもらうことも可能です。

まずは、お気軽にご相談ください。

メールで相談する